無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第4位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第5位
 五十路おめこ欲情
「まあ、滑造はん、ホンマに来てくれはったんやね。う......(→続き)
  第6位
 爺ちゃん婆ちゃん
 枕元のあんどんを吹き消しまして、ふとんを口元まで......(→続き)
  第7位
 連休はお座敷スト
和食がユ●スコの文化遺産に指定された経緯には、ワカ......(→続き)
  第8位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第9位
 五十路女の汁はネ
「それにしても肝心のストリッパーさんはなかなかやっ......(→続き)
  第10位
 ゲートボール老人
ひと月前に掘り上げて棚に並べたサフランの球根は、う......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

シシ鍋でふたり酒盛りの巻@夜とぎ沈丁239

  • <<ムクドリに腰を折られての巻@夜とぎ沈丁238 | ホーム | あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240>>

  • 福実さんとモヨ子さんが暮らす柿の木坂の家から、村の道を右にそれて谷筋に降りてゆくと小さな茅葺きの屋根の小屋があります。
    とうとうと流れる沈丁川のほとりに、川水を引き込んだ池が十ほども並び、水面を秋の夕空の紅の色が染めていました。
    この谷間の池で、留三さんはイワナとヤマメの養殖をしているのです。
    夕焼け空に、茅葺き小屋の煙突から立ち上る白い煙がとけ込んでゆくのを眺めながら、福実さんは谷間に降りる細道を駆け下りました。

    小屋の杉板の戸を押すと、囲炉裏のそばにアグラをかいてキセルのタバコを吸っていたヒゲ面の留三さんが、ワアッと大きく口を開けて笑って福実さんを招き入れるのです。
    福実さんは留三さんのヒゲの中から白い歯がこぼれるのを見ると、ついつられてウフッと笑ってしまうのです。

    「留さん、うまいものを持ってきたよっ、モヨ子のやつが包んでくれたんだ。
    昨日、甚助さんがシシ肉をわけてくれたんでね、夕べはあたしとモヨ子でシシ鍋したんだ。残った肉をモヨ子が味噌に漬けてくれたんだよ。モヨ子のつけた味噌漬けはうまいゾッ。まあ、うちのモヨ子ぐらい味噌を使い回すことを知ってる女はいないよっ。
    ほれえっ、ねえ、こいつを囲炉裏で焼いて一杯やろうじゃないのよ。
    それだけじゃないんだよ、これもモヨ子が包んでくれたよ、こいつはあたしとモヨ子が気に入ってる酒なんだよ。これは絶対に留さんも気に入るはずだって、夕べあたしがポロッと言ったら、モヨ子のやつ、今日になったらしっかり水筒に詰めてくれたんだよ」

    いそいそと持ってきたふろしき包を解いて、勝手知ったる小屋の中、福実さんは手際よく水屋に立って立ち働きながらも留三さんに話しかけます。囲炉裏の上に焼き網を用意して、たちまち二人きりの酒盛りの準備は整いました。

    「わはははァっ、また福さんのヨメ自慢かよ。
    ホホウ、それにしてもこいつはごっつおだねえ、甚助じいさんのシシ肉かあっ、そいつは嬉しいねえ。ひゃあっ、こんないいとこを味噌漬けかい? こりゃ、たまらんよ。
    うん、うん、ボタン鍋もいいもんだが、味噌漬けを焼くなんてのは豪勢だ。
    だけどなあ、酒は俺のところだって切らしたことはないんだよ、まだ四斗樽にたっぷりあるはず・・・・ほほ、やややっ、こいつはいい色だねえ・・・・おおっ、ほおっ・・・・いい匂いだあっ・・・・わははははっ、なんだってんだよ、こいつは上等な匂いのする酒だねえっ・・・・・ふん、ふん、ふん・・・・・くわああああっ、・・・・・た、たまらん、こいつはいい酒だあっ、・・・おっと、福さん、お前もやりなよ」

    「あはははははっ、そうかい、留さんもその酒が気に入ってくれたかい? うれしいねえ、ホッとしたよ、モヨ子が水筒に詰めてくれた甲斐があるってもんだよ。
    ・・・・あっ、そうそう、モヨ子が言ってたよ、留さんのところには、行者にんにくの醤油漬けがあるはずだから、シシ肉を焼いたらそいつと一緒に食べなって」

