無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第3位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第4位
 五十路おめこ欲情
「まあ、滑造はん、ホンマに来てくれはったんやね。う......(→続き)
  第5位
 早漏防止スプレー
貴男はパートナーを十分に満足させていますか? 疲......(→続き)
  第6位
 おまんこの舐め方
ママのおまんこの舐め方講座、っていうか、わたしなら......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 ゲートボール老人
ひと月前に掘り上げて棚に並べたサフランの球根は、う......(→続き)
  第9位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第10位
 奥様おまんこセミ
「ねえねえ、夕べ久しぶりにアダルトの新作探しをした......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

特大キンタマくん大暴れの巻@夜とぎ沈丁50

  • <<びっくりキンタマ男の巻@夜とぎ沈丁49 | ホーム | 節分の毛マンコ豆まきの巻@夜とぎ沈丁51>>

  • 『先日、あぐらをかきながら三歳になる孫娘を抱っこし、うつらうつらしていたところ、ひょいと立ち上がった孫娘に思い切りキンタマを踏んづけられ、ギャッと叫んで後ろにひっくり返ったわたしです。
     孫娘はいったい何がおこったのかわからずキョトンとしていましたが、股間を押さえ、のたうちまわって苦しむわたしに、原因はキンタマにありと幼児の頭でも理解したらしく、それからは機会あるごとに、もう一度キンタマを踏ませてくれとせがまれ、困惑しているわたしです。

     この孫娘が、変な方向に成長するのではないかとゆ〜不安もぬぐいきれず、この子の母親である娘に、とっくりと孫娘にキンタマの大事さを教育するように言い聞かせたところ、ただただ大笑いするばかりで、祖父たるわたしの心痛を理解していない様子です。

     いったいに女性は、キンタマ問題をいかように考えているのであろ〜か。
     いつもいつも中途半端なエロ話ばかり書いていないで、たまには、生命の源でもあるキンタマにたいする尊崇の念の喪失と、女人の無理解とを糾弾する記事でも書いてはいかがか。
              (以下略)     孫娘にキンタマを踏んづけられた男より』


    『拝復 孫娘にキンタマを踏んづけられた男様へ
     このたびの御危難に遭遇の件を拝読いたし、ただただお気の毒でした。
     けれど、キンタマを踏んづけられた怒りを、わたしにぶつけられても困ります。
     ハッキリ申し上げますが、男性がことあるごとにキンタマを強調し、キンタマあるがゆえになにか女性よりも高等な生き物であるという態度を取るのはおやめ下さいませ。

     それから、自分のキンタマは自分で守ってくださいっ!!
     キンタマを踏んづけられたのは、あなたに油断があったからです!!

     キンタマ無き身にて、かく申し上げるも不遜とは存じますが、わたくし、このたび一念発起し、キンタマを極限まで使い抜いた男の立志伝を執筆する予定です。
     あなたも、がきんちょにキンタマを踏まれるとゆ〜、失態を繰り返さぬためにも読んで下さいね。
              (以下略)         ママより (*^_^*)』


              ( 承前 )

     虎波佐見夫人は、布団のかたわらですでに自ら帯をスルスルと解き、素早く一糸もまとわぬ姿となって布団に先に横になりました。
     乳はたるみもなく、男の手でちょうどおおい包めるほどの御椀型。
     下腹は熟した女に特有のぽってりとしたふくらみですが、けれども脂がみなぎってたるみというものがございません。

     黒玉君はすでに下はスッポンポンですから、ただにシャツを脱ぐばかりでこれも全裸となり、おずおずと布団に近寄りますと、虎波佐見夫人はこちらに首を曲げて見上げます。

    「くどいようですが、この床ではあなた様の伎倆がいかばかりかを検分させて頂くものでございます。
     あなた様のお指やお口での前戯などは不要です。
     すぐさま、あなた様の一番の得意とするところをお見せ下さいませ。
     けれども歳はとっても女体は女体、女の体のしくみから、濡れねば何も始めて頂くわけにはまいりません。
     さりとて自分の手指で濡らすにはあまりに時間がかかりますから、殿方には目障りかも知れませんが、おんなの体からしみ出る液代わりにあつらえのヌルヌル液を指にて塗布させて頂きますよ。
     気がそがれるようでございましたら、どうぞ眼をお伏せあそばせ」

