無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第4位
 盗視・クモも呆れ
母はチンポをお尻の穴に入れたまま、投げ出された叔父......(→続き)
  第5位
 連休はお座敷スト
和食がユ●スコの文化遺産に指定された経緯には、ワカ......(→続き)
  第6位
 パイパンで綺麗な
作品名 パイパンで綺麗なオッパイ パイパンDEスケ......(→続き)
  第7位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第8位
 おまんこの舐め方
ママのおまんこの舐め方講座、っていうか、わたしなら......(→続き)
  第9位
 実況中継・ただ今
オマンコをジックリ見たい方のためにお届けします。 ......(→続き)
  第10位
 BBクリーム
Dr.pharm BB cream (ライトベージ......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

五十路おめこ欲情篇@夜とぎ沈丁53

  • <<手作りチョコ哀歌の巻@夜とぎ沈丁52 | ホーム | 五十路おめこ不埒篇@夜とぎ沈丁54>>

  • 「まあ、滑造はん、ホンマに来てくれはったんやね。う、うれしいわあ」

    「あははははっ、なんやら照れくそうおますけど、奥さんのことが忘れられんもんやったさかい。
     それになんでっせ、エヘッ、バレンタインのチョコなんてものを贈ってもろたりして、てへへへへ、仕事場のみんなに冷やかされてもうたわ・・・」

    「んまあ、ご、ご迷惑ではありまへんかったやろか、冷やかされたやなんて」

    「わははははあっ、迷惑やなんてとんでもありまへん。
     なにしろジイサマとバアサマと、それに遠慮のない若い者が寄り集まっての仕事場やさかい、みんな口さがないのんや。
     文子はんのチョコには、照れくさかったけどホンマは鼻高々になってもうたわ」

    「うふっ、鼻高々やなんて・・・でも、それを聞いてウチもごっつう嬉しいわ。
     あの夜から、ウチ・・・滑造はんの・・・アレが忘られんようになってもうて
     あらっ、ウチったらノボセてもうて、こないなトコで、こないなお話をはじめてもうたりして。
     さあ、さあ、さあっ、上がっておくんなはれ。
     おばはんの一人暮らしの部屋で、お若い方のお部屋みたいに華やかでもええ匂いもしまへんけど・・・うふっ。
     ねえ、滑造はん、あんはん、ちびっと先だってより、おやつれになりよったのやおまへんか?」

    「あはははっ、実はここんとこ仕事が忙しかったもんやさかい、さっき、やっとこさそいつの片が付いたばかりなんでおま。
     てへへへっ、おやつれになりよったのかいって・・・たはははっ・・・
     ほんまのこと申し上げるとねえ、文子はん、ワシ、あの夜のことが忘れられんとやねえ、毎夜、フトンに入っちゃあ、あんたとのことを思い出して、・・・
     よろしいでっか、笑わんといておくれや・・・なかなか眠れん夜がつづいてしもて、目が落ちくぼんでしもたんよ。
     わはははっ、夕べなんざあ、あまりにもお前はんが恋しくてなあ。
     ガキのころを思い出してチンポを引っ張り出してシゴイてみたんやけど・・・・
     ふと、ああ、こないなんやダメやなあ、やっぱ、文子はんに、もういっぺん会わにゃなあって、あやういとこで男の精をムダ打ちするんを押しとどめたってワケなんよ、がははは、笑わんといてや」

    「・・・・んまあ、う、うれしいわあ、ウチのことをそないに思って頂いたやなんて。
     でも、でも、ウチの方かて滑造はんのことを、もう朝も、お昼も、夜になっても・・・
     あの・・・恥ずかしいのんやけど、滑造はんに、そないなにハッキリおっしゃってもろたから、ウチも申し上げまんねんけど・・・
     ウチ・・・ウチはガマンがでけしまへんでしたの
     夜、お布団に入ってから・・・あああ・・・恥ずかしいわ・・・あんはんの・・・アレを思い出して・・・自分でアソコを慰めてしもたのよ。
     ああっ、こないな事をお話しして、ウチのことをキラいにならへんやろか。
     こないな淫乱なことをしてしもたウチを、キラいにならんといてちょうだいねっ」

    「・・・キラいにならんといてって、あほかいな、それを聞いてキラいになるデクノボウがどこにおるもんかいな、文子はん。
     ワシはウレシ〜よ、胸のここんとこが、なんやら知らんけど泣きたいみたいな心持ちがするほどウレシ〜よお」

    「ホンマ、ホンマにキラいにならへん?
     ・・・あれえ、まあ、あたしったら、まだお見えになりよったばかりなのに、こないなお話をしてしもて。
     まだお茶もさしあげんうちから、こないな事をしゃべったりして。
     かんにんしとくんなはれ、すぐにお茶を用意しますさかい」

    「お茶なんやらよろしがな、お茶なんかワシは飲みとうおまへんがな。
     ワシの飲みたいのは、ああ、文子はん、お前はんのツバキやで。
     お前はんの口を吸わせとくんなはれ、乱暴なヤツやなんと言わんといてな」

    「あはあっ、滑造はん、・・・・・・・・・・」

    「ああ、甘い、甘くてええ匂いやわあ、文子はんの口の中は甘くてイイ匂いがしまんねんなあ」

    「あはっ・・・イタい・・・ブラのワイヤーが、滑造はん、痛いの」

    「おおおおっ、わ、悪かった、悪かった、おおおおっ、着物のしたにブラジャーをしとったんやね。
     す、すんまへん、ワシ、女の人の下着やらあんまり知らんもんやさかい」