    「ほほおっ、なるほど、たしかに、たしかに、こいつと行者にんにくの醤油漬けは合うだろうなあっ、モヨちゃんのやつ、お見通しだねえっ」

    「わはははははっ、あったり前だあっ、モヨ子は、うちの自慢のヨメだあっ。
    なあんたって、あの『万〆ウナギ』の万千代さんからもお墨付きをもらったほどの料理の腕前だからねえっ」

    「へえっ? あの万千代さんがそう言ったのかい? そいつはたいしたもんだよ。
    ははあ、フフッ、やっぱり福さん、あんたにシゴかれてモヨちゃんも腕を上げたって言いたいのかい?」

    「なあにを言ってんだかあっ、あたしなんぞが今さらモヨ子に何も教えるとこなんかあるもんかね。
    もう『滝見の柿』だって、仕込みから仕上がりまで、あたしがくたばったってモヨ子が一人でもやっていける腕前になってるんだよ。
    まあ、あたしの口から言うのもナンですけどね、アレには持って生まれた味の才があるんだよ・・・・・そればかりじゃありませんよ・・・・あの性分だからねえ・・・・過ぎたるヨメなんだよ、あたしには・・・・・そ、それがあたしにはさあ・・・・・あの子が不憫で、不憫で・・・・・」

    「な、な、なんだよおっ、これっ、福さんってば、何をいきなり涙声なんか出しやがるんだよ。よしなよ、そいつは。
    どうせ、なんだろ、モヨちゃんに色男ができねえって話だろ?
    そいつは俺にはお前さんの取り越し苦労ってもんに思えるがねえ。
    だいいち、いくら可愛いヨメか知らんがフビンって言いぐさがあるもんかい。
    ま、おまえさんにしたらセガレが逝んじまってもよ、そんでもお前にしっかりなついて仲良くやってくれてるモヨちゃんが可愛いのはわかるけど、フビンはないよ、なんたってモヨちゃんだっていいオッカサンじゃないかよ」

    「・・・・はあ、まあそうなんだけどねえ、留さん。
    ねえ、留さんってば、聞いてくれるかい? こんな話を男のお前さんに話すのもヘンな話なんだけどねえ、あたしゃあ、モヨ子のことが気になって仕方がないんだよ、近頃、とくにそうなんだよ。
    ・・・・ありゃ? おおっ、そろそろ焼けたよ、シシ肉が焼けた、留さん、ほれ、ちょいと味見をしておくれ」

    「ハフハフハフ、ははあ・・・・フハフハフハ・・・・く〜っ、・・・・こ、こいつは、た、たまらん味だよ〜っ、合わせ味噌のコッテリとシシ肉のコッテリとで、口の中がコッテコテ・・・・・そこんとこにフワリッと柚子の味が立ち上がるってやつだあっ・・・・ほれ、福さんも食ってみろ、な? な? な? ・・・・おおっと、俺ばっかし飲んでちゃあいけないよなあ、ほれ、グウッとやんなよ」

    「ふんふんふん、たしかに、たしかに、いい味だ、これはたしかにいい味だよっ。
    すっかりと馴染んだ、しっかりと脂がのった深〜い味わいですよ、まさに熟した女の練れた味わいだあっ・・・・今さらながら・・・・モヨ子のやつ、いい味だよねえ・・・・それなのに、それなのに・・・・シシ肉に、これだけいい味を出せるって言うのにさ・・・・どうしてかねえ、どうしてなのかねえ?」

    「な、なんだよ、なんだってそんな顔になるんだよ、酒を飲みながら作る顔じゃないよ、お前のその顔は。いったい全体、何が言いたいんだよ?
    なんだっていうんだ、男の俺に聞かせるのもヘンな話ってのはなんなんだ。福さんらしくもないじゃないかよ、スパッと言ってくれないとわかりゃしねえよ。
    ほれっ、この行者にんにくの醤油漬けをシャキッと食って、キリッと気合いを入れてしゃべってくれねえかなあ?」

