無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第3位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第4位
 五十路おめこ欲情
「まあ、滑造はん、ホンマに来てくれはったんやね。う......(→続き)
  第5位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第6位
 黄金のコスチュー
激しく燃え上がりたい夜は、いつもとは違う金色の攻撃......(→続き)
  第7位
 おまんこの舐め方
ママのおまんこの舐め方講座、っていうか、わたしなら......(→続き)
  第8位
 ゲートボール老人
ひと月前に掘り上げて棚に並べたサフランの球根は、う......(→続き)
  第9位
 ハーモナイザーパ
ハーモナイザーパック【角質ケアパック LEVATI......(→続き)
  第10位
 五十路おめこ不埒
「あはあっ、アンタあっ、たのむさかい、しばらくはカ......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

節分の毛マンコ豆まきの巻@夜とぎ沈丁51

  • <<特大キンタマくん大暴れの巻@夜とぎ沈丁50 | ホーム | 手作りチョコ哀歌の巻@夜とぎ沈丁52>>

  •  山の神様をまつっている村の御菜似神社の境内で、今日は恒例の豆まきです。
     御菜似神社の豆まき行事の由来につきまして、ここでお話ししておきましょ〜。

     日本全国どの土地でも、山の神はふつうスケベでヤキモチ焼きの女性の神様とゆ〜ことになっていますが、村の真ん中に鎮座まします御菜似神社の山の神様はひと味ちがう情け深いことで有名で、この豆まきは村の人々が楽しみにしている行事なのです。

     御菜似神社の神様は、女性が一人でお参りをし神殿に向かって股をひらいてオナニーをすると、男運のない女性と憐れんで男を授けてくれるのです。
     もっとも近頃では拝殿でオナニーをする女性目当ての見物人(つまりノゾキくんですね)が増え、神様が授ける前にその見物人がこれはと思う女性を見つけるや、自ら名乗り出てカップルになるという現象も起き、神様の手間をわずらわせることも少なくなってきていますが、それでも村の人々はそれも神様の御利益と年々歳々豆まきの人出は多くなるばかりです。

     御菜似神社の節分会の豆まきは、こうして恋人やダンナをつかまえた女性による、山の神様へ感謝を捧げるための神事には違いありませんが、それ以外のお楽しみでもありました。
     社殿に勢ぞろいした女性達が、参詣の人々に向かって豆まきをした後には、社の中にそれぞれが持ち寄った座布団やらエアーマットなどを敷いて、ひとりものの男性を招き入れての豆まきの第2ラウンド、夜の豆まきの宴が始まるのです。

     これはオナニーをすれば男を授けてもらえる女性にくらべて、男には授けものがないことから、山の神様にお世話になった女性が山の神になりかわって男性に施しをするという、オンナとオトコの社会的な立場の原初形をかいま見せてくれるような伝統のある行事なのでございます。

     言うまでもありませんが、夜の豆まきの宴で、最初にまかれる豆は、まんこ豆なのです。
     つまり、女性が男性につくす、おまんこパーティーなのです。
     それも大盤振る舞いですから、この夜に腰を抜かしてしまう独身男性は一人や二人ではありません。
     老若を問わず、ひとり者の男がセンズリではない、本物のオマンコができるのですから、この日が近づくと独身男のみなさまの張り切りようはハンパではありません。

     待ちこがれているのは豆まきをする女性とて同じです。
     神様にお世話してもらった男でも、男と女の中には『あんたとのオマンコには飽きちゃった症候群』というものが訪れます。
     ま、フツーには倦怠期などと申します。
     この豆まき第2ラウンドは、こうした倦怠期にさしかかっている女性には、久しぶりに新鮮なチンポを味わえる場でもあったのです。
     私物のチンポありますけど別のチンポ食べたいと願う女性の張り切りようも、もちろんハンパではないのです。