    「うふん、うふん、いや〜ん・・・ほんまですか、そらそ〜でしょなあ、どうせ滑造はんがこれまで遊んだお若い方は、ご自分でブラをサッと外したからやろ?」

    「ワアッ、な、何をおっしゃいますねんや、文子はんってばあ、そ、そ〜だあ、ワシについて村の母ちゃん連中が何とか言っとるみたいやけど、ワシが若い女の肌に触れたのは去年の御菜似神社の節分会の豆まきが最初で最後やで。
     ・・・それも、若いむすめッ子にチョンチョンとからかわれただけなんやでえ。
     あああああ、文子さあん、信じてくんなはれ、ワシは一途な男でおま。
     お前はんちう人を知ったからには、もうどないな女あそびもゼッタイにしまへん。
     ね、ね、ね、信じてくんなはれ、おたのんもうします」

    「んまあ、滑造はんたら、目に涙をためたりして・・・あああ・・・ウチの方こそカンニンな、そないなに本気でウチのことを思って頂いとるなんて。
     あんまりあんさんに会いとうて、それがやっとこうして叶ったもんやさかい、つ、ついイケズなことを言うてみたかったんやわ、かんにんしてな、滑造はん」

    「おお、ワシは誓いまっせ、ワシはずうっと前から、ホントは文子はん、お前はんとなんとか話しを交わしあってみたいと思い続けとったんやで。
     せやからこないだの御菜似神社の節分会の豆まきは、ワシにとっては夢のような出来事やったんや。
     ・・・・おおおおっ・・・・き、きれいやなあ・・・
     お前はんのこのおっぱいの形と言ったら、おおっ、乳首がツンツンってワシの方を見上げとるやあないか。
     それにこの肌触りのええこと、指の腹にお乳のふくらみが吸い付いてくるみたいやで」

    「あはあっ、滑造はん・・・・アハアッ、か、噛んでくれへんか、文子のおっぱいを噛んでちょ〜だいな。
     あんはんのことを疑ったりした文子にお仕置きをしてくんなはれ?
     乳首の先をあんはんの歯で噛んで、噛んで、噛んでちょ〜だいな。
     あはあああああ〜〜っ、気、気持ちええ、もっともっと、コリコリコリ噛んでっ、もっと強お噛んでくれへんかあ。
     あは〜ん、だ、だめえ、お乳を噛みながら髪をまさぐるんやもん・・・・
     な、なんで文子の感じるトコをご存じやの?
     文子、髪をそないな風にそっとそっと撫でられると・・・ああ、ああ、あああ〜。
     ・・・・アハッ・・・もうイジワルなんやわ、滑造はんたら。
     今度はウチが噛んであげまんねんわ。
     うふっ、滑造はんの胸って厚くて広くてリッパ。
     ほらあ、滑造はんのお乳、チロチロチロチロチロ・・・・ウフッ、どないやろ?
     ・・・・うわあっ、ズボンを通して、いきなり文子の大事なトコを突き上げるんやもの、ずるうおます。
     ・・・ねえ、ズボンをおとりになって・・・・んまあ、モッコリ・・・パンツ破れそうやわ、滑造はん」

    「う〜ん、ふ、文子はん、文子はんの舌がワシの乳の上で震えて・・・あは〜ん・・・ワシ、こないな感覚初めてやで〜」

    「まあっ、奥様や若いお嬢様とかは滑造はんのお乳をナメなかったちうんやろか?」

    「あはっ、乳はナメるもんでナメられるもんとは知らなんだわ〜。
     うわ〜〜〜っ、ふ、文子はん、気持ちええよ、チンポも、チンポも。
     こ、こりゃたまらんわ〜、乳をチロチロなめられながらチンポを握られたらたまらんわ〜」

    「うふっ、とってもオッキイ・・・。
     ああっ、やっぱ、えらく大きいわあ、カリクビんとこウチの指で握って届きまへん。
     滑造はん、どうぞ目をつむっておくんなはれ、おねがい、目を堅く閉じておくんなはれや。
     ええやろか、決して目を開けてはいけまへんよ・・・・うふっ・・・」

    「・・・・???・・・・う、うわ〜〜〜いっ・・・・そ、それって、ひょっとして文子はん、ワシのチンポのさきっちょを、たはははは、ヌルヌルするのは舌やないのんか」

    「もう、文子はんって言うのんはやめとくなはれ、文子って呼び捨てにしてくれへんか、オ・ネ・ガ・イ。
     そのかわりウチも滑造はんのこと、アンタって呼ばせておくんなはれ、ね?
     ・・・ねえ、アンタ・・・これ、どない?ええでしょ?」

    「あはははあ、ふ、文子でええのかい・・・ううん・・・文子かあ、・・・えへへ、なんやら夫婦になって床入りしとる気分になりまんねんわあ。
     おおおおっ、ふ、文子お、お前、そないな、あれえ、な、なにをしとるんやあ?
     すまない、目を開けちゃうよ、見ちゃうよ・・・ええい、目を開けるぞおっ。
     あはあっ、文子お、お前ったらワシのチンポくわえとるやあないかあっ

    「きゃあっ、いや〜ん、見ないでエッ、アンタに見られると文子恥ずかしいわ。
     文子、あんはんのチンポを口に入れとるトコを見られるのは恥ずかしいわあ。
     いや〜ん、イ・ジ・ワ・ル・ウ・・・見ちゃあいけんってお願いしたのにい、もう、文子は怒りまんがな・・・ほらあ、お乳をコリコリされたお返しやで、オチンポをコリコリ噛んでまうわよ」