     虎波佐見夫人はそう言い横になったまま上体をを起こし、片脚をくの字の形に曲げますと、こんもりと丸く剃りまとめられた秘毛のしたに、内側からはみだした肉色のひだも差ほどには黒ずんではいない、ふっくらとした肉堤みの間の女の裂口が見えました。

     着物のたもとにでも入れておいたらしい小瓶を手にして、手に液を垂らし股間にそっとなすりつけ始めます。
     股間は黒玉君の方に向けています。
     女の割れ目を見ながらチンポを勃起させなさいという意向のようなのです。
     虎波佐見夫人は、黒玉君のポローニャソーセージ風のチンポに目をやりながら、肉色のびらびらのヒダの裏にまで丹念にヌルヌルローションを塗り続けます。
     黒玉君は、夫人の手指で女の秘部が濡れてゆくのを見つめながら自分の手でポローニャソーセージをしごきました。

     黒玉君の勃起に合わせるように、虎波佐見夫人のローションを塗る速度も合わせているようです。
     小陰唇をすっかり塗り終わると、毛の下のすでに半分皮が剥けている女が一番感じるつぼみの周辺にも人差し指と中指でしっかりと液を塗りました。
     男根を迎え入れる穴の周囲、そして穴の中までも、中指と薬指を入れてたっぷりと塗りました。

     黒玉君の一念が通じたのでしょうか、それとも夫人の指からの音が淫らなつぶやきを発したせいでしょうか、男根はすみやかに勃起し、その尖端は早くも黒玉君のおへそにぶつかりそうなほどに反り返りました。

    「準備もよろしいご様子ですね」
     虎波佐見夫人が静かに言い、小瓶の粘液を塗る手を止めようとした時です。
    「奥様、どうぞそのヌルヌルをお尻の穴にもしっかりとお塗り下さい。
     お尻の穴にオマンコ汁が行き渡るには時間がかかりますから、短時間の検分ではローションのヌルヌルに頼るのも致し方がございません」
     落ち着いた声で黒玉君が言いました。

    「まあ、・・・とゆ〜ことは、フフ、お尻の穴も責めるおつもりか?
     ホホ、・・・それは楽しみでございます。
     さすれば、こんな具合でよろしいか?」

     あらためて指にヌルヌルローションをまぶし、今度は小指と薬指をゆっくりとお尻の穴に沈めて行く虎波佐見夫人でした。
     三度、四度とその指をお尻の穴に出し入れをして、尻の穴の入り口がすっかりヌルヌルになったであろうと思われたとき、黒玉君は重々しく言いました。

    「お手間を取らせましたな、奥様。
     それぐらいにてケッコウ毛だらけ、ヌルだらけ、マンコもアナルもころはよし」

     言うが早いか黒玉君は布団に入り、お尻の穴に突っ込まれていた夫人の指をそっと抜き取り、夫人を仰向けにするやいなや、いきなりズブリとボローニャソーセージをオマンコにぶち込んだのです。

