無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第3位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第4位
 五十路おめこ欲情
「まあ、滑造はん、ホンマに来てくれはったんやね。う......(→続き)
  第5位
 早漏防止スプレー
貴男はパートナーを十分に満足させていますか? 疲......(→続き)
  第6位
 おまんこの舐め方
ママのおまんこの舐め方講座、っていうか、わたしなら......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 ゲートボール老人
ひと月前に掘り上げて棚に並べたサフランの球根は、う......(→続き)
  第9位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第10位
 奥様おまんこセミ
「ねえねえ、夕べ久しぶりにアダルトの新作探しをした......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

ハンミョウが笑った秋の夕まぐれ@スガレ追い(その七)

  • <<スガレをナメて顔はずぶ濡れ@スガレ追い(その六) | ホーム | 女房の紅の色にゃあワケがある@スガレ追い(その八)>>

  • スガレ追い(その七)@方言劇場 山梨県篇

    どうずらか? 今年のスガレはどんな味?あたしのスガレはどんな味?
    おかみさんの腰の使い方ったら、もう俺の鼻と言わず、口と言わず、メチャクチャにオサネをこすりつけて前後に激しく揺さぶったもんだから、しぶきが飛んで目も開けていられん。息もつけないほどに顔中でベベをこすられて、俺はおかみさんの股の間から、フガフガとウメクこんしかできんだっただよ。ベベの毛でこすられて鼻の頭がムケそうだっただよ。

    ああ、もうイケん、ガマンできん、坂上の父さんたら、ほんとに女ったらし、女にこんなに恥ずかしいこんをさせて、ベベをナメながら笑ってるずら?
    いやだわ、もう、父さんたら悪い男だったのねえ。オトコ日照の女を、こんな風にもてあそぶなんて、あたしはもう気が狂いそっちょよ

    ベベで俺の口をふさいでおいて、おかみさんたら言いたいこんを言い放題。
    そいつは違うと言いたかったけんどねぇ、呼吸が困難で頭が真っ白になりかかったとき、おかみさんはやっと顔からベベを離してくれたのずら。

    悪い父さん、スケベな父さん、ねえ、もう、あたしのスガレはしびれちゃいたけんど
    ヌルヌルのベベが顔を離れ、胸を降り、腹を降りていきたずら。きっと俺のカラダには、ナメクジが通った跡みたいな、銀色の線が引かれたに違いねえずら。
    う〜ん、すげぇよ、父さんのマラがツンツンついてくる。でも、それはお尻の穴んぼこ、う〜ん、そこじゃなくて、こっち、こっち、いや〜ん、父さんのマラったら堅くなり過ぎて言うこん聞いてくれないじゃん。・・・・・あっ、そこ、そこよ、いやだあっ、じれったい・・・・

    おかみさんは両腕を俺の首に巻き付けて、マラをベベの穴んぼこでつかまえようとケツをあちこちに動めかしたずら。俺も、両手をおかみさんの背中に回して、マラに手を添えないで下から腰を突き上げていたずらよ。
    なんどもなんども突き上げてから、やっとニュルッとした穴んぼこにマラの先端が落ち着いたのずら。

    ・・・・フン、フン、フン、ああ、やっと。やっとね。
    父さんたら、どうしてそんねんイジワルなの、すぐに入れようと思えば入れられるくせに、そんねんジラしてどうするのよ?
    ああ、でもやっとあてがってくれたのね・・・・
    うわあっ、はまった、はまった、ベベの穴んぼこにマラがはまったじゃん。
    いや〜ん、入って来た、入って来た、マラが入って来たアッ、大きいマラが入って来たアッ、ベベが伸びる、あたしのベベの入り口が伸び切っちゃう〜、うわあ、まだ入る、まだズブズブズブッて入って来てるう、すげぇ、すごすぎ、お腹にズボッてはまったわ

    おかみさん、おかみさんのベベの中はぬくといねえ、おお、締めるわ、締めるわ、たまらんずらあ。
    ちょいと、おかみさん、カラダを離してくれんか?
    俺のマラがおかみさんのオベンチョにはまってるとこを、ジックリ見せてくれんか?

