無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第2位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第3位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第4位
 爺ちゃん婆ちゃん
 枕元のあんどんを吹き消しまして、ふとんを口元まで......(→続き)
  第5位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第6位
 小父さんの唇がマ
「滑造小父さんとお祖母ちゃんは、重なり合ったままし......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 サイトカイン美容
今年ブレイク必至★サイトカイン美容液「GFナノエッ......(→続き)
  第9位
 ゲートボール老人
暑いんじゃ。ものすごく暑いんじゃ。 ゲートボール......(→続き)
  第10位
 女スパイがパンツ
羽目鳥山の山頂から吹き下ろす風の中に、水の匂いがし......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

ゲートボール老人の回春日記(4)

12ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • 見られてるこっちの方がくすぐったくなるような姉さんの目つきに、ワシは思わず顔が熱くなってうつむいてしまったがや。
    スナックや居酒屋のママやら女の子が、酔っぱらって口にするようなセリフば、まさか公民館の姉さんの口から聞くとは思いもよらなんだで、ドギマギしちまったんじゃ。
    なんとまあ大胆な姉さんじゃなあと、こんどはワシの方が姉さんの顔ば下からチラッと盗み見してもうたわ。
    そん時じゃ、姉さんははじけたみてえにワシの腕をつかんで引っぱったかと思ったら、ワシの耳元に口を寄せて押し殺したみてえな声で言ったがや。

    「ありゃりゃ、ほれ、倉又さんてば、あれば見ちゃってん・・・・・グフフフッ、羽目金食堂のご隠居さんたら今日も大張り切りなんじゃわ。
    ほれ、あそこで黄色い帽子の奥さんば後ろから抱っこするみてえな格好で、スティックの振り回しかたば教えてる爺ちゃんがいるでしょう、あれが羽目金食堂のご隠居さんだて。
    ゲートボール初心者の女の人にゃあ、あの爺ちゃんたら必ず指導したがるがや。
    ほれ、よおく見さらせ、うしろからあのおばあちゃんのカラダに抱きついて、スティックの振り方を教えるフリしながら乳にさわっとりますがな。
    へえっ、あのおばあちゃんもたいしたタマじゃわ、乳ばさわられて大喜びじゃありませんかい」

    姉さんが指さす方を見て、ワシゃあギョッとしたがや。
    目を疑うとはこのことじゃ。なんとコートの端っこでバアさんが後ろからジイさんに抱きつかれて身もだえして笑っとるじゃねえか。
    ジイさんはバアさんがスティックを握ってる手の上から自分の手を重ねといて、手首のあたりで乳ばクイクイッと押しつけてたじゃねえか。

    そればかりじゃねえ、ついでに後ろから腰をクイクイッと動かしてるじゃねえかあっ。
    バアさんたら、自分のケツをジイさんの股間にぶつけながらウハウハ笑いじゃ。
    ジイさんもジイさんなら、バアさんもバアさんじゃ。
    若い娘っこと脳味噌からっぽのバカ息子同士ならまだしも、いい年こいて、お天道様の下でなんてマネしくさるんだとアキれて見てたら、公民館の姉さんはまたまた別の方向を指さして言ったがや。

    「うひゃあっ、こ、こんどはあっちば見なされ、ホレ、あのプラタナスのとこの二人。
    あっちは没太栗質屋の大奥さんが割目瀬戸物屋のご隠居さんに教えとるとこじゃ。
    没太栗の大奥さんてば娘さん夫婦に店をゆずってからゲートボールに熱を上げましてなあ、男が顔負けするぐらいに上手になったとおもったら、今度は初心者の男にチョッカイ出すことに熱を上げだしましたんや。

    女の指導は羽目金食堂のじいちゃん、男の指導は没太栗質屋のばあちゃんがそれぞれ担当しなさるんじゃ、覚えときんさいよ、倉又さん。
    なにしろあの二人はこの地区のゲートボール振興に尽くしたって市から表彰されとるもんだでな、もうやりたい放題なんじゃ。
    ほんでおとなしく従う人たちには、それぞれ相手をあてがってやるってやり方で、もう盤石の権力を握っていなさるんじゃ、ここんとこは忘れちゃなんねえよ、倉又さんてば。

