無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第2位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第3位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第4位
 おびえながらもア
「お尻をチンポで突き立てられる、けたたましい水っぽ......(→続き)
  第5位
 五十路おめこ不埒
「あはあっ、アンタあっ、たのむさかい、しばらくはカ......(→続き)
  第6位
 BBクリーム
Dr.pharm BB cream (ライトベージ......(→続き)
  第7位
 トウモロコシをマ
女の子だったらトウモロコシを一度はマンコに入れてみ......(→続き)
  第8位
 あなたのお母ちゃ
母ちゃんのオマンコ、ママのオマンコ、おふくろのオマ......(→続き)
  第9位
 ラッパー婆さんト
今回はラップに挑戦してみました。 どうぞみなさま......(→続き)
  第10位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

ゲートボール老人の回春日記(54)

2ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • わしのデカチン伝説もさることながら、旦那を腹上死させたということで原上ノリコさんのお道具に爺さま達がお手合わせを願って人気集中なんだとは、こりゃ意外じゃありゃあせんかい。
    腹上死の経験はマイナスイメージじゃなかったんじゃ。
    それどころかオマンコに付加価値がついたっちゅうことなんじゃろ。

    たしかに言われてみれば、ゆるゆるスカスカのオソソではめったに腹上死も腹下死もしない印象があるんじゃな、これが。
    もしかしたら恥部というのはそんなガバガバをいうのかしらん。言ってみれば安全マンコ、それが恥部じゃろ。

    それに対して秘部やら秘所やら酩酊の壺なんぞと言われるオメコっちゅうものはじゃな、こんなに締まりの具合がよろしいなら、ひょつとしたらこれまでに一人や二人のオトコを腹の上に乗っけて、もしくは尻に敷いた姿勢でオダブツさせてるんじゃないかと想像しちゃうぐらいに結構なキュッキュッキュ〜ッ具合ってことじゃあるまいかの。
    あくまでも想像じゃがの。想像の暴走じゃがの。

    そういうことじゃからして、オメコの真っ最中に旦那がホンモノの昇天をなされたとしても、女としてはちつとも悲観することはありゃあせんとポジティブ思考になれるんじゃろな。
    かえって女の価値を上げたっちゅうことにしちゃうんじゃな。すくなくともガバガバじゃないっちゅう証明にはなったと、女ならではのポイント切り替えはスムーズじゃ。
    女ってそんなふうにネガティブ思考をかんたんに切り抜けちゃうんじゃろうなあ。こわいもんじゃな、やっぱ。

    「んも〜、倉又さんてば黙りこくって変なとこを見つめるのはやめてちょ。
    いいですか、チンポが大きい男はそんなに陰気な目つきで女のヘソの下を見つめるもんじゃありませんよ。
    女の胸とヘソの下とお尻にゃ、男の視線を感じとるビンカン帯があるんじゃわ。
    男のビンカン棒と似てるけどちがうんじゃわ。
    女はつねに受け身じゃけんね」

    なぜか知らんが原上ノリコさんは上機嫌なんじゃ。
    豆にぎり論争なんぞ気にするそぶりも見せなかったな。

    「まあ、倉又さんには気の毒じゃったなあと、あたしは思っとるんよ。
    ほんとだったら昨日、モモミちゃんのぽっちゃりボボの中にタップリ出して、今日はスッキリ玉袋もかろやかにゲートボールができるとこだったでしょうに、わははははは、公民館の大掃除ボランティア活動で大汗だけ流したなんて、気の毒もきわまれりじゃありませんか」

    原上ノリコさんのゲラゲラ笑いをひとまず中断してもらいたかったもんじゃから、わしゃ聴かでものことをたずねたんじゃ。

    「わしもゲートボールに通いだしてそろそろ半年じゃけど、いまいちフに落ちんのは、なんでわし懇親パーティに誘われねえんじゃろ、人徳の不足かね」

    わしがそう聞いたら、原上ノリコさん、急に真顔になったかと思うと、顔をわしの顔にググっと寄せて、圧し殺した声でこう言ったんじゃ。

    「倉又さんてば、あんたっちゅう人はご自分の持ち物のことをわきまえてねえんじゃないかねえ。
    ご婦人たちはみなあんたのデカチンを拝みたがってますけど、じい様たちはみんな乱交パーティにあんたが参加することに反対しなすっとる。
    衆議一決せんから誘われんのじゃわ。そこんとこをキッチリわきまえてちょ」
    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■


