無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第4位
 男もヨガるアナル
「ひゃあ〜、すてきやわあ。  今日は無理かもしれ......(→続き)
  第5位
 春の野山でチンポ
「ひゃあ〜、滑造さんじゃありませんか〜、あは〜ん、......(→続き)
  第6位
 毛が無いから穴の
毛のない女の子は好きですか? わたしはオマンコの毛......(→続き)
  第7位
 No.63 楓
作品名 No.63 楓 鬼畜たちが遊んでいたクラブ......(→続き)
  第8位
 盗視・クモも呆れ
母はチンポをお尻の穴に入れたまま、投げ出された叔父......(→続き)
  第9位
 黒い水晶の巻@夜
「オウメの手で無理やりにマンコに入ったカリクビだけ......(→続き)
  第10位
 義理の息子のムス
娘のダンナに手を出すお母さんのマンコは使い込まれて......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

思い出の親子丼は大盛りでしたの巻@夜とぎ沈丁109

  • <<純喫茶「おなぼうず」の名古屋人マスターの巻@夜とぎ沈丁108 | ホーム | 空振りの夜です>>

  • 「男っちゅうもんは不思議なもんだ。いやいや、オナゴの道具ちゅうもんこそ不思議なもんだ。
    ワシャあ、オウメと最初のオメコをした時には、毛が生えていないワレメに物足りんような気がしたもんだけど、いつしかそれが普通になっちまっていたはずなのによ。
    オウメのおっかさんの毛がモジャモジャ生えた当たり前の大人の女のマンコを見た途端によ、エゲツないみたいに赤黒くなったビラビラが、途方もない長さでワレメから垂れ下がってるとこを見たその瞬間によ、オウメのオメコに突っ込んでいたオノレのチンポが、ひときわググッと硬くなって、反り返るほどになっちまったのよ。

    オウメもそいつを感じたらしくて、ひょいと頭を上げてワシを見て、ワシが何を見てチンポを反り返らせたのかに気がついた風だった。
    ワシャあ、あの時のオウメの目の光り方を今でも覚えとるがよ。
    チンポをへし折られるんじゃねえかと思ったほどに、オウメはマンコをギュウウウッと締めつけてきやがった。
    ワシャあ、アワ喰って、目を堅く閉じて、おっかさんの毛マンコを見ねえようにしてから、必死で腰を使ってチンポの出し入れをしたっつうわけだわ。

    滑造よ、オメエますます顔色が悪くなってきてるがな。
    やっぱ体の調子が悪いんじゃねえのかよ? ワシの話しを聞いてるのかあ?
    はあ? それからどうしたっつうのかい、その先も聞きてえのかい、ほんとかよ?
    それからったって、その時はもうアッという間にオウメの強力なマンコの締め付けにイカされちまってよ。
    チンポ汁がマンコからあふれ出るのを感じると、オウメはブウブウ鼻を鳴らしてジレまくったよ。
    おっかさんも、マンコの穴に入れてた指を動かすのを止めてビックリしてた。

    『おんや、兄ちゃんたら、もう終わっちまったのかい。
    ありゃあ、でかい立派なチンポだけど持ちはそんなに良くないのかね〜。
    ま、もっともっとマンコをし続けりゃあ、男の持ちなんて長くなるものだからさ〜、せいぜいオウメを可愛がってやっとくれ。
    あたしゃあ、今ごろになってやっとマンコの中がヌルヌルしたばかりだからさあ、もう少しマンコいじりさせてもらうよ』

    おっかさんは、オウメのマンコの中でワシのチンポが妙な具合になったことに気づかないもんだから、のんきにそう言ってマンコをいじり続けたけど、オウメはすっかり機嫌を悪くしちまって鼻を鳴らすのを止めねえものだから、ワシは必死こいて抜かずの二発目にとりかかったよ。
    それも目の前のおっかさんのパックリ開いた毛マンコを見ねえようにして、柔らかくなる前にもう一度チンポを反り返らせるために、オウメの体の上にがパッと身を寄せて、必死で腰を使ったんだ。
    口を吸ってやったら、オウメはやっと鼻を鳴らすのを止めてくれたよ。