    おおおっ、没太栗のばあちゃんも今日はガチで責めとるじゃありませんか。
    ほれ、あれを見なされえっ、ばあちゃんたら後ろに回って瀬戸物屋のご隠居の背中に乳を押しつけつつ、スティックの根元を股間に押しつけてるじゃありませんか。直接チンポに刺激を与えるなんて大胆なこっちゃわあっ。
    質屋のばあちゃんたら、最近はとうとうジカに男の股間に手を伸ばすようになってきよった。
    色ボケ指導がエスカレートして歯止めがきかんようになっちゃってますがなあっ」

    プラタナスの木の下で、大柄なバアさんが小柄なジイさんに後ろから抱きついて、ジイさんの握っているスティックの根元をグリグリジイさんの股間に押しつけていたんじゃ。
    女じゃあるまいし、あんなに木の棒でチンポをグリグリされたんじゃたまらんじゃろ。
    バアさんはヘラヘラ笑い、ジイさんは鼻息を荒くしながらケツを振ってバアさんの下腹にぶつけ、必死の形相で身もだえしとる。

    ・・・・・・な、な、なんなんじゃあっ、これっていったいなんなんじゃあっ。
    ワシゃあ、頭の中が真っ白になったような気がしたわい。
    信じがたいことが目の前で起きとるんじゃあっ。
    公民館の姉さんの言うことが本当ならばじゃ、他人同士のジジイとババアが真っ昼間のゲートボールコートで人目もはばからずにいちゃついとるってことじゃねえかよっ。
    こ、こんなコトがあるのかあっ、有り得るのかあっ。
    ・・・・・も、もしかしたらドッキリカメラじゃあねえのかあっ・・・・・・
    ワシゃあブッたまげながらあたりを見回したんじゃが、カメラらしきものなんぞはどこにも見あたりゃせんかったわい。

    そ、それならばじゃ、気が狂ったとしか思えん。このゲートボールのコートに集まっとるジイさんバアさんは、気が触れちまったとしか思えんぞ。
    あり得んよ、こんなコト。
    ブッたまげつつ、ワシはワシをここに連れてきた盆栽ボケ老人のやつをさがしとった。
    ジジイとババアの群れの向こうで、あの男はたった一人でタマを打っとった。
    あっちこっちでジイさんやバアさんがけたたましく笑ったり、甲高い声で話し合ったりしてるのに、盆栽ボケ老人だけはもくもくとタマを打っとった。
    ・・・・・スコーン、スコーンとヤツがタマを打つ音が聞こえてた。
    盆栽ジイさんだけが、なんやらまわりのジジババとは空気を断ち切っているみたいに見えたんじゃ。
    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■

    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(4) ]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/10/13(土) 12:34:50|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(4) 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(45) (2014/06/09)
    ゲートボール老人の回春日記(46) (2014/06/10)
    ゲートボール老人の回春日記(11) (2014/05/06)

    ゲートボール老人の回春日記(3)

    12ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • 盆栽じいさんは、くだんのご婦人にワシの名前をそそくさとした調子で教えただけで、なにやら素っ気ないそぶりでワシの袖口を引っ張って歩き出したがや。
    意外に強い力でワシのシャツの袖口ば引っ張ったがや。
    ワシはちょいとムッとしたんじゃが、すばやくご婦人の方に振り向いてにこやかな笑顔をつくってみせたがや。
    ご婦人もじゃ、ニコニコッて笑ってくれたがや。小粒な白い歯が口元からこぼれたがや。ありゃあゼッタイに入れ歯じゃあねえとワシはすばやく見抜いたがや。
    よしよし、なにごとも最初の出会いが肝心じゃ。ワシゃあラッキーストライクなご婦人との最初のコンタクトに、ま、順調な一歩を踏み出したちゅうワケだわ。