    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(54)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2014/06/18(水) 23:07:20|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(54)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(59) (2014/06/23)
    ゲートボール老人の回春日記(48) (2014/06/12)
    ゲートボール老人の回春日記(38) (2014/06/02)

    ゲートボール老人の回春日記(53)

    2ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • 「倉又さんがいくら目を凝らしたところでムダじゃがね。
    あんたはご存知じゃないかも知れないけど、あの人たちは乱交セックスパーティをしなれてらっしゃいますからね。
    飛び入り参加の公民館長が救急病院に運び込まれたぐらいじゃ、これっぽっちも動揺するはずがないんじゃわ」

    なにもかも知ってますっちゅう原上ノリコさんの口調に、怪しみながらうかがいを立てたんじゃ。

    「ど、どうしてそんなことを知ってなさるんじゃ?
    ひょっとして原上さんもそのエッチな遊びに参加されたんかの?」

    「あたしゃ乱交には参加しちょりませんがね。
    なんであたしが知っとるかと言えばじゃね、さっきモモミちゃんがふくれっつらで教えてくれたからなんじゃが。
    モモミちゃんたら一人抜けがけで倉又さんのチンポをねらいにいって、エライ目に会っちまったって嘆いとったがね。
    あの娘はスケベじゃけど隠しごとはできんタイプなんじゃわ」

    大口あけてゲラゲラ笑いながら、原上ノリコさんたら嬉しそうにしゃべったんじゃ。
    なんなんじゃろか、この筒抜け具合いったらよ。
    わしゃなかばアッけにとられて、口をポッカリあけて聞いとったんじゃ。

    「あ、そうそう、なんであたしが乱交に参加しなかったかと言えばね、自慢じゃないけどあたしが行ったら爺さんたちはみなあたしのマンコを試したがるんじゃわ。
    なぜかと言えば、ほれ、もう倉又さんも知っていなさるでしょうけど、福万の旦那との一件があったでしょ、あれ以来、爺さんたちは腹上死させたオメコってどんなじゃろかってあたしに群がるようになったんじゃが。

    あれでは乱交パーティのルールが乱れちゃうし、せっかく楽しみにしてる他のばあちゃんたちに迷惑がかかりますからね、乱交からあたしが身を引いたのはその理由からじゃがね。
    ・・・・・アハッ、これって自慢しとるわけじゃないんじゃがね、わかってちょ。
    倉又さんも男を腹上死させたオメコにチンポを入れてみたいもんかね?
    もっとも・・・・ウフッ、倉又さんは腹上死経験のオメコに興味がなくとも、あたしは倉又さんのおっきいチンポに興味アリアリなんじゃわ」

    わし、アッけにとられとる場合じゃねえ気がしたんじゃ。
    チンポのガセネタに、思わず後じさりしたわしなんじゃ。
    わしのチンポ、何度も何度もくりかえすみたいじゃが、ぜんぜんでっかくなんかないんじゃ。
    どうしてなんじゃ、なんでわしのチンポがデカチンだなんてウワサが広まってるんじゃ?
    わしゃ、ウソつきニセのデカマラ爺さんなんて呼ばれたくないし、真実の露見におびえる暮らしもしたくないんじゃ。
    それなのに都市伝説みたいに、わしのチンポはデカマラだっちゅうウワサがひとり歩きしとるんじゃ。
    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■


    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(53)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2014/06/17(火) 22:58:43|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(53)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(58) (2014/06/22)
    ゲートボール老人の回春日記(56) (2014/06/20)
    ゲートボール老人の回春日記(43) (2014/06/07)

    ゲートボール老人の回春日記(52)

    2ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • あの実に嘆かわしいなりゆきで、ももみちゃんと公民館の懇談室の掃除に大汗をかいた翌日のことじゃ。

    昨日、あれからわしらは掃除し終わった懇談室で、あらためて自分らのオマンコしようという気にゃとうていなれず、おたがいに何となしに力なくヘラヘラ笑って別れたんじゃが、家路につきつつわしゃ考えた。
    ほかでもありゃあせん、ゲートボール場にたむろしてた連中のうち、いったいどいつとどいつが乱交に参加したんじゃろかっちゅう、そのことよ。