    オウメのマンコの中でチンポがもう一度力を取り戻してきたから、ようやくいつものオメコの心持ちになってきたわな。
    ワシャあ必死になって、わざとオウメのマンコからジュボジュボジュボと音が立つように大腰を使ってやったわ。
    オウメもやっと気をやれそうになったらしくて、いつもより派手にヨガリ声を上げたけど、ありゃあゼッタイにおっかさんに聞かせるためだったろうぜ。
    ワシもオウメの機嫌をとるようにして、いつもよりでかい声で、チンポが気持ちイイ、マンコが気持ちイイとわめきちらしてやったよ。
    やっぱ、おっかさんと娘にもヤキモチの気持ちはあるもんだなあ。
    うんにゃ、おっかさんと娘だからこそ張り合うものなのだなあ。
    そこまで腰を使って、やっとこさ自信が戻ってきて、首尾良くオウメに気をやらた時には、つくづくホッとして、今度こそ大いばりで二回目の男の精をオメコの一番奥に放出してやったのよ。

    オウメはチンポ汁とマンコ汁が混ざって、白い泡みたいになった汁がマンコからあふれるとこを、おっかさんに見せつけるようにちょいと腰をひねったもんだよ。
    ワシとオウメがそれから抜かずの三発目にすぐさま取りかかった。
    ワシらが立て続けに気をやるのを見て、おっかさんのマンコいじりも拍車がかかってよ、さっきのチンポとマンコのジュボジュボっつう音に対抗するみたいに、クチャクチャクチャクチャものすごい音を発てて手を動かしていたけど、これまた程なくして喉が裂けそうなうなり声を上げて気をやったよ。

    気をやって、おっかさんはしばらく大の字になって下腹をヒクヒクひくつかせていたけど、やおら起きあがったかと思うと、ワシらの方に身を投げ出すみたいにして、もうピッタンコにはまりこんでジュボジュボやってるチンポとマンコの出し入れ口をナメナメしてくれたのにはぶったまげたなあ。
    いやはや、オウメのマンコにハマリ込んでいるワシのチンポの根元を指を輪にして握りしめて、顔をねじ込むようにしてオウメのオサネをペロペロ、そうかと思うと、指の腹でオウメのオサネをスリスリしながら、チンポの根元に舌先を絡めつけてきやがった。
    そのうちにチンポとマンコをメチャクチャになめまわしながら、両の手をワシとオウメのケツに伸ばして、あろうことかよ、ケツの穴に指を入れて来なさったぞ。

    ワシとオウメはいっしょになって、大声で叫びながら腰を使いまくったわい。
    おっかさんと三つどもえになって、ワシは今までやったことがない、とてつもないオメコを始めちゃったような空恐ろしいような気がしたけど、いかんせん、ケツの穴の中の指はクネクネと動き回って、いやもう気持ちイイったらありゃあせん。
    それはオウメも同じだったみたいで、マンコの締まりもグウンと強まるのが感じられたし、マンコの奥からドドッとカタマリみたいになってマンコ汁のドロドロのヤツがあふれてくるのも感じられたよ。

    ワシとオウメは、もうヨガリ声だのウナリ声だのじゃなくなって、ワンワンワンとガキが大泣きするみたいに泣き叫んでいたよ。
    あんだけ気持ちよくなると、男も女も手ばなしで大声で泣き出すもんだと、その時に知ったわな。
    チンポを突き入れるたんびに、オウメの体は海老みたいにビクンビクンと体が反り返ってマンコはギュギュッと締め付ける、ションベンはピュピュッとはじき飛ぶで、おっかさんの顔もベトベトなんだけど、ナメナメとケツの穴のクネクネいじりは止めようとしなかった。
    ワシとオウメは断末魔みたいに泣きわめきながら気をやったよ。