    「おおおっ、カリクビをそないなに甘噛みするとは・・・たはははは、文子おっ、お前ってやつは、そうとうに男のカラダを知っとるね〜

    「んまあ、どうしてそないなイジワルなことをおっしゃるの?
     ・・・そりゃあ、ウチかて、生身の女やんか、なあアンタ?
     えらいカラダがうずいて、これまで何度かオトコの方にカラダを預けたことはおまんねんわ・・・エエ、あるんやわあ・・・こうなりよったら、もう、なあんもかもアンタに打ち明けて言いまんねんわ。
     夫に死に別れてから、これまでに3度ばかりオトコの方に身をまかせたことがおまんねんわ。
     でも、ほんでも、信じておくんなはれや、アンタあ、どなたにもいっぺんたりとも満足をさせて頂いたことはございまへん。
     あの御菜似神社の節分会の豆まきに、アンタに女のよろこびを教えてもらうまで・・・エエ、ほんまでっせ、亡くなりよった主人には申し訳おまへんけど、主人もウチのカラダを満足はさせてはくれなかったんや。
     アンタの、あの御菜似神社の節分会の豆まきのアレが、ウチがずうっと夢見とったエクスタシーやったんよ。
     ・・・・アハッ・・・もうイジワル・・・・こないなハズカシイことを女のウチの口からしゃべらすなんてえ・・・」

    「うわアッ、イテテテッ、痛いけど気持ちええ・・・そ、そないやったんか・・・文子、ほんで、ほんで、どなたはんにも満足させてもらえなかったとき、お前はどないしたのんかいなあ?」

    「んもう、いや〜ん・・・・アンタってば、どうしてそないにイジワルやの?
     はあはあはあ、そ、そうやねえ、ほんでもここまでお話ししたんやから、すっかりお話ししまんねんわ。
     どなたにも文子のカラダは満足させることがでけへんのだと知ってからは、ウチ、ウチ・・・・娘の時分を思い出しまして・・・・自分で自分を慰めて生きてきたのんやわ。
     ・・・長い、長い間、ずう〜っと、自分で自分を慰めてきたんやわあ・・・」

    「ハアハアハア、そ、それは、いったいどないして慰めたんや、文子や・・・」

    「うっふん、もうホンマにイケズなことばっか聞くんやからあ。
     ・・・で、でも、アンタには知って欲しいわ・・・そ、そう、こないな風に・・・こないな具合にここをいじって・・・ほんで、ほんで、ここと、ここと、ここもこうして・・・・ああっ、いや〜ん・・・ほんで、ここに、こうしたちうワケやわ・・・あハア、アンタあ、見て、見て、見てえ・・・。
     文子はみだらな女や、ここにこないな事までやったちうワケやわ、ぜえんぶ見てくださ〜い・・・」

    「おおおおおっ、そ、そ、そ〜か〜、そうやったのかあ・・・・おおおっ、そうして、こうして指を入れたり出したり・・・よしよしよし、文子や、もうええよ、その指を抜きなはれ。
     その中にズブリと差し込んどる指を抜きなはれ。
     おお、とっぷりと濡れとるやんか、指先が

     よしよしよし、ワシがその指をキレイにしてあげまっせ、ほれえ」

    「あれえっ、い、いや〜ん、アンタったらあ、い、いけまへんわ。
     あきまへん、あきまへん、女の汚れがついた指やもの。
     あはあっ、ハズカシイ、いややわ、そ、そないに汚れた指をお口に入れるなんて。
     きゃあ〜、気、気持ちええ・・・ど、どないしたん?
     ・・あはあ、文子がオメコに入れた指の股を、そないになめはるなんて・・・汚れてまんのやわ、その指は・・・
     でも、でも、でも、えらい気持ちええわ、指をナメられるのがこないなに気持ちがええなんて・・・あはあっ、指の股をチロチロチロとされるのが気持ちええわあっ」

    「文子お、おまはん、えろう感じやすいカラダやねえ。
     さっき髪をいじったばかりで、あんだけ乱れたから、よもやとは思いましたけどな、、おおおお〜っ、お前のカラダの感じやすさがいとおしいよおっ。
     ははあ、手の指の股が、そないに気持ちええのかい?
     そ、それならあんよの指ならどうなるんやろかいなあ?」

    「・・・・・???・・・・うわあああっ、し、しんじられまへ〜ん。
     足の指をお口に含むなんてえ、女の汚れがついた手の指よりも、き、きっちゃないわ、もったいないわあ、アンタあ、足の指なんかをお口に入れてはあきまへ〜ん・・・うわああああっ、で、でも気持ちええ・・・こないに気持ちいいとこがあったなんてえ・・・
     キャッ、いやあ、両脚をそないに開かせるなんてむごいですう。
     だ、だめえ、ここを見ちゃあ、あきまへん」

    「アハッ、ほんでも指の間からちらちら黒いものと桃色のものが見えとるよ、文子。
     それにしてもお前の肌のしっとりぐあいは、ホンマにワシの指に吸い付いてくるみたいやで。
     このふくらはぎのタプタプとした感触といい、この太股の内側の脂ののりと言い、むむ、このお尻のピチッとした張り具合と言い、なんてええ手触りなんだあ。
     まるでオイルを染みこませたカーフみたいな手触りだよ、ああよろしいなあ」