    ところがじゃ、何が気にくわなかったか知らねえが、盆栽ジジイの野郎、ワシの袖口を乱暴に引き回しておいて、なんともいやな目つきでワシの顔をチラッとうかがいやがったんじゃ。
    なんじゃ、こいつと、ワシも顔に張り付いていたニタニタ笑いを消してハッタとにらみ返してやったらばだ、盆栽もうろくジジイのヤツ、フッと弱気になったらしくて視線を逸らしやがったんじゃ。
    そして、いかにも何事もなかったみたいに態度を装いよって、いきなりゲートボールの戦略だかなんだか、やっちもねえコトをむやみにしゃっちょこばった口ぶりでべらべらべらべらしゃべくりだしたじゃねえか。
    ワシゃあ、あっけにとられて盆栽野郎のツラをつくづく眺めなおしちまったがや。

    そもそも、ワシと盆栽じいさんとは、言うまでもないけど盆栽で知り合ったわけで、盆栽の話をしているぶんには、こんな妙な仕草や、いやな目つきや、偉そうなくっちゃべり方はしたことがなかったんじゃ。
    ま、盆栽の話をしてツルんでいた時には、ごくふつうのジイサンであったんじゃ。
    どうも、このジイサン、ゲートボールについては別の人格になるんじゃなと、ワシは高度戦略理論だかなんだかを、もったいぶった言い回しでくっちゃべるジジイをまともに見ているのがイヤになっちまって、やっぱご婦人の甲高い笑い声がしている方に視線がいっちまうんじゃった。

    なんぼくっちゃべったとこで、ワシが上の空で聞き流しておったもんだで、さすがの盆栽ボケ老人もノレンに腕押し、糠に釘じゃと気がついたみてえでよ。

    「はあ、ま、最初からなんもかんも教えてもいっぺんには覚えらりゃあせんがや。
    だけんど、なあに、ゲートボールちゅうのんは最初のとっかかりは簡単なもんだがや。
    いまオラが教えたことば頭に置いて、みんながやらかすことば眺めとりゃあせ。
    そしたらじきに遊べるぐらいにはなりゃあすがね。
    ゲートボールたらいうもんは、奥が深えものずら。やりゃあやるほど戦略がもの言うもんだけんど、とっかかりは単純きわまりゃあねえずらあ。
    ほならオラア、ちょっくら玉ばぶったたきに行ってみるがや。
    おめえさんはいっときみんながやることを眺めちょらんせ」

    やっとこさジイサンの指導的くっちゃべりが終了したもんだで、ワシはベンチに腰ばおろしてみんながやることば観察することにしたがや。
    ま、盆栽じいさんに講釈してもらわんでも、ワシだってゲートボールの最低限のルールは知っとったがや。
    公民館からもらったコピー用紙2枚に書いてあった「ゲートボールの楽しみ方」を読んどったからじゃけど。

    ワシはベンチでちょっくら物思いにふけったがや。
    どうしたもんかいの、と考えたんだがや。
    もともとそんなに乗り気ではないところで、ゲートボール爺さんの熱中につきあうのもうっとうしい気がしたんじゃ。
    ・・・・・・しかし、しかしじゃ、その時だったんじゃ、ワシがぼんやりとコートを眺め渡しておったんじゃが、用具入れ倉庫のそばにもベンチがあって、二人のご婦人が座っとったんじゃが、なんとなんと二人とも菜っ葉服みてえなユニフォームの上着ばめくり上げて汗ば拭きはじめたじゃあねえかい。

    それも、それもじゃ、めくり上げかたがハンパじゃなくて、でっけえブラジャーが丸見えになるぐらいにまくり上げてるじゃねえかよおっ。
    でっけえブラジャーっちゅうことはじゃ、乳ももちろんでっけえってことになるじゃろが、・・・・・ワシはあっけにとられて、ついでに頭がクラクラッとして、思わず前のめりになって二人のご婦人ば見つめていたがや。
    その時じゃ、ワシの背後からイキナリオナゴの声がしたんじゃ。