    ドックンドックンとオウメのマンコの中に三回目の射精しながら、ワシはもう自分の体を持ちこたえられんかった。
    オウメの上に折り重なるみたいに倒れこんじまったわな。
    頭の中が真っ白になっちまって、一瞬、気を失なっちまったのかも知れないなあ。
    どれほどかしてから、ゆるゆると頭の中に血が流れ戻ってきたみたいで、気がつくとオウメはワシの耳をカミカミしながら、そおっとささやいてたんだ。

    『兄ちゃん、マンコの中のチンポが柔らかくなる前に、母ちゃんのマンコにこれを入れてやってちょうだいな』

    ワシャあ耳を疑ってオウメの目を覗き込んだら、オウメの目はなんだか、すごいような光り方をしてワシを見返していたよ。
    その時、なんだかワシャあ闘犬になったような気がしたもんだ。
    オウメにけしかけられた闘犬になっちまった。
    オウメがワシのケツをキュッとひねり上げたのは、闘犬をけしかけるムチの一振りだったな。
    ワシははじかれたみたいに体を起こして、まだ硬さが残っていたチンポをズボリッとオウメのマンコから引き抜いてたよ。
    そのまま、おっかさんを仰向けにひっくり返して、両の脚を持ってガバリと開いてから、チンポの先でケツの穴のあたりからオサネまでを一気にヌラ〜ッとこすりあげてやったわ。
    おっかさんの喉の奥からヒュ〜、ヒュ〜という風のような音がしたわ。

    立て続けに、同じようにヌラ〜ッ、ヌラ〜ッ、ヌラ〜りとコスリ続けていたら、赤黒いおっかさんのビラビラの奥から、たちまち白いノリみたいに粘りけのあるマンコ汁が盛り上がるようにわき出してきて、そいつを見届けておいて、ワシは夢中でマンコの穴にチンポをぶち込んでいたわ。
    あんまり勢い込んでぶち込んだものだから、マンコの穴からブチュ〜ッと音を発てて、マンコ汁がシブキになって飛び散ったよ。
    おっかさんは悲鳴を上げて、ワシの体にしがみついてきた。

    ワシのチンポがおっかさんのマンコの中に根元まで収まったのを見て、オウメはワシの首にしがみついているおっかさんの腕をかいくぐるようにして頭を突っ込んできた。
    今までおっかさんがしてくれたと同じことを、今度はオウメがやろうとしてたんだ。
    またまた、おっかさんは悲鳴を上げたけど、ワシは何でなのかビックリしなかったな。
    オウメの目を覗き込んだ時、こうしてくることはわかってたような気がしたな。
    ためらいも何もなかったよ、オウメはおっかさんのモジャモジャのマンコの毛にアゴをこすりつけるようにして、チンポがハマリ込んでいるマンコをナメナメしに取りかかったのだ。

    おっかさんが三度目の悲鳴を上げたとき、オウメの指がワシのケツの穴の潜り込んできたから、向こうに伸ばしたオウメの手の指もしっかりとおっかさんのケツの穴を探り当てた時だとわかったよ。
    オウメは吸い付くようにして、おっかさんのオサネを舌の先っぽで転がしているようだった。
    ワシは、オウメのホッペを挟み込むようにしてゆっくりとチンポを出し入れしてやった。
    久しぶりにする毛の生えたオマンコだったけど、オウメのマンコの締め付けになれたチンポには、ビックリするほどにユルユルに感じられたよ。
    しばらく三人でそのままの格好で、チンポを出し入れしていたけど、村の母ちゃん達が浮気のオメコでは誰もがするようには、おっかさんはワシのチンポの突き入れに合わせて、腰を動かしてこようとしなかったな。
    もう、とっくにおっかさんは、それどころじゃないぐらいにマンコが良くて良くてたまらなくなっていたんだな。
    腰を使いながら、これも黒ずんだ乳首を指先でコリコリしてやると、おっかさんは声にならない声を上げて、首を激しく左右に振ってたよ。
    もう、何回かチンポを突き入れたら、おっかさんは気をやるに違いないと思った時、ふとオウメは顔を上げてニコッと笑いやがった。