    「あはあッ、アンタあ、そないなふうに足の指をなめながら指先を這わせられたら、ウチの背中に電流が走るんやわあ。
     いやあん、そないなトコまでササーっとアリが走るようなさわり方をされまんねんと、気が変になりそうわあっ。
     んもう、アンタの方こそ女のカラダのことを、よう知っとるやおまへんか。
     こないな撫でられ方で、脚からこないに気持ちが良くなるなんて、ウチ、知らんかったわ。
     もう知りまへんわ、いったいどこでこないな事を覚えてきはりましたんか。
     あは〜ん、お、教えてちょうだい・・・キャ〜ッ、いやあ、またそないにして両脚を広げたりしてえ。
     こないに明るいトコで、ここだけはお見せでけしまへん。
     この手はゼッタイに離しまへんからね」

    「おや、文子、お前が押さえとる手のしたから白いものが流れ出しとるよ」

    「あはあ、だめえのぞきこんだりしちゃあ。ウフン、ウフン、いじわるう、知りまへんわ。・・・・お願い、指を止めんといてえ」

    「おお、せやったね・・・タハハハ、しっかりおねだりはするんやね。
     ほならこんどは、こっちのアンヨの、ここんトコのお肌の感触はどないやろ」

    「あわあわあわ、背中を電気が走りまんのやわ〜、じ〜ん、じ〜んって走りまんのやわあ。
     あはっ、アンタの指使いのせいで文子の、この、手のひらのあたりがヌルヌル・・・
     たのむさかい、アンタあ、お目々は閉じたまま指を動かしとくんなはれ。
     ・・・・うわあ、その足指をコリリコリリって噛むのがステキやわあ。
     んぐわ〜、だめえ、またがさけちゃうわ〜、そないに乱暴に両の脚を広げんといてえな・・・。
     お〜、そ、そうなんか、今度はお口で脚をナメてくだはりまんのんか。
     う〜、ぞくぞくするわ〜・・・・うわあ、太股のそないな内側まで・・・ナメクジがはい回るみたいに・・・・あはあっ、やっぱりソコに近づけるんか・・・って、んまあ、イヤラシ〜わあ、遠ざかるんか?
     ・・・・なんででんねん、なんでやねんえ?
     ・・・いやん、いけずう、ク、クサイからでおまっしゃろ?
     クサイからお口をソコから遠ざけはったんか?・・・え?・・・ちがうんか?
     ・・・・うわあ、ま、また近づけるう・・・早くう・・・って、ひゃあ、こんじょわるう、また遠ざかるんか?
     かんにんしとくなはれ、じらさんといてえな・・・・あ〜ん、いやらしいわあ、またお手々の中からいっぱいあふれてきよったがな・・・見たらアカンよ、お手々の中を見たらアカンよ」

    「どないなぐあいで、こないなにいっぱい出てくるんやろ?
     お手々の下のお尻の穴のほうに向かって流れ落ちとるわ、お布団が濡れとるわ。
     お尻の下にとろとろのシミができとるわ。
     そのお手々をどけてみ、いっぱい流れ出てくるトコをキレイにしてやりまっせ」

    「たのむさかい、アンタ、もうそないな恥ずかしいことを言うのはやめとくんなはれ。
     あきまへんてばあ、あはあ、いやらしいわあ、ソコにお口をそないに寄せてはダメえ」

    「そうかい、お手々をどけてくれへんなら、このお手々の指の股をもういっぺんこないにしてやるでえ・・・ほうれ」

    「・・・・きゃあ、太股の下に肩を入れるなんて、あんまりやおまへんか、そないにしたら両脚が閉じることがでけしまへん。
     ああ、指の股にヌルヌルのナメクジがはい回ってるみたいでんがなあ」

    「ほんでお手々の下には、ヌルヌルの水が流れとるわ。
     そら、その手を開きなはれ、さっきは見せてくれはったやないか。
     節分会のときにはそこにお豆を入れてあげたやないでっか?」

    「ほんでも、あん時は無我夢中であんはんに気に入ってもらいたかったんやもの。
     それにあの時は薄暗かったけど、こないに明るいトコで見られるのは・・・・
     うわあ、かなわんわあ・・・そないにヌルヌル指の股をなめちゃあ気が変になりそうやわあ

    「指の間からええ匂いがしとるよ、文子。
     あれれっ、わははは、文子ったら、なんだかんだと言いながら、お前ったら右手のヒラのトコでしっかり感じるトコを自分でコリコリしとるやないかあ。
     どうしてこないにいっぱい出したのかと思ったら、ちゃっかりええコトしてたんやろもん。
     今度はワシのお口でソコをコリコリしてあげまっせえ。
     ほれえ、お手々をどけてくれへんなら、まずはこうして指先をコリコリしちゃる・・・・わ〜い、またまたダラダラダラと流れ落ちてきはりました〜・・・いっぱい出しよりますねえ。
     ・・・・ほれえ、仕方がありまへん、お手々をどけさせてもらいまっせえ・・・・うわあい、文子お、これはまたどないになってまんのんやあっ・・・・」

    「ああっ・・・・もう知りまへん・・・・キャアッ、お手々がこないにべとべと・・・
     いややわあ、ハ、ハズカシイにおいがするう」

    「わはははは、そないなお手々で顔をおおうんやありまへんで。
     顔がびしょびしょになってまいまんがな。
     せやけどあんた、やはり熟女のお方は、きっちりとリアクションして顔をおおってみようとするから安らぎまんねんやで。
     どれどれ、そのべとべとのお手々をワシによこしなはれ・・・
     あれえ、も、もったいないよお、パンツで拭いてまうやら。
     オケケも自然のまんまで盆栽みたいに刈り込んでおらへんのがウレシ〜で。」