    「うふふ、またやってるでいかんわ、アヤコ姉さんとキヌエ姉さんたら。
    兄さん達が目のやり場にこまるから、派手にユニフォームばめくって風ば入れるんは止めときゃあんせって何回も言っとるのんじゃけんど。
    ・・・・・なあ、お兄さんもあんなん見せられちゃあ、オガりゃあせんかいな」

    振り向いたら、丸まるとした顔に大汗をかいたご婦人が立っておった。公民館のお姉さんじゃ。ワシに「ゲートボールの楽しみ方」をくれたお姉さんじゃった。

    「なあ、倉又さんてば、ゲートボールばしようってお姉さん方は、みんな積極的な方ばっかだでよ。倉又さんみてえにロマンスグレーで背がしゃっきり高い方にはモーションが大きくなるでいかんわ。
    ・・・・うふふふふ、誘惑してもされても、公民館じゃあ尻ぬぐいはできんよってほどほどにしてちょうだいなあ。・・・・・ほんでも、さすがにまだ手はつけられとらんみたいじゃねえ、倉又さん、うちは安心したがや。
    ウフッ、たのんどきますわ、コートにいるお姉さんばっかしじゃなくて、たまには公民館の中にいるわたしもよろしくねえ」

    公民館のお姉さんはそうぬかしやがって、なんとも言えんような目つきで下からワシを見上げやがったんじゃ。

    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■

    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(3) ]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/10/12(金) 09:47:07|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(3) 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(12) (2014/05/07)
    ゲートボール老人の回春日記(54) (2014/06/18)
    ゲートボール老人の回春日記(18) (2014/05/13)

    ゲートボール老人の回春日記(2)

    12ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • ワシをゲートボールに誘ったくだんの盆栽じいさんは、なんだかんだと講釈にこれつとめておったがな、なに、ワシはほとんど聞いとらんかったよ。
    なにせ、仕事の現場から解き放たれたっちゅうか追放されたっちゅうかして、ヒマをもてあましているじいさん連中は、みんな、話し相手が欲しくてたまらんわけじゃ。
    話し相手よりも、自分が指導的立場に立てる相手なら、さらにヨシじゃ。
    指導相手よりも、命令をくだせる相手ならばじゃ、さらにさらにヨシというワケじゃ。
    ようするにじゃ、ジイサンちゅう連中はじゃなあ、エバりたくってしょうがねえんだ。
    エラそうな態度を、もう一度やってみたいってだけで人が集まるところに寄ってくるってワケだわ。

    しかしじゃ、どっこいワシは他人の指導やら、説教やら、自慢話を聞くのは大嫌いなんじゃ。
    ワシはじゃなあ、裸一貫、昭和の三十年代に身を起こしてじゃなあ、四十年、五十年とおのれの才覚いっぽんで生きてきた男じゃて。
    自慢じゃないがなあ、この歳まで他人の指図を喰らったタメシは一度もないんじゃ。
    くだくだしい他人の説に耳を貸すのは、サギ師の口車に乗ることも同然と思って生きてきた男じゃて。

    ・・・・それに第一、その時点ですでにワシはゲートボールのルールがどうたら、ボールのあつかいがどうたら、スティックのあつかいはどうたらなんぞはどうでもいい、目の前に集まったご婦人のそばに行きたくてウズウズしておったというわけじゃからな。
    気の利かない盆栽野郎のジジイは、ワシの気持ちもしらねえでクダクダクダとなにやらをくっちゃべっとったが、ま、くっちゃべるのが楽しくてしょうがねえらしいからくっちゃべらせておいたまでだわな。
    ジジイっちゅうやつは、わしはどうも好きになれんな、正直な話がな。つくづくそう思った瞬間だったな。

    その時じゃ、一人のご婦人がワシらの前にツツッと近づいてきたと思うや、盆栽ジジイの肩越しにワシの顔をジッと見つめてソッと言ったがや。

    「ああら、こちらの方、初めてのご参加みてえじゃねえ。
    ちょいと、トクさん、みんなに紹介してちょうでえなあ、こんなジェントルマンがご参加されたらなあ、わたしらももっと精出して練習に参加するっちゅうもんじゃがね」