     夜の豆まきの宴では、もう一度本物の豆も使われるのですが、それはおいおい書かせて頂きましょ〜。


     大工の滑造さんは四年前に奥様に逃げられてから、ずうっとひとり者です。
     奥様は息子の担任の先生とともに姿をくらましたのですが、村人のもっぱらのうわさでは、滑造さんのチンポがあまりにもデカかったので、夫婦生活に耐えきれずに逃亡したのだとゆ〜ことになっていました。
     なぜこんなウワサが立ったかと申しますと、それより以前、奥様と浮気をした消防署の署長が奥様のオマンコが小さくてキューキューと締まりのいいのに比べ、村の露天風呂で見かけた滑造さんのチンポはあまりにも巨大であったことから、うわさに尾ひれがついてしまったのです。

     このうわさは、けれども滑造さんには思いがけない村の女性の反応となって現れました。
     でかすぎたチンポのせいでかあちゃんに逃げられたという滑造さんには、たくさんの村の女性が胸をときめかせたのです。

     かあちゃんに逃げられて以来、滑造さんは欠かさず節分会には御菜似神社にやってきます。
     それも節分の一ヶ月前からセンズリを絶ち、下半身が重苦しくなるほどに精力をみなぎらせてやってくるのです。

     去年はOL、女子大生、看護婦さん、エレベーターガールなどをとりまぜて8人とオマンコをしました。
     村にエレベーターガールがいるのかと疑う方もいらっしゃるかも知れませんが、なにしろ有名な催しですから、どこからか紛れ込んだのかも知れません。深く追求しないで下さいね。

     今回も、滑造さんの人気はダントツです。
     なにしろ過去三年の実績から、たんなるウワサではない、ほんとにでかいチンポであることを眼にしていますから、夜の豆まきの宴が始まるやいなや素早くチンポを握られてしまうのです。
     チンポ獲得は早い者勝ち、それが不文律の宴です。

     幸いなことに、最初に滑造さんのチンポを握りしめたのは、文房具屋の奥様の文子さんでした。
     五十路にさしかかったばかりの文子さんは、村の熟女の中では一番と滑造さんがかねがね思っていた方ですから、思わずチンポを握った手を握りかえしました。
     昨年は、元気な若い女性にチンポを使いまわされ、ついに熟女には手が届かなかった滑造さんは、やっとかなった念願の人に大張り切りです。

     文子さんは楚々としたなで肩の京風美人の奥様です。
     普段見かけますと、上品な物腰と控えめな物言い、肩までの髪をすべて後ろにまとめて、広い富士額が知的な印象の、清楚な方なのです。
     笑うときにも、オホホと笑い、ギャハハハッとはわらいません。
     おまんこをするとも思えない、それどころかウンコやオシッコもしないのではないかと思われるた華奢な体が、陶器のようにすべすべの裸身もあらわにぴたりと寄り添ってきたのですから、滑造さんはたちまちコーフンしました。

    「お、奥様、ワシなんぞでよろしいのんか」と、いちおうは謙虚に問いかけた滑造さん。
    「昨年も、一昨年も、思いを募らせとりましたのに、滑造はんはお若い方とばっかり・・・・。
     今年も、この宴がすんでしもたら、また一年待たなあきまへん。
     長い長い一年をただムナしゅうして待たなあかんて思うと、こんな年寄りのカラダで恥ずかしいのんやけど、清水の舞台から飛び降りるつもりで、来たのんでっせ」

     うつむいたまま、瓜実顔のほほをを淡く紅に染めて、恥じらいながらつぶやくように言う文子さんのいじらしさに、滑造さんは大感激です。

     おっきいパイオツも、怒デカヒップも、文子さんの小ぶりのお椀型のお乳、固太りのまるまるとしたお尻の前では、無意味なカタマリにしか思えなかったことでしょう。

     滑造さんは、本気の力で文子さんをぐいと抱きしめ、本気のイヤらしさまる出して、文子さんの唇を吸いました。
     お乳もゆっくり揉みました。
     本当にこの方におまんこがあるのだろうかと、股間に手を伸ばせば、やはりおまんこはフツーにあり、滑造さんは夢中になってそれを探りました。
     いくども割れ目をなぞらぬうちに、ヌルヌルとぬめった液がわき出しても来ました。