    わしとももみちゃんに掃き掃除と片付けぐらいならまだしも、飛び散ったり垂れ流したりしたらしいカウパー氏腺液やらバルトリン腺液やらジジイのザーメンなんぞの拭き取り掃除なんぞという、とことん胸クソがわるくなるシゴトまでをもさせやがった連中はどいつとどいつなんだっちゅう、まさにそれじゃが。このことは追求するにたる大問題じゃ。

    ゲートボール場について、はやる気持ちを抑えつつチンタラと練習を始めながらも、わしゃ周りで三々五々に玉をばスッコンスッコンとぶったたいとるじいさん、ばあさんの様子をチラチラ観察したんじゃ。
    ゲートボール場には十数人は来てたんじゃ。
    ゲートボール同好会に登録しているのは三十人ばかり、登録せずに遊んどるのが十人ぐらいと聞いていたから、ここに今いる何人かは乱交パーティに参加しとる可能性が極めて高いとわしゃニランだんじゃ。

    三十分ばかりもそうやって偵察したんじゃが、たいしたタマじゃな、この爺さまたちと婆さまたちときたら。
    後ろめたいことしたというドギマギ感を漂わせたり、懇談室をヨゴしてスミマセンぐらいの肩身の狭い思いしてます感を漂わせたりというネガティブ感を毛ほどにもうかがわせるお人は、ただの一人も見つからなんだわ。

    「えれえ目つきが悪うなっとるでよ、倉又さん」

    いきなり背後から声をかけられてギクリとして振り向いたら、原上ノリコさんがうすら笑いを浮かべて立っとったんじゃ。
    さっそくにプ〜ンと甘いにおいがして、しかもただ甘たるいんじゃねえキケンな香りっちゅうのが混ざっとるんか知らんが、変にワクワクしちまうねっとりと鼻の奥にからみつくような原上ノリコさんチョイスの香水じゃが。

    原上ノリコさんとは何度も顔を合わせとるんじゃが、あの、『豆にぎりちゅうのは女のマンコを表した手の所作か、あるいは男と女がオメコをしている行為を表している手の所作か』論争以来、あんまり話はしてなかったんじゃ。
    なんとなく論争に負けちゃったみたいな印象が残っちまったもんでな。

    『・・・・倉又さんてば、あんたって人は見かけによらず石頭じゃ。たまげちまったのはこっちの方じゃがね。
    ほんなら、あんたってば、その年になるまで女のマンコをじっくりみたことはないっちゅうのけ?
    仮にもじゃ、このマンチョ握りが、男と女のチンポとマンコのハメハメ状態じゃなくて女のマンコだけを表しているとしたなら、親指の突き出しどころが妙じゃありませんか?
    エッ? そうじゃろ? わたしゃ割れ目のこんな位置からクリトリスが突き出してるマンコなんぞは見たことないんじゃわ。もちろん、あたしのマンコもこんなとこからクリトリスは突きだしちゃおりゃあせんだでイカンわ・・・・』

    あの時の原上ノリコさんの主張にゃ、ハッキリ言ってまだわしは疑念があるんじゃが、女の強い口調は苦手なもんじゃでな。
    だけど今朝の原上ノリコさんの口調にゃ、すくなくともトゲトゲしさはなかったんじゃ。

    「なあ倉又さんてば。あんた、もしかして例の乱交パーティに参加した人を探り出そうとしてんじゃないのけ?」

    薄ら笑いのまま原上ノリコさんは、わしにだけ聞こえるように耳元でささやいたんじゃ。
    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■

    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(52)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2014/06/16(月) 23:05:42|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(52)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(3)  (2012/10/12)
    ゲートボール老人の回春日記(37) (2014/06/01)
    ゲートボール老人の回春日記(42) (2014/06/06)

    ゲートボール老人の回春日記(51)