    んまあ、坂上の父さんたら、スケベ過ぎずら。女はオベンチョにマラがはまってるとこを見られるのはも恥ずかしいだけぇらね。
    で、でも、ちょっくら気になるわね、だって父さんのマラったらデカイから、オベンチョの入り口がパンパンに広がってるずらよもん。
    ・・・・ひゃあ、見て、見て、こんなになってるずら。オベンチョが、オベンチョの入り口が、大口開けてビラビラがひしゃげてるじゃん

    おおっ、ホントだ。うわっ、オサネってこんなにでかく膨れるもんなずらねえ。
    これじゃ確かにスガレ並みずら。ほほう、マラの脇から、ジュクジュクっておかみさんのオベンチョ汁が湧き出てるずら。
    うううっ、気持ちイイ、ググッ、ググッてオベンチョが締め付けてくじゃん。オベンチョの中身がマラに絡みついて勝手にグニョグニョ動いてます。
    おかみさん、おかみさんのオベンチョは絶品じゃん。これで腰を使われたら、俺はアッちゅう間にいっちまうずら

    うふん、うふん、なにを弱気なこんをおっしゃるけ、父さんたらよ。
    あたしだって、父さんのマラを入れてもらっただけで、もう半分がたイキかかってるずらよ。ああ気持ちイイ、父さんのマラったら、オベンチョの中でさっきからピクッピクッてオベンチョの気持ちイイとこ直撃ずら。
    ・・・・いやあん、そんねんズコズコ下から突き上げてこないでえ、オベンチョの奥が破れそう。ハア、ハア、ハア、よ、よおし、あたしだって上から腰を使っちゃるけらね。
    フン、フン、フン、フン、・・・・ウワアアアアアッ、気持ちいい、オベンチョがすげえ気持ちいい、オモチャなんかはメじゃねえずら。父さんのマラはバイブより何倍も気持ちいいずらあっ。
    ああっ、初めてずら、初めてずらよ、マラでこんなに気持ちよくなるだけぇ初めてずらよ。
    ううっ、オベンチョがとろけそう、父さんのマラで突かれてオベンチョがトロトロにとろけそう

    俺が突き上げ、おかみさんが突きおろし、オベンチョからはブチュブチュブチュとベベ汁が飛び散るじゃん。
    俺は左手をおかみさんのケツに回して引き寄せて、右手でスガレみたいなオサネをコリコリコリッといじり続けってやったずら。
    オベンチョ汁が飛び散った先に、キラリと光ったのはハンミョウだっただよ。
    ハンミョウのやつ、オベンチョ汁からせっこんで逃げて、ひょこひょこどっかに飛んでいったずら。

    ああ、もうイキそう、ねえ、父さん、あたしをメチャクチャにしてちょうだいね。
    あたしのオベンチョはもう父さんのもんよ。父さんの好きなようにしていいわ。お願い、お願い、トコトン突いて、父さんのやりたい放題いじめてね。
    ウウッ、マラがオベンチョの中で熱いのよ。熱くてオベンチョがとろけるの

    お、おかみさん、もう俺もたまりゃせん、おかみさんのオベンチョが。がと気持ちいいもんだから、俺のキンタマはもうググッと縮んできたずらよ。
    こんなマラでイイのなら、俺のマラなんぞ年中使ってくりょうしよ。このマラはもうおかみさんのもんずらよ。ひねっちょり、締めっちょり、噛みついたってかまやしん。
    ああっ、おかみさん、俺はもう出そうずら。オベンチョの中に出していいずらか?
    こんなに締め付けられては、俺は何だかうんと出そうずら。オベンチョの中につん出すのはなんどぅか気の毒ずら

    なに言うずらよ、好きな男の精液をオベンチョにたっぷりとぶちまけてもらうのを、あたしはずうっと夢見ていたずらよよ。父さんのマラで、あたしのオベンチョの中に、たっぷり放出されるのこんを考えては、今まで一人でオベンチョをいじっていたずらよ。
    あたしの夢をかなえてくりょうし、父さん、あたしももうダメ、もう三つか四つ突いてもらったら、あ〜あ〜っ、もう、もう、オベンチョが溶ける、オベンチョ溶けりゃあ、いってまいますう