    「・・・・あうっ」と一声、吐息をついた夫人でした。

    「すこうし乱暴すぎるようですが奥様、ご意向どうり手短かにやらせて頂きますよ」

     屈曲位で、ズボズボと巨根を夫人のオマンコにたたき込む黒玉君でした。
     およそ三・四十回も抜き差しをしたところで、黒玉君は感に堪えかねたように言いました。

    「フ〜ム、さすがにオトコのチンポを知り尽くしているオマンコですなあ。
     オマンコの締め付けで、確実にカリクビをキュッキュッと、ピンポイントで締め付けられるのはわたしも初めてです。
     サオに絡みつく粘膜がカリの方向に奥へ奥へとうねるようにうごめいていますな。
     久しぶりの饅頭ボボ、中身はうねり巾着の走り露、淫汁のトロ味の濃さも極上です。
     奥さまっ、チンポでしかと奥様のマンコの具合の良さを堪能させて頂きましたよ。
     ・・・それでは、ここからはわたしが責めさせて頂きます。
     それそれそれ、ほ〜れ、ほれ、フフフ、いかがですか、わたしのチンポと金玉は?」

    「たはっ、あっ、あっ、あ〜っ・・・あは〜っ、・・・そ、そ〜ゆ〜ことだったのね。
     マンコを突き上げながら、小さい金玉がアリのトワタリをくすぐってます。
     そして大きい金玉が、ケツの穴を・・・・ホホっ、こんなはしたない言葉で興ざめしないで下さいましね、トントントンと叩いてますう。
     ウウッ、た、たしかに気持ちいい・・・・」
     奥様は眉根を寄せて、目を閉じ、オマンコの中の陰茎の動きと、お尻の穴へのシゲキに集中している様子でした。

     ここで黒玉君は、あろうことか、
    「ハッハッハッハッハアッ」と、まるで余裕の笑い声を発したのです。

    「なんの、奥様、わたしの金玉の働きはこれからなのです。
     口も吸わず、乳も吸わず、オマンコをくじりも舐めもせずにこのワザを使うのは、わたしも初めてですよ、奥様、フフフ。
     ほれ、ほれ、ほうれ、すこうしずつ玉が移動してゆくのがおわかりかな」

     しゃべりながら黒玉くんが腰の動きを速めると、奥様の口からあえぎ声が漏れ始めました。

    「奥様、奥様のせっかくのうねり巾着ですが、わたしのチンポでそっくり外に掻き出させて頂きますぞおっ」
     笑いを引っ込めた黒玉くんの顔は、いつか真剣そのもの、刀身を正眼に構えたおさむらいもかくやのきびしい表情になっていました。

    「うわあっ、マ、マンコの中身が、あれ〜っ、カリクビでぜえんぶ外に引き出されそう、んがあ〜っ、こ、こんな感覚初めてですう・・・・」

     奥様のヨガリ声が高まるのつれ、オマンコにはまりこんでいる黒玉くんの陰茎はぐんぐんと太さを増してきました。
     オマンコに差し入れたときにはソーセージそのもののような肉色でしたが、いつしか朱色にどす黒さを帯び始め、ひと突きごとに太くなり、小ぶりの茶筒ほどの太さにまでなっています。
     オマンコは張り裂けんばかりに広がり、はまりこんだチンポの脇からバルトリン腺液が水飴のようにトロトロと吹きだして会陰をヌルヌルに濡らしています。
     まるで破水し、産道口となった膣穴からチンポを出産しているようにも見えました。

     「・・・むむむむむうっ・・・あはあ・・・マ、マンコがこわれそう・・・あはあっ・・・・は、ハラワタが引き出されそうですう・・・・んがあっ」
     苦しいような、陶酔しているような、くぐもった声で奥様はうめきました。

     ピュッと音がして、飛び散ったのは奥様の体内から発したお水です。
     あるいはこれが潮吹きなのか、オシッコの噴射などは及びもつかない、花火の火花のようにパッとはじけて散りました。

     固唾を呑んで見守っていた萬黒斎教主様と庵主様が、『アッ』と小さく声を上げたのは、けれどもその飛び散った女の水のためではありません。
     男根を呑み込んだ奥様のマンコが張り裂けはしないかと心配をしてのことでもありません。