    2ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • ももみちゃんが腹を立てるのももっともじゃ。
    公民館の長たるお人が乱交パーティに参加して失神したなんぞは、・・・・ってゆ〜か、そもそもがゲートボール同好会が乱交パーティを公民館の懇談室でやらかすってことにオーケーサインを出しちゃったことからして、公民館のオフィスガールを自認しとるももみちゃんには容認できることではないんじゃからな。
    ま、それはさておきじゃ、わしの腹の中にムクムクと疑念がひとつわき出したんじゃ。胸騒ぎもしたんじゃ。

    「そいつはひょっとしたら腹上死、いや腹下死の一歩寸前だったちゅうことじゃろかな?」

    「なんですか、そのフッカシっていうのは?
    ははあ、女の腹の上で死ぬのが腹上死で腹の下で死ぬのがフッカシですか、倉又さんたら意外と状況描写に厳格なんじゃね、え?、わしが定義したんじゃない?ケンソンしなくてもいいんじゃねえの。
    たしかに倉又さんのおっしゃるとおり、乱交パーティで腹下死しそうになった公民館長なんだわ、なさけねえけど」

    「いったいどなたなんじゃろか、その公民館長の腹の上でハゲシク腰を揺さぶったっちゅうお方はよ?
    ・・・・・まさか」と、言いかけてわしゃしゃべるのをやめたんじゃ。

    「さあてねえ、電話で公民館長ったら、奥さんにはゲートボール同好会のフツーの親睦会に出席して、たまたま心の臓が痛みだしたってことにしといてくれの一点張りだったからねえ。
    あたしもあんまりあきれたもんだから、相手を聞くことまではしませんでしたからね。
    倉又さんにゃどなたかの心当たりがおありなんじゃろか?」

    「心当たりってこともねえが、ま、まさかとは思うんじゃが、原上ノリコさんがお相手じゃあるまいかと」

    「おやまあ」とつぶやいて、ももみちゃんは柳眉を寄せかけたんじゃが、すぐに表情を元に戻して言いおった。

    「原上ノリコさんでないことだけは確かじゃわ。なぜかって、もしも原上さんならまちがいなく公民館長はオダブツしちゃったはずですよ。
    原上さんのアソコのバキューム力なら公民館長なんぞで仕損じることはないはずじゃもの。
    たぶん公民館長はゲスト出席っちゅうことで没太栗質屋のばあちゃんにでもおだてられてハッスルしまくったにちがいないんだ。もしかしたらばあちゃんたちにタライ廻しにされたあげくの失神かもじゃわ。
    うらやましいかね、倉又さん。倉又さんなら完全昇天と失神からAEDで復活するのと、老後の楽しみにはどっちがいいかね」

    口元にいつの間にかニンマリ笑いを浮かべてももみちゃんが聞いてきたんじゃが、わしゃ、答える気にゃなれんかったんじゃ。
    散らかった部屋を捨て置くこともできん。
    わしらは物入からほうきを取り出し、掃除機を引っ張り出し、なんの因果かとなげきながらの片付けにかかったんじゃが、元はといえば懇談室でオマンコしようとしたのが原因じゃ。

    乱交パーティの後始末ってたいへんじゃな。
    ジイサン、バアサンでも飛び散る量がハンパじゃないのな。
    そういうワケだから、今後、もしも公民館の懇談室のもよおし事に参加することになる機会があったら、すわる前にザブトンはしっかりチェックすべきじゃなと、わしゃキモに銘じたんじゃよ。
    まったく公民館のザブトンと映画館の座席シートにゃ、なにがぶち撒けられたやら履歴不明なとこがあるもんだでな、そうじゃろ?
    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■


    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(51)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2014/06/15(日) 23:30:00|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(51)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(53) (2014/06/17)
    ゲートボール老人の回春日記(49) (2014/06/13)
    ゲートボール老人の回春日記(32) (2014/05/27)

    ゲートボール老人の回春日記(50)

    2ページ12ページ中
  • | ホーム |

  • 「だけどどうもフに落ちないんじゃわ。
    どう見ても四五人なんてもんじゃない、もっとたくさんの人の仕業じゃないのかねえ。
    コブクロ弁当の空が十二ってことは、集まったのも十二人。この散らかし具合からみて、さもありなんだよね。
    だからこそフに落ちないねえ。それだけの人がいたのに、何でまたこんなに取り散らかしたまんま消え失せたんだろ?」