    うわあああっ、締まる、締まる、オベンチョが締まる、もうダメ、俺のマラは限界ずら。く〜っ、そ、それなら遠慮無く、おかみさんのオベンチョの中に出させてもろぅけらね、うわああああっ、キンタマ袋からありったけの精を絞り出すずらよッ。おかみさんのオベンチョに、ウウッ、イグッ、イグッ、イグウッ

    俺はオサネをいじっていた右手を抜いて、夢中でおかみさんのケツを両腕で抱きかかえて引き寄せたのずら。
    マラをグリグリグリッと根元までおかみさんのオベンチョにねじ込んで、ドクドクドクドクッとありったけの精を放出したのずら。
    頭の中が真っ白になったじゃん。
    マラを締め付けて、オベンチョは長いこん、ビクン、ビクンと痙攣し続けていたけんど。
    俺とおかみさんは抱き合ったまま、ウマゴヤシの上に横になって、ちょっくりは声も出さずに荒い息がおさまるのを待ったずら。長い時間を待ったずら。

    空の高いところから、トンビの呑気な鳴き声が聞こえるだよ。そのトンビの声が不満そうにモズがギジギジギジとぐずってたずら。

    俺がようやっと体を起こすと、おかみさんも半身を起こして俺の顔をまぶしそうに見つめてきたのずら。
    俺たちは黙って巴のカタチになって、互いのマラとオベンチョをナメ合いたけんど。
    ヌルヌルのオベンチョに口を付けると、おかみさんはピクンッと体を震わせたのずら。
    俺もマラがヌルッとおかみさんの口に入ったときに、一瞬、ビリリッと電気が背中をおっぱしったじゃん。

    ねえ、父さん、さっきの話しはウソじゃないずらね?
    父さんのマラ、これからはあたしのもんにしていいずらね?
    あたしがしたくなったら、父さんに入れてっておねだりしてもいいずらね?

    ウソなんか言うもだけぇ、俺のマラはずうっとおかみさんのもんずらよ。
    俺のこんよりおかみさん、ホントにおかみさんのこのオベンチョが、これから先、ずうっと俺のもんになってくれるだかい?

    おかみさんは返事をするかわりに、マラから口を離して俺の首っ玉に抱きついてきたのずら。

    うれしい、うれしい、こんなあたしのオベンチョを可愛がってもらえっちょんて、ねえ、父さん、あたしのオベンチョはまだしびれてるずらよ。
    すげぇマラじゃん。こんなマラがあたしのもんになっちょんて、夢みたいずら。
    父さんてば、またスガレを追いにここに来ましょ。あたしのスガレは年中待ってるじゃん、父さんのチンポ離さねえずらよ

    身繕いをして、おかみさんはもういっけえ、俺の口を吸いたけんど。
    抱きしめるたら柔らかい乳が俺の胸に波打って、俺は鼻の奥がジインとしたずらよ。
    振り返り、振り返り、おかみさんは一足先に村に帰って行ったずら。
    おれは赤松の木立の向こうに、おかみさんの姿が消えるまで見送ったじゃん。

    ようやっと硬さが無くなったマラをフンドシに包み込んで、俺もゆっくら立ち上がったじゃん。
    なんどぅか腰がふらついて股に力が入らなかったけんどねぇ、覚束ない足取りで山道を降りてくると、俺の足元からハンミョウがフワリと飛び立ちゃあがったずら。
    あれまあ、またしてもハンミョウかい、さっき南斜面にいたやつじゃないずらなと思いながらも、どうしてもこの虫の動きには目を奪われてしもうだよ。

    ハンミョウは背中をキラキラと虹色に光らせて、あいかわらず急に飛んでは止まり、ちょいと飛び上がっては降り立って、まるで俺の足取りに合わせて案内でもしてくれてるよっちょ、はたまた、この俺と鬼ごっこをしたがってるかみてえに、つかず離れず動き回っていたけんどが、そのうちにヒョイと道をそれて右側の切り通しの赤土の崖にフワリと舞い上がったじゃん。
    小岩の上で、ハンミョウのやつ、俺を振り返ってニヤッと笑って、不意にどっかに飛んで行ったずら。ほんとにニタッと笑ったずら。