     それまでアリノトワタリと肛門をピタピタとたたいていた大小のキンタマを包んだ玉袋が、じわりじわりと伸び出してぐ〜んと垂れ下がってきたのです。
     キンタマの袋が、男性のコーフンと共にちぢむ現象は見慣れていた萬黒斎教主様と庵主様ですが、伸び出すというのは初めてです。
     驚きのあまり、たがいに顔を見交わした萬黒斎教主様と庵主様でした。

    「はははははっ、奥様のオマンコがあまりにも具合がよろしいから、ちょいと手間取ってしまいましたが、やっとこさ準備が出来たようですよ」

     乾いた笑い声を発しながらも、黒玉くんの声の調子は真剣です。

     小さいほうのキンタマはアリノトワタリから肛門の上に、大きい方のキンタマはダラ〜ンんとその下にぶら下がっています。

     いきなり黒玉くんは、ピストンの腰の動きを変えました。
     自らのお尻を大きく後ろに跳ね上げるような腰使いです。
     そして今までよりもさらに強い調子でオマンコにチンポをぶち込みました。
     すると、見よっ、
     大きい方のキンタマはプラ〜ンと振り子のように大きく揺れ、揺れ戻したかと思うと肛門の上の小さいキンタマをド〜ンと直撃したのです。

    「ウギャアアアアアアア〜〜〜ッ」

     奥様の絶叫が部屋の中に響き渡りました。
     黒玉くんは委細かまわずまたしても腰を大きく跳ね上げるように引き上げると、オマンコからまたしても激しく吹き出す大噴水。
     先刻の花火の火花どころではなく、黒玉くんの頭を越えるほどの高さに吹き上げる噴出ぶり。
     カニのように平つくばってオマンコとチンポの接点を覗き込んでいた萬黒斎教主様と庵主様の頭上に、大噴水はザッと降りかかりました。

     黒玉くんは驚きもせず、振りかざしたお尻をさらに激しく突き立てました。
     またしても大玉キンタマは小玉キンタマをド〜ンと直撃、奥様は全身をケーレンさせましたがあまりの衝撃に、もう声も出ない様子です。
     ヒュ〜ヒュ〜という喉の奥からのあえぐ息の音ばかりです。

     三度、四度、五度とこのキンタマ直撃運動を繰り返しますと、しだいに小さい方のキンタマは奥様の肛門の中にめり込んでゆくのでした。
     キンタマが半分ほどめり込んだときです。
     これがとどめと思ったか、黒玉くんがひときわ腰に弾みを付けて大きいキンタマを振り回し、ドカンと叩きつけた瞬間に、ついには小さなキンタマは肛門の中に沈み込んで見えなくなりました。
     奥様は四肢を投げだしぴくぴくケーレンさせています。
     もはや体内に吹き出すほどのオシッコは残っていないらしく、けれども尿道口は開きっぱなしなのでしょう。
     はめ込んだチンポコのサオを伝って、なお、名残りの小便がダラダラと流れ落ちていました。

     ここで黒玉くんは尻を振り上げる動きから、静かなチンポのピストンに戻しました。
     虎波佐見夫人の喉の奥から漏れていた、すきま風のような荒い息の音も、やがて静まり、布団の上に投げ出していた四肢にも感覚が戻ってきたようです。

    「ああああ〜っ、やだあ〜、ウ、ウンチがしたくなっちゃった・・・・」

     子どもがぐずりだしたかのような声で、奥様が言いました。

    「ふふふふふ、奥様、それはウンコではないのですよ。
     奥様のケツの穴が呑み込んだ、わたしのキンタマなのですよ。
     ウンコをガマンするときのように、肛門に力を入れて、ケツの穴の中のキンタマをぐぐっと奥に戻してごらんなさい」