    「そ、そうかい? 聞いてくれるかい?
    なあ、留さん。どこの世界にシュウトメがいい人のとこに夜遊びに出かけるからって、みやげをセッセと作ってくれるヨメがいるもんかね?
    あたしゃモヨ子が良くしてくれれば良くしてくれるほど、アレにも何とかしてやんなきゃと思い詰めちまってさ」

    「ふん、ふん、ま、確かにお前さんの言うことももっともだけど、しかし考えてみれば妙だ。だってそうじゃねえかい。
    シュウトメがヨメに浮気をしてもらいたいって思うなんてのは、こりゃどう考えても妙だよ。ヨメの浮気に手を焼くシュウトメは世の中にいっぱいいなさるかも知れんがなあ」

    「んまあ、留さんたら、茶々みたいな言いぐさはやめとくれよ。
    だいいちモヨ子のは浮気じゃない、あたしのセガレはもういないんだから、モヨ子に後ろめたい思いをさせるものなんかありゃしないよ」

    「ははあ、たしかにそうだな。それにしてもだ、モヨ子さんだって自分なりに身の始末はしてるだろ? 福さんが知らないとこで、よ?」

    「そんな甲斐性がモヨ子にあるなら、あたしゃこんな心配はするもんかね。
    アレは他のことにはナンの心配もないのだけど、ことオトコに関しては臆病なんだよ」

    「だってさ、日ごと日ごとのことじゃないかよ、つ、つまりだ、女と言えどもアッチのことは毎日とは言わないまでも、カアッと血が頭にのぼっちまうことだってあるはずだろ?そいつをモヨちゃんはどうしていなさる様子かね?」

    「あれま、なんてことを、そ、そんなことを・・・・そりゃ、女同士だもの、あたしの口からは言いにくいよ。いくら男だからって、留さんだってわかりそうなもんじゃないかよ?」

    「・・・・ははあ、センズっていなさるかね? 女のセンズリ、十倍コスってマンズリじゃいって話を聞いたことがあったっけ。しかし、そのマンズリが悪かろうともおもえねえし、オトコがいなきゃ身が持たないってえのじゃないからこそ、モヨ子さんは平気でいるんだろ?
    何もお前さんがよ、思い詰めることはないわ。ゆっくり相手を探してみるしかないだろうによ?
    まあ、俺もよ、それとなくモヨ子さんに似合いの男がいないもんか、あれこれ思いめぐらしてはみるんだが、どうもねえ、俺の友達はみなジジイになっちまってるからねえ。
    ・・・・あ、あれえっ? な、なんだよ、なにするんだよ、酒がこぼれちゃうよ。
    いきなりズボンのチャックを降ろすんじゃないよ、もう福さんたら、すぐに頭に血がのぼっちまうんだからよ」

    「ウフ、だって、だって、あんたがマンズリなんて言うもんだからさ、きゅうにカアッと体が熱くなっちゃってさ。そ、それにシシの肉を食べたせいか、カラダの奥から、ヘンなものが湧いてくるんだよ、ど、どうにかしておくれよ、留さんてばあ。
    モヨ子の話はおいといて、ひとまずあたしの方を、な、なんとかしておくれよおっ」

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索

    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ■ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    ■チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    ■AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    ■裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    ■アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    ■HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    ■無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    ■素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    ■AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    ■マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    ■フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    ■自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    ■体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    ■人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    ■金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    ■エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<ムクドリに腰を折られての巻@夜とぎ沈丁238 | ホーム | あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240>>
    1. 2010/12/30(木) 00:39:22|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:1
    「シシ鍋でふたり酒盛りの巻@夜とぎ沈丁239」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    記念の射精は穴がいいの巻@夜とぎ沈丁245 (2011/01/05)
    肛門に指を入れてマンコ激変の巻@夜とぎ沈丁185 (2010/10/23)
    超高速ピストン少年の巻@夜とぎ沈丁43 (2010/01/19)
    <<ムクドリに腰を折られての巻@夜とぎ沈丁238 | ホーム | あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240>>

    コメント

    秘密のコメント

    ブログ管理人への秘密コメントです
    1. 2010/12/30(木) 13:35:15 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3593-d7056f8e

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close