無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第4位
 ゲートボール老人
ひと月前に掘り上げて棚に並べたサフランの球根は、う......(→続き)
  第5位
 連休はお座敷スト
和食がユ●スコの文化遺産に指定された経緯には、ワカ......(→続き)
  第6位
 爺ちゃん婆ちゃん
 枕元のあんどんを吹き消しまして、ふとんを口元まで......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 五十路おめこ欲情
「まあ、滑造はん、ホンマに来てくれはったんやね。う......(→続き)
  第9位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第10位
 五十路女の汁はネ
「それにしても肝心のストリッパーさんはなかなかやっ......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

穴の中から流れ出るの巻@夜とぎ沈丁241

  • <<あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240 | ホーム | ヌイてくれたら出来高払いの巻@夜とぎ沈丁242>>

  • 福実さんが我が家に帰って玄関のガラス戸を引き開けると、早くも奥の水屋で立ち働いていたモヨ子さんがニンマリ笑いかけてきました。

    「ばあちゃん、お帰りよ。ふっふっふっ、不良ばあちゃんの朝帰りだあっ」

    「こ、これ、これ、よしとくれよ、夕べはつい留さんと話が弾んでね、話し込んじゃったとこで、つい囲炉裏端でごろんと横になったところが、もう朝になっちまってたんだ。
    世話になったついでに留さんの朝飯をつくってやって、帰ってきたんだ。不良ばあちゃんだなんて、人聞きの悪いことを言うのはヤメとくれよ」

    「えへへっ、ははあ、話が弾んでねえ、それは鼻声で話し込んだってことかいね、わははははあっ、ばあちゃんたら、今日はひときわ肌がツヤツヤしてなさるよっ」

    「もうよしなって言ってるだろ、やれやれ、坂道を駆け上がってきたらお腹がペコペコだよ」

    「あれまあ、留さんと差し向かいで朝飯を済ませたんじゃなかったんですか?」

    「それがね、留さんはそうしろって言ったんだけど、ほれ、こいつをみやげにもらっちゃったからさ、こいつをお前に早く食べさせてやりたくてね」

    「へえ? あれまあ、行者ニンニクじゃありませんか。うわあい、こんなにたくさん、留さんったら気前がいいねえ・・・・・ウフフフッ・・・・・ってコトは、留さんも大満足だったみたいですねえ・・・・ムフフフ・・・・」

    「な、なんて気色の悪い笑い方をするんだよっ、今朝のモヨ子ったらちょいとおかしいよ。夕べのお前が持たしてくれたイノシシ肉の味噌漬けと、お酒がうまかったから、留さんがお返しをしてくれたんだよ。妙な想像をするのはヤメとくれよ、顔が赤くなっちまうよ」

    二人はちゃぶ台に差し向かいになって、額の上で軽く両の手を合わせてから朝ご飯を食べ始めました。

    「ううっ、おいしいねえ、おばあちゃん。この時期になると醤油もよく漬かっていて、それにこのシャキシャキ感が残ってるから歯ごたえがたまりませんよ。やっぱり行者ニンニクは新鮮なものであれこれするのもいいけど、ここまでしっかり醤油に漬かったものが味が深くなるねえ。アハッ、これじゃあなんぼでもご飯が進みそうだわ」

    シャキシャキの行者ニンニクを噛みながら、モヨ子さんは上機嫌です。
    福実さんは、そんなモヨ子さんを浮かない顔で見やりました。
    なにしろ、留三さんと巡らした計画では、福実さんの口から夕べの床の中の様子をチラチラと話してやって、モヨ子さんをその気にさせるはずだったのに、屈託もなさげにご飯をパクついているモヨ子さんにはとりつく島がないのです。

    「おばあちゃんも、もう一杯ご飯を装いましょ。今日は何たって『滝見の柿』の仕上げですからネッ。たくさん食べといて、一気にやっつけちゃいましょうよっ」

    モヨ子さんが福実さんの手から茶碗をひったくるようにして、ご飯を山盛りに盛りつけるのを眺めながら、福実さんはちょいと思案してしまいました。

    『・・・・やれやれ、留さんはあんな事を言ったけど、あたしの口から夕べの具合をしゃべってモヨ子をその気にさせるなんてのは、言うは易く行うは難しだよ、まったく。
    このモヨ子のヤツを、どうやってその気にさせろって言うんだよ、まるで仕事と食い気しかない女なんだよ、モヨ子ったらさあ・・・・・』

    「あれえ、おばあちゃんてば、何をそんなにつくづくとあたしの顔を見るんですかあ?
    えへへっ、食べ過ぎですか? わたしってば。あれれっ、さ、さすがに行者ニンニクですねえ、食べてるそばからカラダが何だかポッポッとしてきましたよっ」

    「ええっ!? ほ、ほんとかい? た、たまげたねえ、さすがは留さんの漬けた行者ニンニクだわっ。
    チョ、チョイとモヨ子や、お前こそたっぷりとご飯を食べときなよ、ね?
    ほらほらあ、行者ニンニクはまだタップリとあるからね、これだけあればひと月は持つってもんだよ。食べ惜しみなんてするんじゃないよっ・・・・ムフッ・・・・早くもチャンス到来だよっ」

    「ど、どうしたんですか? ばあちゃん。
    今度はわたしの顔を眺めてニタニタ笑いなんかしてエッ・・・・ははあっ、いやですよ、ばあちゃんてば、夕べの留さんとのことを思い出し笑いしていなさるねっ。
    ムフッ、その笑いようでは、一つや二つではなかったみたいですねえ? ワハハハッ、ばあちゃんも留さんも元気なんだからアッ」