    「・・・・や、やだあ、ウンチでちゃうよ〜、んぐ〜、はあはあはあ、・・・・ああああ、ウンチがお腹の中に入ってきたあ、も、戻りウンチはオナラの元凶です」

    「ぐひひひひひ、さ、そこでだ、奥様、一気にオナラをぶっ放すつもりで肛門を開放してごらんなさい」

    「んま〜、なんてことを、いくら歳はとっても女は女。
     オマンコの最中に、なんとゆ〜下品なことを女にサセよ〜となさるのか」

     奥様の声はさすがに少し気色ばんでいます。

    「うふっ、そ〜ですか、しかし、わたしのフグリは奥様の『へ』の音を聞きたがっているようですよ。ほ〜れ〜、こう引きずり出したらなんとします?」

     黒玉くんが腰を一ひねりすると、奥様の肛門に呑み込まれていた玉袋がぐぐっと縮んで参ります。
     体内に沈んでいたキンタマが肛門間際に引き寄せられると、空気入れの原理でたちまち肛門筋をふるわせる空気音が『ブブブブブブバ〜ッ』と響きます。
     引きずり出された玉袋は、奥様の必死の抵抗で再び呑み込まれ、呑み込まれては引き戻されて、『ブブブブピ〜』とけたたましい音を発し、それを繰り返すこと五回、六回。

    「きゃあっ、いやだあ、ひ、人でなし〜〜っ」
     悲鳴と共に、激しく体をケーレンさせる奥様です。
     ここまですでに幾度も堅太りの身を震わせて、気をやり続けてきた奥様は、悲鳴の声もかすれていました。

    「ぐわっはっはっはっ、淫猥の極致は差別と被差別、羞恥と虐待とそれらの裏返しがグッチャグッチャになったカオスから生まれてくるのです。
     陰茎、キンタマ、放屁責め、ど〜だ、ど〜だ、マンコとケツの穴の具合はど〜だあっ」
     ぐちゃぐちゃ抜き挿す高速ピストン、ぬちゃぬちゃ出し入れ玉袋、ぴ〜ぴ〜ぶかぶか連続放屁、チンドン屋さんか祭ばやしのような音を立て、黒玉くんは鬼の形相です。

     粘膜と粘液のぐちゃぴちゃ音の高まりと、二人の荒い息づかいが高まって、いよいよ黒玉くんは最後の仕上げにかかっているらしいのです。

     オマンコをしている人の息は熱を帯び、口臭のニオイは濃くなります。
     コーフンの高まりと共に、マンコ汁の匂いの濃さも高まります。
     ましてや肛門から絶え間なく排出されるウンコ臭で、室内は異様な匂いに充ち満ちてきました。
     そしてその匂いの濃度の高まりも、ますますコーフンを高めるのです。


     ハタで見ていた萬黒斎教主様と庵主様も、いつもの『羞恥の暗愚から解放の禊ぎまんこ』を始める余裕もなく、おのおの勝手にセンズリ、マンズリをしながら固唾を呑んで見守っていました。

    「す、すごい、キンタマをケツの穴にぶち込む技などとゆ〜ものは、初めてです。
     それも出したり入れたりとは、・・・・こ、これは人間国宝級のワザではありますまいかあっ・・・・あ〜、うらやましい〜、虎波佐見さんのケツの穴がうらやましい。
     ねえねえ、あんたあっ、あんたもあのキンタマ技を身につけなさいよ〜」

     今となっては、たんなるスケベおばさんに戻り、教主様に向かって口走っている庵主様でした。


     ギャバギャバギャバッと、チンポとマンコの抜き差し音が一段と高まり、ブオッと盛大に奥様のケツの穴から大放屁音が発されたと思うや、ドバドバドバッと吹き出す大噴水。
     おおっ、奥様の体内には、まだこんなにションベンが残っていたのかと萬黒斎教祖様と庵主様が口をあんぐり上げて見上げた瞬間、黒玉くんがケダモノの咆哮のような一声を上げて、グイッとチンポを根元までマンコに押し込みました。

