無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第2位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第3位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第4位
 ばあちゃんのオメ
「おばあちゃ〜ん、おじいちゃんのお弁当届けてくる、......(→続き)
  第5位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第6位
 五十路おめこ不埒
「あはあっ、アンタあっ、たのむさかい、しばらくはカ......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 手まんこ解禁@夜
 手まんこ禁止令をキビしくお達ししていたのですが、......(→続き)
  第9位
 おまんこの舐め方
ママのおまんこの舐め方講座、っていうか、わたしなら......(→続き)
  第10位
 トウモロコシをマ
女の子だったらトウモロコシを一度はマンコに入れてみ......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

吠える男の巻@夜とぎ沈丁180

  • <<うすら笑い少女の巻@夜とぎ沈丁179 | ホーム | 熊の毛むすめの誘惑の巻@夜とぎ沈丁181>>

  • チンポの全体がマンコに納まったところで、さかりちゃんはもう一度息を整えようとしてか、それともマンコの中のチンポの感触をじっくりと味わうためか、薄ら笑いはいつの間にかアイマイに消し去って、鹿爪らしい顔をして股間を覗き込んでいた。
    それからやおら尻を持ち上げて、いよいよピストンをはじめたんだ。
    口からピンクの舌先がチロチロとひらめいて、くちびるをナメた。
    眼付がうつろになって、大きな黒い瞳がうるんでいた。
    マンコに全神経を集中しているのが、見上げている俺にも手に取るようにわかったし、胸に熱いものがこみ上げて来たほどに、さかりちゃんのその仕草がかわいらしく見えたんだ。

    初めのうち、腰の上げ下げはぎこちなかった。
    マンコは強く締めつけて痛いほどで、なんだかチンポが引き抜かれちまうみたいな気がしたんだ。
    だけどマンコの中からはとめどなくヌルヌルが湧いて来てた。
    ヌルヌルの汁がジュブジュブと、まるでマンコの中でほおずきを鳴らしているみたいな音をたてて、ピッタリとチンポを締め付けて密着している穴の周囲の粘膜をふるわせてにじみ出て、俺のチンポをヌラヌラチンポにしたおかげで、さかりちゃんの腰の動きも次第になめらかになってきた。
    俺もチンポの痛みをだんだん感じなくなってきて、カリクビに粘り着くようなマンコの粘膜が上下するたびに、声を出しそうになるほどに気持ちよくなってきてた。

    さかりちゃんがゆっくりと腰を動かしていた時には、サオと穴はニチャリ、ニチャリと音をたてたけど、そのうちにマンコの動きが速まるとクチャクチャクチャという音になって、さらにはジュボジュボジュボ、ついにはギャボギャボとけたたましい音になっていった。ギャボギャボ音の合間に、プシュプシュと粘膜を弾かせてマン屁の音が混じった。
    俺の嫁さんも、よくマン屁が鳴るタチだったけど、嫁さんのはモノホンの屁のようなブブブッという音で、その音が発されるたびに嫁さんは悲鳴を上げて顔をそらせていた。
    だけどさかりちゃんのマン屁は、マンコを上下するが速いせいか、それともマンコの造りの関係か、続けざまに紙鉄砲を発射するみたいな音だった。
    さかりちゃんはマン屁がでても悲鳴なんか上げなかった。
    もう無我夢中で、モノに憑かれちまったみたいにもの凄い速さで腰を上下させていたんだ。

    不意に腰の上下を止めたかと思うと、さかりちゃんは上体を前にグッと倒して小刻みにケツをふるわせた。
    俺のチンポの毛にクリトリスをこすりつけてたんだ。
    半目に閉じた顔を上げケツをふるわせてクリトリスをこすりつけながら「ああああああっ」と、ヨガリ声を漏らしたクチビルは半開きになってヨダレで濡れていた。
    いっとき陶然とした顔つきでクリトリスをこすりつけ、それからハッと我に返ったように再び腰を上下する、そんな繰り返しに俺のチンポはいつ暴発しちまうのかと、もう歯を食いしばってこらえるのが精一杯だった。
    タタミの目を勘定するなんて段じゃなかった。俺は歯を食いしばるばかりじゃダメだと思ったから、自分の両の太ももを自分の指で思いっきりひねり上げて、一秒でも早くさかりちゃんが気をやってくれと祈りたいほどだったんだ。