     ふっくらとしたふくらみに手のひらを押しつけ、なお指を数回溝にあてがって行ったり来たりをするうちに、手のひらにサッとかかった霧のようなシブキ。
     ハッとして手のひらをそっと鼻に近づければ、プンとただよう磯の香り。
     ・・・・・まぎれもありません、熟女のマンコの極上物、夜半の村雨まんじゅうボボだったのです。

    「ああっ、滑造さん、もうあきまへん。
     ほんまなら舐めて欲しいのんやけど、もう、ガマンでけしまへんのやわ。
     たのむさかい最初の一回は、もう、もう、・・・・入れて・・・おくんなはれ・・・」

     腰をふるわせ、声もふるわせての耳元のささやきに、不意に滑造さんの胸の中にスケベーな心地がわいてでます。

    「お、奥さん、ほんまやったら、どこ舐めて欲しかったんやろか?」

    「・・・んまあ・・・いじわるっ・・・お、おめこ・・・ああっ、ほんまやったら、おめこ舐めて欲しいのんやけど・・・」

    「ふふふ、ガマンがでけへんから入れて欲しいて言わはりましたけど、どこに何を入れろと言わはりまんのんや、奥さん」

    「あああっ、滑造はんたら、いけずやわっ、こないな年寄りばばあのウチに、そないな恥ずかしい言葉をしゃべらせようとするなんて。
     おねがいっ、ちんぽ、このちんぽを入れておくんなはれ。
     おめこに、文子のおめこに入れておくんなはれっ、・・・あアッ、たのむさかい、おねがいですう」

     ここまで言わせて、指の先でオマンコのヒダがプルプルとケーレンをしているのを確かめてから、ゆっくりとチンポをあてがう滑造さんは、けれども胸の内はそんなに余裕があってのことではありません。
     おまんこにズブリと音を立てて自慢のチンポを押し入れるまではまだしも、カリクビが入り口のコリコリを通過したと感じるや、もう無我夢中で腰を振っていた滑造さんだったのです。

     ギャボギャボギャボッとけたたましい音を立てて突きたてた後、わざとゆっくりとチンポを引き抜くと、ゴボゴボゴボッとオマンコの奥深くで粘液と粘膜がぴったりとはまりこんだカリクビをすり抜けて流れ込む空気がたてる音がします。
     これこそが五十路の熟女とのオマンコに特徴的な、ギャボゴボミュージックを堪能できるひとときなのです。

     これほどのオマンコ音楽の調べが聴けるには、よほどのネパりけのあるおまんこ汁がたっぷりとオマンコの奥深くにたまっていなければなりません。
     そして、チンポのサオに良くからみつき、カリクビの出し入れにも空気を漏らさぬほどに、オマンコの中を密閉する粘膜のヒダが発達していなければなりません。
     若い娘のオマンコにはない、このしつこいほどに濃厚な感触を、音にして耳で楽しみながら、さらに股間から立ち上ってくるマンコ汁の濃いニオイを深々と吸ってみるのも、五十路の熟女とのオマンコの醍醐味です。

    「奥様、ほなそろそろ豆まきしてもよろしいか?」

     やわらかく文子さんの耳たぶを噛みながら、滑造さんが聞きました。

    「あああ、そないやったわね。いけまへんわ、わたしったら。
     豆も入れんと、滑造はんのがあまりにもどエライもんやから、もうあとひと突きかふた突きでイクトコやった」