    ももみちゃんは腕組みして考え込んじまったんじゃ。
    わしゃパンツの乾いたガマン汁でのゴワゴワ感がチンポの先っちょにあたるのが気になって尻をモジモジさせてたんじゃけど、ももみちゃんは取り散らかった懇談室のまんなかに立ち尽くして熟慮タイムじゃ。
    わしゃ先刻ラブジュースでヌルヌルじゃわとももみちゃんが叫んだところの、ももみちゃんのパンツの中の状態に気をもんどったんじゃけど、とても聞けるフンイキではなくなっとったんじゃ。
    その時じゃ、ももみちゃんたら組んでた腕をパッと広げ、パチンと手を打ってさけんだんじゃ。

    「アアッ、そうかァ、わかったぞ!どうしてこんなことに気づかなかったんじゃろか、頭がエッチボケしてたんだよ、きっと」

    なんちゅう凛々しさじゃ、パンツはきっとムレムレじゃろうに、ももみちゃんたらすっかり女ホームズじゃねえの。

    「あれを見てちょ、倉又さん。
    ほれ、あれがこの前話したAEDじゃ。箱のふたを開けて使った形跡が見え見えじゃねえの?
    ・・・・・てことはですよ、倉又さん、乱交パーティのさなか、どなたかがAEDを使わなきゃなんない事態に陥ったっつうことと見てまず間違いないと、あたしゃみましたよ。

    だからですよ、散らかったままなのは。
    集まってたじいちゃん、ばあちゃんたちは緊急事態にビックラ仰天、やりつけないエッチな遊びに後ろめたさもあったんじゃろ、救急車が来た後は懇談室の後片付けなんぞできる心境じゃございません、アタフタとクモの子を散らすみたいにみんな逃げて帰ったに違いないがねッ!」

    おどろくべき推理力じゃねえかい。
    ももみちゃんのエロボケした桃色の脳ミソに天啓が舞い降りたみたいだったんじゃ。
    冴えわたった推理のあとで、しかし急に股間がカユクなったかしらん、ももみちゃんはスカートの上から陰毛部分あたりをもみほぐすみたいに掻いたんじゃ。

    「そうだ、こうしてはいられません。あたしだって公僕ですからね。AEDを使う事態があったってことは公民館長に連絡しとかなきゃね」

    ももみちゃんは股間を掻きながらスカートのポケットからスマホを取り出したんじゃ。
    電話でしばらくなにやらくっちゃべっとったももみちゃん、またしてもにわかに素っ頓狂な声をばはりあげおったんじゃ。

    「どうしたんじゃ、ももみちゃんてば、またしても顔が真っ赤になっとるでよ」

    「どうもこうもないがね、倉又さんてば」と、ももみちゃんはフンマンやるかたない様子でスマホをスカートのポッケに押し込んで、ハッタとAEDを睨みつけたんじゃ。

    「おおむね、あたしの推理は合ってたんじゃわ。
    いや、カンペキにあたしの推理は正解だったんじゃわ。
    ただ、AEDの世話になった人までは推理できなんだわ。
    聞いてちょ、倉又さんてば。
    あきれ返った話しじゃねえの、なんとAEDを使ったのは公民館長だったんじゃわ。
    羽目金食堂のじいさんと、没太栗質屋のばあちゃんの口車に乗せられて、ゲートボール同好会の親睦乱交パーティに一人足りない男の穴埋めにさそわれて、唯々諾々と参加しちゃったらしいんじゃ。
    あげくの果てに、何人目かのばあちゃんに騎乗位で乗っかられてハゲシク腰を使われたもんだから、過呼吸になって失神したそうじゃが。
    あきれかえった公民館長じゃわ。あのじいさんたら、いつも生臭かったのは、加齢臭とアユ釣りのせいだけじゃなかったんじゃわ」
    クリッとひと突きお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■


    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ゲートボール老人の回春日記(50)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2014/06/14(土) 23:46:41|
    2. ゲートボール老人の回春日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ゲートボール老人の回春日記(50)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ゲートボール老人の回春日記(45) (2014/06/09)
    ゲートボール老人の回春日記(34) (2014/05/29)
    ゲートボール老人の回春日記(25) (2014/05/20)

    <<前のページ 次のページ>>
     
    FX アクセスランキング