    その時だ、不意に気が付いた。
    こんなにせっぱ詰まってる時に、どうしてそんなことが思いついたかわからない。
    『おおっ、そ〜ゆ〜ことだったのか』と、俺は口にはしないで心の中で叫んだ。
    俺は男だから、うかつにもそれまでそのことに気が付かなかったんだ。
    だけど、女だったら、とっくに気が付いているはずなのに、嫁さんが口にしなかったのは、なぜだ?なぜなんだ?
    そうだ、女だったら、気が付く人は気が付いているはずだ。
    だけど気が付かない女もいるんだな。きっとそうだな、俺の嫁さんは気づいてないんだろうな。
    いっぺんもそんなことを嫁さんが口にするのを聞いたことがないし、考えてる様子をしたことも、ほのめかしたこともないんだから。
    気が付かない女は、だけど気が利かないからとか、アホだからとかで気づかないというのじゃないんだ。
    早い話が、腰の振り方が下手くそだから気づかないんだ。
    カラダの上で、さかりちゃんが猛烈に腰を振るのを見上げて、俺は男だけど気が付いたんだ。
    歯を食いしばって、太ももをギュウッとつねり上げながら、俺は大発見したような気になった。
    ・・・ってゆ〜か、大発見したようなつもりになった方が、ますます募ってきたチンポの快感を少しでも忘れることが出来るんじゃないかと思ったのかも知れないけど。

    俺が気づいたのは、そもそもニンゲンの男と女の性行為は、こんな風に女が上になってするのが正しいやり方だということだ。
    どうしてかって?
    それはマンコがそんなふうなカタチになってるからだ。
    そうだよね、うん、今、冷静に考えても、そうとしか思えないぞ。
    嫁さんは上になって腰を使うのがヘタクソだったし、正常位がイイと言うものだから、いつも俺が上になってピストンをしてたんだ。
    上になって腰を使いながら、俺にはずうっとボンヤリと気になってたことがあった。
    それは、チンポをズコズコ突き入れながら、こ〜ゆ〜状況で、いつ、どんな風にクリトリスをシゲキしてやったらいいのか、ハッキリしたナットクできるやり方がわからないってことだったんだ。
    そういうわけでピストンの合間に、時々、指先でコチョコチョとクリトリスをナデナデしてやったり、体を前に伸ばしてチンポの毛でスリスリしてやったりしてたんだ。
    ま、俺としては、嫁さんのカラダのこと、しっかり考えながらピストンしてんだからな、ただ漫然とズボズボやってるワケじゃないからな、とゆ〜、こまやかな気遣いをする亭主を演じてたんだ。
    ・・・・みんなの夫婦のセックスってどんなの?

    グググッとチンポの先っぽにせまった快感をムリヤリに押しとどめるために、俺は心の中で叫んでいたぞ。
    『まちがいないぞっ、これからは正常位を騎乗位と呼べ、騎乗位を正常位と呼べっ、こ、これは四十八手に名称を付けたヤツへの挑戦だああアッ』
    俺は、チンポの快感をこらえるために、ひらすら心の中で主張する男になってたんだ。