    「んもう、アンタあ・・・・もうこれ以上じらされたら、ウチかなわんわあ・・・
     アハッ、そないにオケケのトコばっかり撫で回したりして・・・
     ううッ、文子はもう気が変になりそうやわあ」

    「オオッ、ふ、文子お、そないに腰をピクンピクン上げ下げして、どないしましたんや?
     どなにいにしたらええのんやろか?
     ・・・・してもらいたいことを口に出して言ってみなはれ」

    あはあっ、えげつなっ、ひどい人やねえアンタったら、脚をこないに広げて、お尻をこないに持ち上げて、こないにハズカシイ格好をさせておいて、もっと恥ずかしいことをしゃべれっておっしゃいますのんか?
     アンタって、そないに意地悪な人やったの?
     ああっ、もう、もう・・・・文子は変になりそうやのに。
     もう・・・・文子のカラダをご覧になりよったら・・・・おわかりなっとるくせに、ひどすぎまんねんわ」

    「ふ、文子、しつこいようやけど、おまえの口で言っとくれ。
     ワシにどないにして欲しいのんか、どこをどないにすればええのんか、その可愛い口で言っとくんなはれ。
     ひどい男やなんぞ言わんといてくれよお。
     おまえの可愛い口から、おまえのカラダにどないにしたらええのんか、一番して欲しいことを、しゃべるのを聞かせとくれよお。
     ほれ、見てみいや文子、ワシのチンポもおまえのしゃべるんを待っとるやんか」

    「ああっ、オチンポがかかわいそう、オチンポの先から涙が流れとるわ。
     真っ赤になってオチンポがふくれとるわ。
     ・・・・ああああっ、おねがいやっ・・・・アンタ・・・」

    「うん、うん、どないして欲しいんや?言ってみい、かめへんで」

    「・・・・・いじって・・・・・・・うふ〜ん、いやらし〜わあ」

    「いじる?・・・どこをどないにいじるんやろ?」

    「あはあっ、もう、えげつない仕打ちやわあ、これ以上、ウチをいじめんといてえっ。
     いじって・・・・・いじっとくんなはれ、たのむさかい・・・」

    「せやから、どこをいじって欲しいんや?
     文子、言っとくなはれ、おまえのその可愛い口で、かめへんやないか」

    「・・・・んもう・・・・アホおっ、いけずうっ・・・・・
     あああ・・・・・・オ、オメ・・・・いやあ〜ん、言えへんわ、言えへんわ、そないなハズカシイおなごのカラダのことやら」

    「オメ?・・・オメやわかりまへんな、そないな体の部分がオナゴにはありまんのかいな」

    「ひとでなし、ひとでなしや、滑造はんたら、文子を淫乱なババアにどうしてもしたいのんやねえ。
     ・・・ええわ、ええわ、言うわ、言ってまうわ・・・
     あはっ、どうせ文子は淫乱でスケベなババアや・・・・・
     なあ、お願い、たのむさかい・・・・オメコ・・・文子のオメコを、いじっとくんなはれ・・・」

    「おおおっ、そ、そうかあ、オメコやな、文子のオメコやな、オメコをワシにいじっとくれて言うのんやな」

    そ、そうや、オメコや、文子のオメコをアンタの指でグチャグチャにいじっておくんなはれ。
     びしゃびしゃに、ヌルヌルに、アンタの好きにしておくんなはれ。
     ・・・・あああっ、お、おねがいやわ。
     うっ、うっわあ〜〜っ、な、なにをしなはりまんのんや、アンタあ・・・・・。
     い、いけまへ〜ん、かんにんやあ、オ、オメコにお口をつけちゃあきまへ〜ん。
     あきまへんてば〜、オメコは汚れとるさかいあきまへんてばあ。
     きちゃないわ、きちゃないねんよ、文子のオメコはとっても汚れとりまんのやわあ。
     オシッコの後でお風呂にも入っておらへんし、それに、それに、あは〜ん、バカあ〜ん、こないにヌルヌルに汚れてしまっとるやおまへんかあ。
     アンタのお口も汚れてしまいまっさかいダメッ、ダメダメダメ、あきまへんてばあ

     んがあっ、イキそ〜、もうイキそ〜、もう文子はイキそ〜や、んがあ〜っ、イグ〜〜〜〜ッッッッ・・・・・・・」

    「文子、文子、文子お〜、おおおおおっ、ブルブルふるえとるよお、文子の下腹も、オメコのビラビラもふるえとるよお・・・・・だ、だいじょうぶか、文子や・・・苦しくなかったか?・・・痛くなかったか?・・・・オメコ、気持ちよかったかい?
     うわあ〜い、またいっぱいオメコから流れてきたよ、いっぱい、いっぱい出てきたよ。
     文子お、いっぱい出したね〜〜・・・・・おお、あったかい、あったかくてウマイよ・・・・トロトロしてておいしいよお、これが文子のオメコの味なんやね〜」

    「・・・・あは、あは、ハア、ハア、ハア・・・ひ、ひどい人や、こないに、こないに文子に恥ずかしいことをさせるやなんて。
     鬼い、鬼やあ、滑造はんたら鬼やあ・・・・文子のカラダをこないにスケベ〜で、淫乱で、恥知らずで、オメコをナメられるのが好きな女にしてしまうやなんてえ・・・・
     いやあん、ウチ、ハズカシイ、もう文子は変になりそうやわ」

