無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第2位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第3位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第4位
 爺ちゃん婆ちゃん
 枕元のあんどんを吹き消しまして、ふとんを口元まで......(→続き)
  第5位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第6位
 小父さんの唇がマ
「滑造小父さんとお祖母ちゃんは、重なり合ったままし......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 サイトカイン美容
今年ブレイク必至★サイトカイン美容液「GFナノエッ......(→続き)
  第9位
 ゲートボール老人
暑いんじゃ。ものすごく暑いんじゃ。 ゲートボール......(→続き)
  第10位
 女スパイがパンツ
羽目鳥山の山頂から吹き下ろす風の中に、水の匂いがし......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

心の記憶とマンコの記憶の巻@夜とぎ沈丁236

  • <<フトン部屋に漂う淫靡なにおいの巻@夜とぎ沈丁235 | ホーム | 柿の木坂の家の巻@夜とぎ沈丁237>>

  • サネトモ君の指がわたしのオマンコを左右に開いて中をのぞき込んだ時、わたしは思い出していました。
    あの、生まれて初めて男と女の、それも母と叔父さんが繰り広げたオマンコの営みをつぶさに見たあとの寝床でのできごとを。あの寝床で、男のチンポが欲しくて、欲しくて、身もだえしながらオナニーをしたことを。

    わたしはそれまでにサネトモ君にオマンコをいじらせて上げていました。でも、オマンコを見られるのは初めてだったのです。
    お座敷ストリップで、大勢の男の人には見せてきましたが、たった一人に見つめられたことはありませんでした。
    色々なモノをマンコに入れていましたが、チンポを入れたことはなかったのです。
    とうとうその時が来た瞬間、わたしはあの夜の床の中でのことを思い出していたのです。
    わたしはあの夜、すべてが終わったあとで母と叔父さんが四肢を投げ出し、フトンの上に並んで仰向けになったのを見届けて、そっと掃き出し窓から離れ、玄関の前で心を静めてから、わざと乱暴な音を発ててガラス戸を引きました。
    姉と弟と共同で使っていた子供部屋に入り、すぐに股間のあたりがべとべとになったパンツを脱ぎました。

    わたしはそれまでに、すでにオナニーは何度もしていましたし、マンコをいじってヌルヌルにしたこともありました。
    けれどもその時のパンツの濡れ具合は、オナニーやオマンコのことを考えているうちにできる濡れ方とは全然違いました。
    それまでにパンツを濡らした時には、マンコのスジにそって細い線のようなシミができたばかりでしたが、あの夜のパンツはマンコが当たっているところはもちろん、お尻の穴があたる方にまで、まだヌルヌルしている液がべっとりと付き、そこから湯気が立っていたのです。
    その湯気の匂いを嗅ぐと、わたしはいても立ってもいられない気持ちになって、はやばやとフトンに潜り込んだのです。

    掛け布団の中に潜り込んで、わたしは夢中でオマンコをいじりました。
    クリトリスをいじると、たちまち全身が熱くなり、クリトリスから全身に電気が走って、たった今見た母のように下腹をふるわせたのです。
    信じられないほどに簡単に、わたしは何度もイキました。
    繰り返し、繰り返し、クリトリスの頭をこすっては下腹をふるわせました。
    マンコからはとめどなくヌルヌルした液が流れ出したので、バスタオルをフトンの中に引っ張り込んでお尻の下に敷きました。
    五度も六度も、もしかしたらそれ以上の回数、小さく上り詰めた後、わたしはオマンコの穴に指を入れました。母のオマンコに入った叔父のチンポを思い出して、指をそっと入れました。ヌルヌルのマンコの穴はわたしの指を簡単に呑み込みましたが、息が詰まるかと思われたほどの快感が不安なほどに穴のまわりから湧き起こりました。
    カラダがどうにかなってしまいそうな快感でした。

    わたしは歯を食いしばってそれをガマンして、これも叔父の指がそうしたように、もう一方の手の指をお尻の穴の中に押し込んだのです。
    お尻の穴までも、すでにマンコからあふれたヌルヌルが流れ落ちていて、指をニュルッと呑み込んだのです。
    死ぬかと思ったほどの爆発が、マンコとお尻の穴の間で起きました。
    わたしはマンコとお尻の穴に指を突っ込んだまま、うめき声を上げてものすごいほどにカラダを痙攣させたのです。
    痙攣しながら、これ以上続けたら息が止まるのではないかという不安が頭の隅をよぎりながらも、わたしは指を抜くことができませんでした。それどころか、さらにマンコにもお尻の穴にももっと深く、もっと奥へと指を押し込んでいたのです。
    わたしはフトンを噛み、うめき声を殺して、ケーレンを続け、そして、そのまま深々とした眠りに落ちてしまったのです。

    目覚めると、隣のフトンで姉と弟がくぐもった声で話しているのが聞こえました。
    わたしはフトンの中にスッポリと潜り込んだまま聞いたのです。

    「ねえ、姉ちゃん、母ちゃんと叔父さんはやったのかなあ?」
    弟が姉に聞く声がしました。ちょっと間をおいて、姉の声がしました。

    「・・・・やったのに決まってるじゃないの。母ちゃんたら、あんなに胸をはだけて叔父さんに肩を揉んでもらってたでしょ、あれは絶対にマンコをやったからだよ」

    「ねえ、大人の男の人ってさあ、する時にはマンコをナメるってホント?ねえ、姉ちゃん、叔父さんったら母ちゃんのマンコ舐めたのかなあ?」

    「・・・・舐めたに決まってるじゃないのよ。母ちゃんだって、叔父さんのチンポをしゃぶったはずだよ、大人はみんなチンポとマンコを口で舐めたりしゃぶったりするんだよ」「ね、ねえ、姉ちゃんてばあ、ボク、ボクも舐めてもらいたい」