    男はチンポをマンコの中に出し入れすれば、ただそれだけで気持ちイイ。
    バックで入れればチンポはマンコに正常位より深く入るから、ま、それなりに違いはあるけど、ともかくチンポはこすれば気持ちイイ。
    ようするに、エロい気持ち、エロいコーフンを高めることなどは度外視して、純粋に肉体の快感に限って言えば、チンポにとって体位は何でもあんまり関係ないんだ。
    チンポにとって、マンコに突き入れる角度とかなんだとかは、たいして重要じゃないんだ。
    だってセンズリをする時に、快感を高めるためにチンポの角度を変えたりしないよね。そうでしょ?
    たいていはサオをこするか、せいぜいカリクビをニギニギ、え〜と、それからごく特殊な趣味でケツの穴をいじっちゃうのかな。
    俺の嫁さんはマンズリするときケツの穴もいじるって言ってたけど、アリノトワタリに響く感じが好きみたい。
    ま、フツー、男はひたすらコスれば発射しちゃうよね、そ〜ゆ〜ことだよね。

    だけどマンコは、違うみたい、角度も、深さ浅さも重要だし、その上にクリトリスまであるんだぞおっ。男にどうしろって言うんだよ、イイ加減にしろおっ。
    それならだ、最初からマンコの使い方は女の方にまかせりゃいいじゃないの。
    その方が男にとっては、安心していられるよ。
    女の方だって、マンコの中の当てたいところにチンポが当たるように自分で腰を使えるし、クリトリスにシゲキが欲しければ、さかりちゃんみたいに自由自在じゃんかよ。
    ど〜なんだよ、俺の言ってること、間違ってるかアッ。
    男にとっても、女にとっても一番気持ちよくなりやすい体位こそ、正常位と呼ぶべきじゃないのかよ。
    ど、ど〜なんだよ、誠意のある解答をして見せろよおっ。

    ・・・・俺は吠えたぞ、心の中で吠えた。
    四十八手の名前を付けたヤツをバーチャルエネミーに仕立てて、思う存分ワメキ散らしたぞ。
    吠える野獣になって、そして・・・・つ、つい、太ももをツネってた指先から力が抜けちゃったの。
    チンポの快感をこらえようと、あんまり深く物思いにふけっちゃったら、こんなどんでん返しが待ってたの。不覚だった。
    アアアッと、我に返って指に力を込めなおした、その時だ。
    チンポに感じたその感触、根元からカリの先端に向かって、ハミガキのチューブを絞り出すような締め付けとともに、さかりちゃんの甲高い悲鳴が起きたんだ。

    「マ、マンコ溶けちゃうよ〜、イグッ、イグ、イグ、イグッ、イッチャウヨ〜ッ」

    俺は夢中でさかりちゃんのケツに手を回して力任せにグイッと引き寄せて、チンポを根元までマンコの底にねじ込んだ。
    キンタマ袋が炸裂した。尿道を火の玉が貫いた。沸騰したみたいに熱いザーメンを俺はウナリ声を上げてブッ放していた。
    ドクドクドクッと出た、いつまでも出た。灼けつくような快感と痛みは背筋を突っ走って、頭の先からチンポの先まで、俺は全身を火だるまにくるみ込まれたんだ。

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    人気サイト比較  無修正コレクション  サイト比較NAVI
    サイトの人気順     動画の人気順     アダルト検索
    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<うすら笑い少女の巻@夜とぎ沈丁179 | ホーム | 熊の毛むすめの誘惑の巻@夜とぎ沈丁181>>
    1. 2010/10/16(土) 14:17:26|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:1
    「吠える男の巻@夜とぎ沈丁180」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    駅弁ファックレース号砲一発の巻@夜とぎ沈丁68 (2010/04/10)
    昭和の野生がよみがえるの巻@夜とぎ沈丁80 (2010/04/28)
    五十路おめこ不埒篇@夜とぎ沈丁54 (2010/03/02)
    <<うすら笑い少女の巻@夜とぎ沈丁179 | ホーム | 熊の毛むすめの誘惑の巻@夜とぎ沈丁181>>

    コメント

    秘密のコメント

    ブログ管理人への秘密コメントです
    1. 2010/10/18(月) 12:57:04 |
    2. |
    3. #
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3523-dc5c30b9

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close