     射精の時がついに訪れたのです。

     ドクドクドクと陰茎からオマンコの奥深くに放出する吐精の快感に、黒玉くんのお尻の筋肉はビクンビクンとケーレンします。
     およそ十五秒にもわたるケーレンの後、
    「んぐ〜、ま、まだ、まだ出るよ〜〜」と、オマンコのさらに奥深くにチンポを深く差し入れようとするかのように、はげしく身もだえをした黒玉くん。メスの子宮にタネをシッカリ付けようとする、オスの本能をむき出しにした腰の動きです。
     さらにそこから、射精はたっぷり十秒間は続きました。

     およそ人間ばなれした、この長々と続いた射精の後、オマンコの穴のぬくもりへの未練を断ち切るかのように、ぐいと腰を引き、まだ隆々と勃起したままのチンポをズボリッと音立てて抜き取れば、ぽっかりとチンポの太さを残してあいたマンコの穴から、たちまちあふれ出す精液の量のすごさに、驚嘆の声を上げた萬黒斎教主と庵主様でした。
     まさに馬並み。ドロドロと流れ出た精液は、ぼたぼたと音を立てて布団の上に流れ落ち、やや淡い黄色みもところどころにまじった白濁した粘液のたまりをつくり、湯気と濃厚なイオウのようなにおいが立ち上りました。

     ミイラにするために、はらわたを抜き取られた死体のように、マンコにあいた大穴をさらけ出したまま、ぐっしょりと小便を吸った床に横たわる奥様の全身はぴくりともしません。
      ---------------------- 失神しているのです。

     ゆっくりと、ゆっくりと桜色に染まった奥様の体が、もとの肌の色に戻ってゆくのを眺めながら、黒玉くんはオマンコから抜き取ったチンポのサオを丹念にぬぐい、大小の玉の玉袋も清めて、越中ふんどしの中に包み込みました。

     黒玉くんの体は、心なしか右に傾いています。

    「ど、どうなされましたか、黒玉さん。体が妙に傾いていますよ」

    「あはっ、気のせいとは思うのですが、今度のように大量に射精をした後では、キンタマが妙に軽くなった気がしましてね、トゥーマッチセルフコンシャスとゆ〜のでしょ〜か、大きい方の玉が軽くなってしまった度合いが大きい気がして、無意識に体が右に傾いてしまうのです」

     黒玉くんは、細い方の脚をさすりながらニタリニタリと笑いました。

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    人気サイト比較  無修正コレクション  サイト比較NAVI
    サイトの人気順     動画の人気順     アダルト検索
    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<びっくりキンタマ男の巻@夜とぎ沈丁49 | ホーム | 節分の毛マンコ豆まきの巻@夜とぎ沈丁51>>
    1. 2010/01/31(日) 08:09:49|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:2|
    4. コメント:0
    「特大キンタマくん大暴れの巻@夜とぎ沈丁50」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    盗視・母のチンポしゃぶりの巻@夜とぎ沈丁220 (2010/12/11)
    アナル射精で悶絶しましたの巻@夜とぎ沈丁196 (2010/11/07)
    盗視・射精の瞬間の巻@夜とぎ沈丁227 (2010/12/18)
    <<びっくりキンタマ男の巻@夜とぎ沈丁49 | ホーム | 節分の毛マンコ豆まきの巻@夜とぎ沈丁51>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3380-7ef7b045

    http://www.nikeairmax2012.org

    2-litre 4cyl diesel, 158bhpCO2/tax: 194g/km/£245?| Nike Free 3.0 Economy: 372-litre 4cyl diesel, 158bhpCO2/tax: 194g/km/£245?| Economy: 37.uk todayguardianuk todayguardian.uk today is our daily snapshot of t
    1. 2013/04/24(水) 15:57:00 |
    2. http://www.nikeairmax2012.org

    Nike Air Max Bambini

    The current Fiesta’s interior still looks fresh, so there aren’t any major changes to the dash Air Jordan Scarpe or switchgearThe current Fiesta’s interior still looks fresh, so there aren’t any
    1. 2013/04/24(水) 15:56:48 |
    2. Nike Air Max Bambini

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close