    「フフ、なによ、・・・・ケンちゃんたら、ちゃんと大人と同じコトしたいって言うの?」

    「だってえ、ねえ、ほら、ボクのチンポこんなになっちゃった」

    「ああっ、もうこんなになっちゃって。姉ちゃんがまだ何にもしてないのに、ケンちゃんたらチンポ硬くしちゃったのね。
    よし、こっちにおいで、ヌメリちゃんが目を覚ましちゃいけないから、こっちのフトンでしようよ。
    ねえ、ケンちゃん、姉ちゃんはチンポを舐めて上げるから、お前は姉ちゃんのマンコを舐めるのよ。ちゃんと舐めるのよ。ほら、チンポをこっちに出して、ケンちゃんはアッチ向いて、二人でなめ合うのよ。こんな風にして大人はチンポとマンコをなめ合うのよ」

    フトンの中でカラダがこすれ合うような音がして、少しの間、声が途切れました。
    わたしはそっとかぶっていたフトンを持ち上げて、向こう端の姉のフトンを覗きました。電気はつけていませんでしたが、窓から月の光が差し込んでいたので、姉の掛けフトンがモコモコと動いているのが見えました。
    間もなくフトンの中で弟の声が聞こえました。

    「ああっ、チンポもう気持ちよくなってきたアッ、もう出そうになったアッ、ね、姉ちゃん、もういい? もうマンコ舐めるの止めていい? 
    ボク、もうマンコにチンポ入れたくなったよおっ。だって、だって、姉ちゃんのマンコ、すんごく臭いんだもん。ね?ね? もう舐めるのはいいから、チンポ入れるよ」

    「んもう、何よ、自分からナメられたいって言ったくせに。・・・・で、でも姉ちゃんもナメられるより、チンポ入れた方がいいわ。早くチンポ入れて。
    で、でもさ、ヌメリちゃんが目を覚ましちゃうから、気持ちよくなってもこの間みたいに大きな声を出しちゃいけないよ」

    「うん、声出さないよ、ねえ、姉ちゃん、チンポ入れるとこ開いて」

    「いやねえ、男なら自分でマンコを開いて、チンポを入れるモノよ。ほんとに何回やってもケンちゃんは上手にならないんだからあ。
    ほら、ほら、姉ちゃんがマンコ開いてるから、ここにチンポ押しつけなさい・・・もっと下だってば、昨日教えて上げたばかりじゃないの・・・そ、そう、そこよ、もうグッと押しつけてごらん・・・・アアッ、入って来た、チンポ入ってきたあ」

    「あああっ、気持ちいい、キモチイイヨオッ、チンポがニュルって入ったよおっ、・・・・姉ちゃんのマンコの中あったかいねえ、すごくあったかいよ、ああ気持ちいい、ああ気持ちいい、アアアアッ、キモチイイヨオッ、姉ちゃん、出るよ、出るよ、もう出ちゃうよ」

    「も、もう出ちゃうの? も、もう少しガマンできないの?
    ああっ、せっかく気持ちいいのにいっ、もっともっと入れたり出したりしたいのにいっ。ね、ね、出そう?・・・・そ、それならねえ、出す時はチンポをグウッとマンコの奥に突っ込んで、チンポの付け根で姉ちゃんのクリトリスをグリグリしてえっ。
    クリトリスのグリグリ仕方、わかってるわよねっ・・・・ウウウッ、そう、そう、そうよ〜っ、あ〜っ、出したのね、出したのね、今出したのね、マンコの中にケンちゃんが出したのが当たったアッ、そ、そう、そう、グリグリよっ、もっともっとグリグリしてえっ、あああっ、気持ちいい、気持ちいい、チンポ気持ちいい、チンポが、チンポがあっ・・・・」


    サネトモ君の舌がわたしのマンコのワレメの中を這い回っていました。
    ああ、恥ずかしい・・・・指で思い切りパックリ開かれて・・・・臭くない?・・・・マンコ汁、みっともなく流れ出していない?・・・・アッ、穴までそんなに開いて・・・・ああっ、舌の先が穴の中まで・・・・気持ちいい、恥ずかしいけど気持ちいい・・・・だけど、だけどわたしは舌よりも・・・・舌よりも・・・・チンポが欲しいの・・・・チンポをそこに入れて欲しいのよ・・・・
    あの夜の、すべてが忘れられません。
    でも、心にも、カラダにも一番深く刻みつけられた記憶は、姉のヨガリ声を聞きながら、自分のマンコにその夜の何度目かの指を入れながら、わたしもチンポが欲しいと叫んでいた、わたし自身の心の記憶、わたし自身のマンコの記憶なのです。

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索

    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ■ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    ■チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    ■AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    ■裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    ■アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    ■HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    ■無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    ■素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    ■AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    ■マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    ■フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    ■自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    ■体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    ■人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    ■金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    ■エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<フトン部屋に漂う淫靡なにおいの巻@夜とぎ沈丁235 | ホーム | 柿の木坂の家の巻@夜とぎ沈丁237>>
    1. 2010/12/27(月) 04:03:51|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「心の記憶とマンコの記憶の巻@夜とぎ沈丁236」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    昭和の野生がよみがえるの巻@夜とぎ沈丁80 (2010/04/28)
    びっくりキンタマ男の巻@夜とぎ沈丁49 (2010/01/30)
    公衆便所のセックスは危険がいっぱいの巻@夜とぎ沈丁119 (2010/06/30)
    <<フトン部屋に漂う淫靡なにおいの巻@夜とぎ沈丁235 | ホーム | 柿の木坂の家の巻@夜とぎ沈丁237>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3590-0ad726ff

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close