    「ううっ、文子お、エロいよお、おまえのイクときの顔を見たら、ワシはたまらんようになってしもたよ。
     ほれ、ほれ、もっと出しな、もっとぎょうさん出してみなはれ
     それそれ、こうしてやりませっせ、ここもこうしてやりまっせ、ほんでもって、ここはこうさせてもらいまっせ。
     アハッ・・・オシッコもちょこっとチビッたのんやね・・・・
     せやけど、この白いお汁を、このトロトロの女の汁をもっと出しとくんなはれ。
     なになに?・・・・ははあ、なめるだけやなくて指でくじってほしいのんか。
     よしよし、ほな、ここをこないにすりゃあええのんかい?どないにせえっちゅうのんや?
     おお、またブルッブルッと下腹がケーレンしてるけどだいじょうぶかい?
     オメコの中は、どこらあたりが気持ちがええのんや?」

    「・・・あは・・・そ、そこ・・・そ、そこも・・・そ、そっちも・・・」

    「このクリトリスの裏側あたりはどないやろ?」

    「いや〜ん、ダメ、ダメ、ダメ、ダメ〜ッ、そこダメ、そこダメ、そこはあきまへ〜ん。
     んがぁ〜・・・・・またイク、またイク、またイキそ〜、んがあ〜っ、イグ〜〜〜〜ッッッッ・・・・・・・」

    「うわあ、オメコ汁にカタマリが混ざって出よったで〜
     文子や、お目々を開けてごらん、ほれ、オメコをいじりながら今度はここをナメナメしてやりまっせ」

    「んぎゃあ〜・・・そ、そこはあきません、そないなトコをナメちゃあきまへんがなあ・・・
     ふ、文子、さっきウンチをしたからそこはあきまへんてばあ・・・・」

    「あっ、ホンマや、ええ匂いがしまんがな、文子や・・・ううっ、うまいよ、ごっつう、うまいがな」

    んまあ、やだあ、ホンマにケツの穴をナメてはるう。
     イヤアッ、ウチもう気が変になりそうや。
     おねがい、そないにいじめんといてえ。
     お尻の穴をナメられながら気をやるトコをアンタに見られるのはつらいわあ、もうかんにんしてえ

     滑造はん、そないな恥ずかしいとこをナメるんはやめてくんなはれ。
     かなわんわ〜、文子、これが欲しいねんよ。
     たのむさかい、もうウチのお尻を布団に降ろして。
     もういっぺん、あんはんのそれ、アンタのオチンポをナメさせてくんなはれ。
     ・・・・あらまあ、うふっ、またまたオチンポから涙がぎょうさん流れ出してるわ。
     たっぷりいじめられたお返しやでえ、エエイッ、こないしてやるうっ」

    「ふ、文子お、そないに深く呑み込んだら呼吸ができなくなりまっせ。
     ふぎゃ〜、チンポの先っぽが喉の奥にあたったよ〜、気持ちええよ〜。
     ふご〜っ、そ、そないに高速にジュバジュバするのんか〜。
     むむむむむ、カリクビが口の上のザラザラにあたって、タマリマセンよ〜。
     ふ〜〜、あ〜っ、びっくりしたよ〜、文子も過激やね〜、ここでお口の中に発射しちまったら、これからの、うふっ、お楽しみ未遂事件やで〜。
     おおおお、キ、キンタマ攻撃かあ、ふんふんふんふん・・・あああっ、まったり安らぐ舌使い、あはっ、文子お、キンタマをお口に含んだおまえのほっぺが可愛いよ〜。
     ・・・たははは、文子の顔がちーとばかしマヌケ顔になっちゃったよ〜。
     なになに?・・・いつもアボカドの種をお口に入れて、キンタマナメナメの練習をしとるってかい?」

    「うふうふうふ、チンチンがこないに大きくなっちゃったわあ。
     わ〜い、文子の両手で握っても、こないにカリクビがぴょこんと跳びだしまんねんやわ。
     血管の青筋がごつごつ浮き出して、たくまし〜。
     とっても乱暴そうなオチンポくんが文子をにらんでまんねんわ、かっわいいな」

    「よおし、ほなら文子や、そろそろ入れてみようかい」

    「・・・あは、入れるって、どこになにを入れるんでっしゃろか?」

    「わはははは、さっきのお返しかい、文子にナメられてカチンカチンになりよったチンポを、ヌルヌルの文子のオメコの中にぶち込みたくなりよったんよ」

    「うふっ、いや〜ん、うれしいけどハズカシ〜。
     文子のオメコで、ホンマにこの大きいオチンポが満足できるんやろか?」

    「なにを言いまんのんや、あの御菜似神社の節分会の豆まきで、奥はんのオメコの具合の良さはとことん知ってるワシなんやで。
     さあ、文子、こっちに来ておくんなはれ・・・」

    「んまあ、そないな格好でしまんの?・・・いやあ、恥ずかしすぎまんねんわ」

    「ほおら、こっちにおいでや。
     最初はホレ、こうしてオメコにチンポが入っとるトコを二人で見ながらしようやおまへんか?