    盆栽ジジイのヤツ、なにやらこそばゆいようなツラをしやがって、ワシの顔とご婦人の顔をチラチラ見比べたがや。
    その瞬間、ワシはすばやく察知したがや。
    なにを察知したかって、そりゃあ、蛇の道はヘビじゃがな。
    この盆栽ジジイやろう、このご婦人を憎からずにお思いじゃなっちゅうことだわ。
    加齢臭をプンプンさせながら、このジジイ、耳たぶを赤らめよったからな。見逃すもんではねえわ。

    コートに集まったご婦人たちは、さっきも言ったように、婆さまと言うにはもったいない、腰はしゃっきり、たしかに小太りの人もいるけれど、運動をふだんからしているせいか身のこなしも軽々していて、それに顔つきが若いんだわ。
    きょうびの婆さまは身ごなしが若いといっちまえばそれまでだけど、なにやら品がある人ばっかりが集まっていたんじゃわ。

    今までゲートボールをやっているのを遠目に眺めていた時には、みんながみんなジジイとババアにしか見えなかったがな、近くによってまじまじ見たらご婦人はみんなそれなりに色っぽいし、お上品なんだわ。
    なぜ遠目にはわからなかったかと言えばじゃな、ゲートボールをやる人たちはほとんどがダサイ色とデザインのユニフォームを着ているケースが多いせいなんじゃな。
    いかにもジジ、ババでございますと言わんばかりのユニフォームが多いな。
    なぜじゃろうかな、不思議なほどにあか抜けないユニフォームが多いんじゃ。これはホントのことなんじゃ。
    さらにそのダサダサのユニフォームの上に、でっかい数字入りのゼッケンをつけるんじゃが、このゼッケンというヤツで見ていてイヤになるほどにジジ、ババ感をつのらせるもんなんじゃ。

    そんなワケで、コートに入って近づいて見なけりゃ、意外なご婦人方の女っぽい実態には気づくもんではなかったちゅうワケなんじゃ。
    ワシは、そのワシらに話しかけてきたご婦人は、コートにいるご婦人たちの中でもかなり色気が濃い方とお見受けいたしたのじゃ。
    盆栽ジジイが思わず耳を赤くしたのも無理もねえ、色白で目がパッチリ、菜っ葉服みたいなユニフォーム越しにもボインの胸と丸まるとしたケツが目立ちましたがな。

    まあ、これが10年前だったら、道を歩けば100人中100人が振り返ったに違いねえと思われるぐらいの美形だわ。
    いや、今だって道を歩けば100人中50人ぐらいは振り向くんじゃないかとワシには思われたんだがや。
    ま、時々、ワシ、おなごの好みが特殊だっちゅうことを、なじみにしているスナックのママやら居酒屋のおかみに注意される時もあるにはあるんじゃけどな。
    しかし、誰が何と言ってもじゃ、乳とケツがでかくて、そしてそれがちょっと崩れかけたかたちになった年代のご婦人は・・・・・・ムフフフ・・・・・た、たまりゃあせんちゅうもんだわ。ワシゃ本気でそうおもっとるんじゃあ。
    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■

    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(2) ]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/10/11(木) 10:15:15|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(2) 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(53) (2014/06/17)
    ゲートボール老人の回春日記(25) (2014/05/20)
    ゲートボール老人の回春日記(22) (2014/05/17)

    ゲートボール老人の回春日記(1)

    12ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • このところワシは、昼からはゲートボールの練習をすることに決めておる。
    いったん決めたからには雨が降ろうと槍が降ろうと決行する。それがワシの若い頃からのやり方だもんでな。
    なんでも信念を持って突き進む、くじけずにやり続ける、苦しくてもやり遂げる、そんな人生訓を心がけて今日まで男を張ってきたワシなもんだでな。
    ま、こう見えてもじゃな、時代の先頭を突っ走ってじゃな、旧来の陋習をブチ破ってじゃな、人並みのことはやり遂げてじゃな、ついせんだって息子に代を譲って隠居の悠々自適の日を手に入れたワシじゃもんだでな。