    俺の背丈ほどの崖の上には、咲いていたカタチのまま茶色に枯れた花を残したアジサイの大株が、道に覆い被さるように枝を広げてたのずら。
    その枝にはコガネグモの大きな網が掛けられていたずらよ。
    秋の日に真横から照らされて、秋空を刻んどぅ細工みてえにクモの糸は金色にピカピカ光ったじゃん。
    その金糸の網に引っかかって、風に揺れてるもんをめっけて、俺は息を呑んで目をむいてまったずら。
    間違いねえずら。間違いようがなかったずら。

    それは俺が山芋の棚で、スガレに食いつかせたササミにくくったミシン糸だっただよ。ヒナ鳥の羽がしっかり結えられてたじゃん。
    赤いミシン糸は金の糸に絡みついて、羽は声を押し殺して身もだえしてるみてえに、繊毛をヒラヒラ風に震わせて揺れ動いていたのずら。

    応援クリックをどうぞよろしくお願いします
    エロの殿堂DTIブログランキング
    あなたの根性注入クリックでエロパワーを下さいねっ・・・・(^_^)v


    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    iphone,ipod touch専用サイト どこでも動

    携帯でもPCでも無修正マニアックマックス1

    携帯モバイル版3Dムービー

    DMM.ADULT モバイル

    DMM.ADULT 大人のおもちゃ通販

    携帯でもライブチャット

    アダルトアフィリエイトPC&モバイルハイブリッドシステム
    携帯アダルトアフィリサイト簡単作成ツール『楽mova君-超速!』
    アダルトアフィリエイト携帯動画ビジネスモバイル配信ASP完全パック
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<スガレをナメて顔はずぶ濡れ@スガレ追い(その六) | ホーム | 女房の紅の色にゃあワケがある@スガレ追い(その八)>>
    1. 2010/11/16(火) 17:15:29|
    2. 方言劇場|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:1
    「ハンミョウが笑った秋の夕まぐれ@スガレ追い(その七)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    女房の紅の色にゃあワケがある@スガレ追い(その八) (2010/11/17)
    男と女はももっちい@スガレ追い(その九) (2010/11/18)
    とことん走れスガレ追い@スガレ追い(その一) (2010/11/10)
    <<スガレをナメて顔はずぶ濡れ@スガレ追い(その六) | ホーム | 女房の紅の色にゃあワケがある@スガレ追い(その八)>>

    コメント

    ☆相互リンクのお願いです

    ■はじめまして♪【さくらんぼの会】の西村と申します。
    はじめまして。セフレサークル【さくらんぼの会】

    広報部担当の西村 麻紀と申します。
    この度は突然のご連絡、大変失礼いたします。
    当サークルでは、メンバーの皆様の活動日記と共に、
    アダルトに興味のあるユーザーの皆様の集客に努めており
    過程でネット上にある優良なサイト様を
    率先してご紹介しております。

    この度、貴サイト様のコンテンツが大変優れたHPであるという印象を受け、
    当HP内にて、誠に勝手ながらご紹介させていただいております。

    逆アクセス紹介URL:
    http://cherry.sny7.net/
    紹介URL:
    http://cherry.sny7.net/blog/
    RSS配信ページ:
    http://cherry.sny7.net/blog/rss/rss.xml

    上記URLにてテキストリンク、RSS共に設置してご紹介させていただいております。
    相互リンク完了の際は、TOPページや画像なども添えて大きくご紹介させていただきますので、
    よろしければ今後とも末永いお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

    セフレサークル【さくらんぼの会】
    広報部担当:西村 麻紀
    連絡先アドレス:cherrycircle_info@yahoo.co.jp
    1. 2010/11/16(火) 17:52:19 |
    2. URL |
    3. 西村 麻紀 #-
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3548-501bdd1e

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close