    なんというモヨ子さんの直感の鋭さでしょうか。
    たしかに夕べは福実さんと留三さんは二回にわたって仲良くして、今朝も起きしなに水屋に立って味噌汁の実を刻んでいた福実さんの後ろから、留三さんは朝マラをねじ込んできたのです。

    「な、な、福さん、朝マラは小便までの命って言うけどな、小便をして、せっかく立ち上がったチンポをしぼませてしまうのはモッタイナイよ」

    「んまあ、留さんたら、あれだけ夕べ2回もタップリと出したって言うのに、またこんなに硬くしちゃったのかい? そ、そりゃそうだよね、オシッコでしぼませたりしたらバチが当たっちゃうわよね。
    フンフン、そ、そのままグウッと押し込んどくれ、な、なあに、マンコの中は夕べの留さんの汁がまだ残っててヌルヌルだから、押しつけたら入っちゃうよ・・・・アアッ、いいよお、気持ちいいよおっ、うわあっ、硬いよおっ、留さんの朝マラはすんごく硬いよおっ、ううううっ、立ったままで入れられるのもいいもんだわねえっ、夕べとは別のところにチンポが当たってるわ」

    いつもとは違う感触にコーフンしたのは留三さんも同じでした。
    朝マラの軽いお遊びのつもりが思いがけない福実さんのヨガリ方に、立ちマンコの後ろ責めから、しまいには福実さんの片脚をグイと持ち上げての正面からの立ちマンコに変え、さんざんに腰を使ったあげくに、これも思いの外、ドクドクドクッと夕べの量に勝とも劣らないほどにタップリと放出した留三さんでした。

    モヨ子さんの図星の指摘に、思わず赤面しそうになるのをこらえて福実さんはわざと音を立ててズズズッとお味噌汁を飲み込みました。
    モヨ子さんは口を動かしながらもしきりに窓の外を見ては、空の色と風の具合を気にしていました。


    空はどの季節よりも高く澄みわたり、一筋の雲もなく晴れ渡っていました。
    この季節には止むことがないはずの山おろしの風も、今日はピタリと止んでいます。
    福実さんとモヨ子さんは鼻歌交じりでした。朝ご飯がすむやいなや取りかかった干し柿の取り込みが順調にはかどっているからです。

    干し柿にカビは大敵。仕上げの作業でも、二人はそこのところにヌカリはありません。
    分厚いマスクごしに歌を口ずさみながらも、目をこらしてカビの気配は見逃しません。
    いささかでもカビの兆候を見つけたら、いさぎよく取り分けます。
    『滝見の柿』の評判が上がるにつけ、二人の目はいよいよ厳しくなっているのです。
    干し柿を買い取ってくれる青果商が舌を巻くほどに、仔細に点検し二つの等級に分別して箱詰めしてゆくのです。

    正午を少し過ぎたあたりで、箱詰めは終わりました。
    A級とB級の対比は、例年ならば4対6。けれども今年の対比は3対7に落ち込んでいます。
    いつもの年よりも品質が悪いのではありません。二人の目がますます厳しくなっているからなのです。
    品質が落ちているのではないことは、桐箱が増えたことでもわかります。
    A級の中でも特にみごとなものは桐の箱に納められるのです。青果商のたっての希望でそうしているのですが、20個入りの桐の箱が10段に重ねられた時、福実さんとモヨ子さんは思わず顔を見合わせてしまいました。

    「・・・・多すぎる・・・・」

    二人は仕上がった10個の桐箱を横並びに並べて、額を寄せ合い、長い時間を掛けて見直しをしましたが、やがて、どちらからともなく腰を上げ、もう一度顔を見合わせて少し笑いました。
    宝玉のように底光りのする、しっとりとした肌合いの『滝見の柿』A級桐箱入りの中身は、もうすでに二人の眼力さえもはねつける、おごそかな天からの贈り物に変身していたのです。

    あとはもう青果商のトラックを待つばかり。
    分厚いマスクを外すと、二人は深々と晩秋の冷たい空気を胸に吸い込みました。
    カビの兆候とも思われぬほどですが、わずかでも瑕瑾が見いだされた柿を入れた箱のひとつををヒョイと抱えた福実さんが、「アッ」と短く声を出してしゃがみ込みました。
    モヨ子さんが怪訝な顔で見ていると、福実さんはへっぴり腰でヨロヨロと立ち上がったのです。
    「ああっ、おばあちゃん、ギックリ腰をしなさったねっ」
    おどろいて甲高く叫んだモヨ子さんの声に、福実さんは不思議な笑いをホッペに浮かべ、小さく頭を振りました。
    「ちがうよ、ギックリ腰なんかじゃないよ・・・・出てきちゃった・・・・」

    「・・・・へ?・・・・」

    「ははは、あ、あの、留さんのが、今頃になって流れ出てきて・・・」

    モヨ子さんは憮然として福実さんの股間の当たりに目を落としていました。

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索

    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ■ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    ■チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    ■AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    ■裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    ■アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    ■HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    ■無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    ■素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    ■AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    ■マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    ■フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    ■自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    ■体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    ■人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    ■金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    ■エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240 | ホーム | ヌイてくれたら出来高払いの巻@夜とぎ沈丁242>>
    1. 2011/01/01(土) 00:03:24|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「穴の中から流れ出るの巻@夜とぎ沈丁241」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    鉄のチンポに鍛えるオナホールの巻@夜とぎ沈丁100 (2010/05/29)
    心の記憶とマンコの記憶の巻@夜とぎ沈丁236 (2010/12/27)
    方言プレイ@夜とぎ沈丁3 (2009/03/02)
    <<あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240 | ホーム | ヌイてくれたら出来高払いの巻@夜とぎ沈丁242>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3595-46612db9

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close