    「んもう、どこまでもいけずなお人やね、滑造はんたらあっ。
     うわあ、ゴ、ゴ〜インねえ・・・うわ〜、ハ、ハズカシイ格好やわあ。
     あれあれあれ、あはん、あはん、いや〜ん、そないにオチンポの先っぽでオメコの豆をクリクリクリクリ・・・・。
     イジワルせんで入れておくんなはれ、早くう・・・文子もう、ガ、ガマンでけしまへん」

    「入れるのは文子にまかせまっせ。
     入れたくなりよったら、文子や、オメコを自分で開いてワシのチンポをいつでも呑み込んでおくんなはれ」

    「あはあっ、どこまでも文子にハズカシイ格好をさせたがるのねアンタったらあ。
     ・・・ほんでも、もうガマンでけしまへん・・・・入れたいわ、ハメたいわ、あんはんのチンポ食べたいわ、アハアッ・・・おっきいわ〜〜っ・・・ウンウンウン、ウ〜ン・・・
     うわあっ、ヌルッてはまったわ、はまったわ〜・・・カ、カリクビがはまったわ・・・おっきいよ〜デカいよ〜・・・オメコ、やぶれそう・・・エッ、エ〜イッ。
     ムギャ〜〜ッ、・・・キ、キモチええよ〜・・・ズブズブッて入っちゃったあ」

    「う〜ん、た、たまりませ〜ん、このオメコの入り口のコリッとしたトコをカリクビが通り過ぎる瞬間がたまりませ〜ん
     文子や、お目々を開きいよ、そないにお目々を閉じとったらもったいないでっせ。
     ほおら、おまえのオメコがワシのチンポを呑み込んでいるのを一緒にじっくりと見ようやおまへんか」

    「うわあっ、ハ、ハズカシイ・・・カリクビがあまりに大きいから、まるで文子のオメコがチンポを出産しとるみたいやわ。
     オメコのまわりが目一杯広がって、きゃあっ、豆が、文子のオメコ豆が飛び出してるう、むき出しオメコ豆がふくれあがってまあす


    「ほらほら、見てみ、チンポに引きずられてピラピラがみんなオメコの中に見えなくなって、ほれほれ、文子、ここんとこだけを見てみれば文子のオメコは赤ん坊のオメコみたいやで。
     むむむむ、ワシのチンポが文子のオメコの入り口の締め付けでますます血管が浮き上がってきよったで」

    「ほ、ホンマ・・・ね、ね、苦しくありまへんか?
     こないにオチンポの血管が浮き出して苦しくありまへん?
     うわあっ、血管が破れそうにふくれて、ウチ、こわいみたいやわ。
     で、でも文子のオメコもはち切れそうで、いつまでもこのまんまではオメコがダラ〜ンと伸び切っちゃうみたいでドキドキやわあ」

    「ううっ、文子や、もうちびっとオメコをグッとくっつけて、ワシのチンポを全部呑み込んでおくんなはれ」

    「は、はい・・・こ、こうやろか?
     ウ、ウワ〜ッ、キ、キモチい〜わ〜・・・ヌル〜ッてオメコにチンポがはまりこんできましたでえ」

    「おおっ、せやし、あんた、カリクビがすっかり呑み込まれたら、ぐっと楽になりよったで〜
     文子や、そこまで呑み込んだなら、思い切ってチンポの全部を呑み込んでみなはれ。
     ・・・おや?・・・ど、どないした文子、そないな泣きそうな顔をして、お腹がブルブル震えとるやおまへんか?」

    「あはあっ、アンタあ、も、もう文子はオメコが良くて、良くて・・・ハアハアハア・・・
     も、もう文子は、ちいっとばかしでも動くとイキそうやわあ・・・」

    「なにを言うんや、まだチンポの全部を呑み込んではおらへんやおまへんか。
     よおし、それならばワシの方からチンポを押し込ませてもらいまっせ。
     ほれえ、うむう〜〜・・・う〜ん、気、気持ちええよ〜。
     おおおっ、こ、これがオメコの底なんだね、ふうむ、ワシのチンポもすっかり見えなくなりよったよ。
     つうことは文子のオメコのサイズとワシのチンポのサイズはぴったんこ。
     ほれほれほれ、ううむ、やっぱこの間の印象はまちがいなかったね。
     おおっ、文子、どないしたんや?
     顔が真っ赤やでえ、苦、苦しいのんか?」

    「ア、アンタあ、オ、オメコが、オメコの入り口が・・・・」

    「えっ、おお、オメコのビラビラがチンポに絡まったまんま内側に呑み込まれとるのが辛いんやね
     よしよし、ほなら文子、お尻をゆっくり後ろに引いて、オメコからチンポを引き抜いてみなはれ。
     えっ?ちょっととばかしでもオメコを動かしたらイッてまいそうやってかい?
     ええよ、何度でも気持ちが良くなりよったらイッてしまってええがな。
     なんぼイッたトコで文子のオメコは減りはしまへんよってなあ」

    「うわ〜っ、ケツを引いたらチンポがオメコの中味を掻き出しよりまんねんわあ
     またまたまた気持ちええ〜・・・気持ちええ気持ちええ、チョ〜気持ちええわあっ。
     ・・・ふ〜っ、中に引っこんどったオメコのビラビラが、チンポに引きずられて外に出てきましたでえっ。
     アアッ、アンタあ、オメコにチンポを入れたまんまで文子のお口を吸ってえ
     文子、オメコにチンポを入れたまんまでアンタのお口を吸いたいわあ。
     うわあっ、アンタったらあ、文子のお尻の穴をいじったりしてえ・・・
     ど、どうしまんの・・文子のケツの穴に指を入れまんのんか??・・・
     キャアッ、ケツの穴に指が入ってきたあ・・・ウウウウウウッ・・・・
     あはあっ、ケツの穴ん中で指先をそないにピクピクさせられましたら、ウンチがもれそうやわあ。
     いややあっ・・・・ウンチ漏らしとうありまへ〜ん・・・
     ハアハアハアッ・・・ケツの穴締めまっせ、よろし〜か?・・・よろし〜な?
     えっ?・・・オメコもきつくなりよったとおっしゃりまんのんか?
     せやし・・・こないにケツの穴の奥まで指を入れはったら、そりゃあオメコもきつくなりまっしゃろ。
     キャアッ、こ、今度はオメコ豆をクリクリしてくれはるの?
     うわあっ、ダ、ダメえ・・・文子変になるう・・・オメコがとろけちゃう、ケツの穴がやけどしそうやわあ・・・。
     たのむさかい、アンタあ、文子のお口を吸ってえ、文子の舌を吸ってえ。
     オメコも、ケツの穴も、オメコ豆もアンタのもんやでえ
     あはあ・・・もっと、もっと、もっと、突いて、突いて、突いて、突いてえ、
     うふう・・・もっと、もっと、もっと、クチュクチュクチュクチュしてえ、
     んがあ・・・もっと、もっと、もっと、クリクリクリクリクリクリしてえ・・・
     もうダメ、もう壊れる、もうイキそう・・・・むぐぐぐぐ・・・