    『兄ちゃん、母ちゃんのマンコの毛に、兄ちゃんのチンポの毛をこすりつけてあげて。
    兄ちゃんのチンポの毛でオサネをこすったら、もうすぐに母ちゃんは気をやれそうだもん』

    ワシャあ内心で舌を巻きながら、オウメの言うとおりチンポの毛で、オサネもろともにマンコの毛をジャリジャリとコスリ、コネまわしてやった。
    オウメの指先がケツの穴の中に、届くかぎりの奥底に押し込まれて、腸の粘膜をヌラヌラとこすりあげた瞬間、おっかさんは太々としたションベンをジョワ〜ッとほとばしらせて、そいつがワシのヘソの下にジャワジャワとぶちあたってシブキを散らしたわ。

    その時だわ、オウメのマンコのキュウッという鋭い力でのカリクビへの締め付けとは別の、そうだなあ、チンポの根元から先っぽにわたって粘り着くような、ケイレンで震えまくった締め付けがチンポに感じられて、ワシの首に巻いていたおっかさんの手から力が抜けてったよ。
    久しぶりの、本当に久しぶりの、オウメ以外の大人の女のマンコが気をやる時のケイレンを味わってから、ワシもコンシンの力を振り絞ってキンタマの袋の底に残っていた男の精を吐き散らしたのだわ。

    おい、滑造、おめえ顔から脂汗が出てるでよ。
    エッ? それからどうしたって、まだ聞きたいのかよ。
    はあ、それがなあ、あんなに惚れ込んだオウメだったし、オウメだってあの時はワシに夢中だったと思うのだがなあ、オウメのマンコに毛が生えだして、そいつが立派に黒々となってきたなと思ったころから、あいつは何となくワシを避けるようになっちまってよ。

    ちょうどそのころ、ワシにも親方から嫁の世話をされちまって、なんとなく所帯をもっちまった。
    そんなにアッサリとオウメをあきらめることができたのかと思うかも知れないがな、オウメと盛んにオメコをしていた時から、ワシャあ、このオンナはワシのチンポ一本で満足できる女でないことはうすうす気がついていたんだよ。
    ワシを避けるようになったころ、オウメのヤツ、ワシよりもでかいチンポの男とウワサのある男を、次から次へと食い始めとると聴きもしたしなあ。

    ま、実を言えば、何となく別れちまったとは言うものの、それ以後もオウメとも、オウメのおっかさんとも、タマあにゃあ思い出したみたいにオメコをしてはいたんだよ。

    未練がないかと言われれば、無いとは言いにくいところだが、ま、こうして今まで生きてこれたのも、もしかしたらオウメのマンコから遠ざかったからかも知れないし、何とも言いようもない気がするなあ、今となってはよ。
    それぐらいオウメのマンコは、マンコの中でも別物だったよ。

    うわあああっ、ど、どうしたよ、滑造っ、しっかりしろよお。
    エッ? なんだよ、メマイがしたっつうのかよ、おい、おめえこれからまっすぐ帰ってよ、文子さんにお粥でもこしらえてもらって横になったらどうだい。
    あ、そうそう、マンコは今日のおめえには毒だから、文子さんには今夜はガマンしてもらうんだぞ」

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    人気サイト比較  無修正コレクション  サイト比較NAVI
    サイトの人気順     動画の人気順     アダルト検索
    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<純喫茶「おなぼうず」の名古屋人マスターの巻@夜とぎ沈丁108 | ホーム | 空振りの夜です>>
    1. 2010/06/06(日) 17:08:52|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「思い出の親子丼は大盛りでしたの巻@夜とぎ沈丁109」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    祭ばやしの記憶の巻@夜とぎ沈丁216 (2010/12/07)
    純情まんこ物語の巻@夜とぎ沈丁139 (2010/07/23)
    村長さんの二枚舌クンニの巻@夜とぎ沈丁61 (2010/03/26)
    <<純喫茶「おなぼうず」の名古屋人マスターの巻@夜とぎ沈丁108 | ホーム | 空振りの夜です>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3441-051812ab

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close