    団塊の世代だからっちゅうて、今頃になって仕事を覚えたばっかしの若いもんに、あれこれ言われる筋合いなんぞはこれっぽっちもありゃあせん。
    後ろめたいとこなんぞなあんにも無い人生を送ってきたのじゃからな。
    年をとった人間にラチもねえ文句ばっかぬかしやがる若いもんについては、ワシのほうから言いたいことはなんぼでもあるがな。
    ・・・・・ま、今はそんな話じゃなかったわな。・・・・・・フン、だ。

    なんでワシがゲートボールの練習にこうも熱心になったのかというとじゃな、たまたま誘われたゲートボールで、まったくカラダが言うことを聞かなくなっちまってることに、今さらながら気づいたからなんじゃ。
    腰の回転が特にイケなかったんじゃ。
    初めてのゲートボールなんだから無理もなかったんじゃが、ま、実を言うとじゃな、ワシが練習をしようと決心したのにはもっと別の理由もあるのじゃ。
    言ってみればワンモア アナザー モチベーションっちゅうわけじゃがの。

    初めは誘われてはみたものの、あまり気が進まなかったのじゃがな。
    なにしろゲートボールというやつは、なんともジジムサイ印象があったもんだでな。いかにも年寄りの寄り合いみたいな気がしていたもんだでな。
    腰が曲がりかけて頭が禿げたジジイたちと、二段腹やら三段腹で短足を踏ん張ったらいかにも尿漏れしそうなババアたちが寄ってたかって近所の悪口、嫁の悪口、息子の悪口、孫の悪口をべらべらしゃべくりながらハンマーみたいなものでカッツン、カッツンと玉に八つ当たり。
    およそスポーツ感が希薄で、爽快感なんてものも皆無そうな印象だったもんだでな。

    ところがじゃ、たまたま盆栽仲間にさそわれて気乗りしないままコートに出かけたところがじゃ、ブッたまげたワシじゃったわ。
    ハタで見ているのと実際にコートに来てみるとでは大違いじゃ。
    ま、たしかに爺さん連中は思っていたとおりじゃったわい。
    みんな禿げてるわけでも、腰が曲がってるわけでもないけど、なにやら加齢臭をプンプンさせおって、おい、おまえさんたち、ワシのようにワキの下にマンダムのコロンを塗りたくって出てこいよって言いたくなっちまったってわけなの。

    しかし、しかしじゃ、女の方はワシの予想とは大はずれだったんじゃ。
    集まってきたご婦人はじゃな、たしかに若くはなかったし、たしかにピチピチのお肌でプリプリのケツと乳ってワケでもなかったがな。
    だけど、だけどじゃ、三段腹の尿漏れバアサンだなどとはとんでもない、そばに寄ればプーンと資生堂だか、ポーラだか、男を引きつけるフェロモン香水だか知らねえけどな、化粧の匂いまでさせおって・・・・・グフフフフッ・・・・・・た、たまらねえ、まだまだ十分に使えるタマじゃあございませんかっつうワケだったんだわ。

    ワシは内心、こりゃシメた、こりゃ儲けもの、こんなところにこんなチャンスがあろうとはとタマげてな、それから下腹に力を込めてこの歳じゃがの、もう一花咲かせてやろうかいなと思ったワケなのじゃよ。小躍りするような思いがしたのじゃよ。
    ま、早い話が、ワシがゲートボールをちょいと本気でやろうと心に決めた理由もわかってもらえるじゃろ?
    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■

    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(1) ]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/10/10(水) 23:57:27|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(1) 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(36) (2014/05/31)
    ゲートボール老人の回春日記(18) (2014/05/13)
    ゲートボール老人の回春日記(43) (2014/06/07)

    <<前のページ
     
    FX アクセスランキング