     (・・・ふんふんふんふんふんふんふんふんふんふんふんふん・・・
      ・・・くちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅくちゅ・・・
      ・・・こりこりこりこりこりこりこりこりこりこりこりこりこりこりこり・・・)

     ・・・えっ?・・・なんて言わはったん?・・・
     そ、そうか?アンタも良くなりよったの?・・・イキそうになりよったん?・・・
     文子がお尻を大きく振ったら、絶対にイケそうにならはったんか???
     文子も、もうあきまへん・・・もう、もう、もうどないかなりそうやわあ・・・
     ・・・お願い、あんはん、文子のお口を吸って、アンタの舌を文子のお口に、ぐ〜っと差し入れておくんなはれ、ね?
     舌が入ったらそれに合わして文子も思いっきりお尻を振ってみまっさかい。
     そしたら、いっぱい出しておくんなはれ、ね?
     キンタマからタネをぜ〜んぶ絞り出しておくんなはれ、ね?
     文子のオメコの奥にたっぷり、た〜っぷりドックンドックンって出しておくんなはれ、ね?ね?

     ええか?ええか?ええか?ええか?・・・もうええか?
     舌を差し入れてくれはったら、お尻をブル〜ンと大きく振るさかい、な?、な?、なっ?
     ・・・・あああああああっ、アンタあっ・・・・」

                  〜〜〜〜〜〜〜★


     オメコの濡れへんエロ小説は意味あらへん、チンポが立たんエロ小説には価値あらへん・・・・ってゆ〜ワケやよって、貴女のオメコ濡れはったやろか、貴男のチンコ勃起しはったやろか?
     みなはん、ど〜ぞ文子さんと滑造はんになりきってヌレヌレビンビンになっとくんなはれ〜。
     濡れたんは、書いとるママだけやったなんて言わんといてや〜・・・・(^_^;)
     ほんじゃ、ま、今回はここで終わりやで。みなはん、おきばりや〜っ!!


    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    人気サイト比較  無修正コレクション  サイト比較NAVI
    サイトの人気順     動画の人気順     アダルト検索
    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<手作りチョコ哀歌の巻@夜とぎ沈丁52 | ホーム | 五十路おめこ不埒篇@夜とぎ沈丁54>>
    1. 2010/02/14(日) 07:41:23|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:5|
    4. コメント:1
    「五十路おめこ欲情篇@夜とぎ沈丁53」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    金色の放物線の巻@夜とぎ沈丁176 (2010/10/07)
    女が一番シタイとき@夜とぎ沈丁17 (2009/06/21)
    大阪版おまんこ読本@夜とぎ沈丁14 (2009/05/22)
    <<手作りチョコ哀歌の巻@夜とぎ沈丁52 | ホーム | 五十路おめこ不埒篇@夜とぎ沈丁54>>

    コメント

    びっくりしました…


    このサイトの女性って性欲すごいですね。
    もう勃たないよって言ったのに、ずっと股間を触ってました(笑)

    クンニしたら、やっと満足してくれましたよ(^_^A;
    http://wfvn9fp.milk.fedrick.net/
    1. 2011/02/16(水) 21:35:58 |
    2. URL |
    3. 按摩さん #-
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3383-3a7dcf1a

    制服着用 - 大阪十三のメンズエステ求人募集

    『脱がない』『舐めない』『触られない』当店は男性のお客様を癒すお仕事で、アロマオイルを使って全身のマッサージを行なうお仕事です。20歳〜35歳位迄、未経験の方大歓迎!ハンドマッサージのエステでも真面目で働く意欲のある方は驚くほど稼げますよ☆まずはお気軽にお問い合わせください。
    1. 2012/07/27(金) 19:36:13 |
    2. 制服着用 - 大阪十三のメンズエステ求人募集

    佐賀県 - オークションワン

    1発落札も夢じゃない!驚愕の1円落札者続出オークション!
    1. 2011/10/28(金) 22:18:51 |
    2. 佐賀県 - オークションワン

    大阪十三のエステティシャン「癒し家」 メンズエステ・ハンドマッサージ

    厳選されたエステティシャンによるリラックスマッサージをお楽しみください
    1. 2011/07/19(火) 10:01:30 |
    2. 大阪十三のエステティシャン『癒し屋』

    東京ギャルフリマ

    東京ギャル専門フリマサイト登場♪
    1. 2011/06/22(水) 20:24:23 |
    2. 東京ギャルフリマ

    手コキギャル

    手コキギャル専門フリマサイト登場♪
    1. 2011/06/16(木) 08:30:27 |
    2. 手コキギャルフリマ

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close