     夢うつつのような声で奥様がつぶやくのを聞いて、滑造さんはそっとチンポを抜きました。

     まくら元には、さきほど神殿で参拝客にまいた豆が入った一合枡があります。
     滑造さんはそっとその枡を手に取り、中から十粒ほどの豆を取り出しました。
     奥様は、両手をそっとオマンコの両側に当てて、オマンコの穴がポッカリと開くようにして待ちかまえています。

     オマンコの穴のまわりは、ヌルヌルの粘液があふれているので、滑造さんは一粒ずつ豆を穴の中に入れ指で押し込みました。
     十粒ほどの豆をおまんこに入れ終わって滑造さんが聞きました。

    「どないでっしゃろか、奥さん。もっと入れまひょか?」

    「・・・・そ、そやねえ、あんまりぎょうさん入れはると、滑造はんのチンポは大きいから、かえって良くないかも知れまへん。・・・でも、あと、五、六粒入れてくれへんかの」

     豆をオマンコの奥深くに押し入れて、あらためてチンポをあてがう滑造さんです。
     最初のひと突きで、たちまちチンポのサオにまとわりつく大豆の感触、コロコロ、コリコリ、クルリクルリとマンコの粘膜の中をあっちへ行ったり、こっちへ来たり、サオに触れるかと思えばカリの一番敏感なところをチロチロと舐めるように転がる豆のここちよさ。
     滑造さんが快感のあまり思わずウ〜ムとうめいたとき、見下ろした奥様の顔も一変していました。
     あの上品な瓜実顔の奥様のものとは思われぬほど、口を大きく開いて金魚のようにぱくぱくと開け閉めし、眉根には恐ろしいほどに深く刻み込んだような皺を作り、オマンコの中を転げ回る豆のうごめきを、ものすごいほどに集中して味わっているのでしょう、しっかりと眼をとじた、まるで苦しんでいるかのような顔つきで、喉の奥から甘たるい声を出し始めたのです。

     チンポをゆっくりと出し入れて、ギャボギャボギャボという淫らな音の中に、チンポをこすってくる、音もなく、えも言われない脳天に響く心地よさが火花のように散るのを勘定する滑造さんでした。

    「奥さん、奥さん、そろそろワシはイキそうになりましたで。
     ・・・・・とどめはやっぱ豆づくしでいきまひょか」

     滑造さんがつぶやくように言い、チンポを出し入れしながら、右手の親指の腹でプックラとふくらんだマンコ豆の表面をサッと撫でますと、奥様の悲鳴のような叫び声が会場の隅々にまで響き渡るのでした。

     貴女も今夜はオマンコに豆まき用の豆を入れて、コリコリ、ヌルヌル感触を楽しんでくださいね。
     でもあんまり欲張って豆を入れすぎて、チンポもバイブも入らないと言うことがないように、控えめに豆を入れるのがキモなのです。
     直接オマンコに豆を入れるのをためらわれる方は、コンドームに数粒入れれぱ特製イボイボサックのできあがり。
     お手近のチンポやバイブで楽しんでくださいね。


    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    人気サイト比較  無修正コレクション  サイト比較NAVI
    サイトの人気順     動画の人気順     アダルト検索
    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<特大キンタマくん大暴れの巻@夜とぎ沈丁50 | ホーム | 手作りチョコ哀歌の巻@夜とぎ沈丁52>>
    1. 2010/02/03(水) 01:38:54|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「節分の毛マンコ豆まきの巻@夜とぎ沈丁51」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    村長さんの二枚舌クンニの巻@夜とぎ沈丁61 (2010/03/26)
    庵主さまのアナルセックスの巻@夜とぎ沈丁142 (2010/07/28)
    大阪版おまんこ読本@夜とぎ沈丁14 (2009/05/22)
    <<特大キンタマくん大暴れの巻@夜とぎ沈丁50 | ホーム | 手作りチョコ哀歌の巻@夜とぎ沈丁52>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3381-9fe41d83

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close