無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第4位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第5位
 黄金のコスチュー
激しく燃え上がりたい夜は、いつもとは違う金色の攻撃......(→続き)
  第6位
 爺ちゃん婆ちゃん
 枕元のあんどんを吹き消しまして、ふとんを口元まで......(→続き)
  第7位
 おばあちゃんのお
お国があてにならないとしましたら、やっぱりおばあち......(→続き)
  第8位
 ゲートボール老人
「シイタケ屋のご隠居さん、だいじょうぶかね、顔が真......(→続き)
  第9位
 早漏防止スプレー
貴男はパートナーを十分に満足させていますか? 疲......(→続き)
  第10位
 お母さんのマンコ
「ほんとうの女体の扱い方をまだ知らないみたいねえ、......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

日本縦断熟年夫婦おまんこ風景@夜とぎ沈丁4

  • <<方言プレイ@夜とぎ沈丁3 | ホーム | おばあちゃんの尻の穴@夜とぎ沈丁5>>

  • 「ケッ、ケシカラン・・・・」

    名古屋市東区上竪杉町のお部屋で、パソコンに向かいながら、出雲花袋氏はうめくようにつぶやいてまった。
    眉間にゃぁ、深くしわが刻まれていやぁす。えりゃーこと怒っとるのだがや。

    机の上の、先ほど奥様のナメヨ夫人が置いていった赤い鎌首ドリンクをわしづかみにしまして、ギリリリと音を立ててふたを開けましたでょ。

    ゴクゴクゴクと一気に赤い鎌首ドリンクを飲み干し、あらためてパソコンの画面をにらみつけ、まあはい一度、こんだゃぁ大声で叫びましたでょ。

    「けしからん、年寄りをなんだと思っとるのだ」

    背後で、木綿のパンツを脱ぎ、スケスケの紫色の穴あきスキャンチに履き替えていたナメヨ夫人が、往生こいて花袋さんに声を掛けましたでょ。

    「どうしてまったでよぉか、おじいさん」

    「どうもこうもあるもんか。ナメヨ、ちょっとこっちに来て、これを読みやぁ。
    年寄りをたんちんにしてる。どうゆーつもりなんだ、この女は」

    「あれれれ、まーえーとこ『ママの秘宝館』ですか。なんだか下品なブログのようだねぇえ。
    おじいさん、そんなエッチなもんをわたしに読ませて、どうしようとゆーのだがや。
    ムフフフフ、まあはいパソコンなんてやめにしまして、こっちに来てちょーだぇーな。
    ほら、おじいさんの好きな下着に変えましたでょよ」
    「おお、はきかえてちょーたかい。ほりゃかんわ、ぜんぜん、たんちんな女だぎゃ。おみゃーのオベンチョを、このママの秘宝館とかを書いてる女に見せてやりたゃぁーよ。
    ええかい、ナメヨや。
    このバカ女は、年をとると女のオベンチョがゆるくなるのは、固くなってまうできらにゃ〜オトコのチンポでもゆるゆると入れられちゃうようになるためだなんて書いていやがるのだぎゃ。
    おれはこの年になっても、チンポが固くなれなかったことはにゃ〜ぞ。
    ナメヨだってそう思うだろう、おみゃーのオベンチョの締まり具合ったら、十六の時に、俺がハミェハミェしたときとほりゃかんわ、ぜんぜん変わらにゃ〜締まりの良さだもんな」

    「おじいさん、そんな怖い顔をせんで、ほら、ここ、この穴のとこですよ。
    見て見て。ねえねえねえ、このスキャンチのここのとこ、この間みたぇーに脱がすんじゃなくて、今夜は穿いたままで、ここのとこを開いてちょーだぇーな。
    スキャンチの穴を開くと、まあはいひとつ開くもんがあるぎゃぁから。
    ねえ、お願いだがや。はよう」

    「おおおお、オベンチョだあ。ナメヨや、今夜もたっぷりとナミェナミェしてやるからな。
    そして、ああ、この『ミャミャの秘宝館』のバカ女に、俺のチンポがカチンカチンに固くなって、ナメヨのオベンチョにぶち込まれてるとこを見せてやりたゃぁーもんだなあ」

    「んまーえーとこ、おじいさんたら、人に見せたいなんて、そんなエッチなことを言わなくても、ばあちゃんのオベンチョはおじいさんのオチンポを大満足させてあげますよ」

    出雲花袋氏は、手にしていた赤い鎌首ドリンクのビンを投げ捨てまして、とびつくようにナメヨ夫人の股ぐらにとりついてまった。

    両手でぐいとナメヨ夫人の脚をつかみ、大股開きにさせましたでょ。
    スケスケスキャンチを通してうっすらと黒いもんが見えるその一点をめがけまして、真っ赤な舌を伸ばせるだけ伸ばして、突進してゆく花袋さんでしたでょ。

    「ナメヨや、今日は指を使わにゃ〜で、舌だけで開いてあげるからな。このひらひらした下着は、腰巻きとはちがって開きがいがある。もちろん中のひらひらも、舌だけでこじ開けてあげるからね」

    「んもー、おじいさん、そんなにじらさせんで、指でスキャンチを開いて、はやいとこオベンチョをなぶってちょーだぇーな」

    「むひひひひひ、じっくりと攻めるのが年をとったもんのオベンチョの楽しみ方だよ。
    『ミャミャの秘宝館』のバカ女が、うらやましがってムキーッと叫んでるのが聞えてくるような、ペロペロなめなめを延々としてやるからねー」

    鼻先で、くんくんとナメヨ夫人の股の付け根をかぎまわりながら、うめくようにママを罵る花袋さんでしたでょ。



    ・・・・・・・・・(^_^;)・・・・・・・・コマッタニャー・・・・



    「ケッ、ケシカラン・・・・」

    ところは変わりまして鹿児島市田上町のお部屋で、パソコンに向かいながら、桜島噴太氏はうめくごとつぶやきもした。
    眉間にな、深くしわが刻まれておいもす。とっても怒っとうのござんで。

    机ん上の、先ほど奥様のサセヨ夫人が置いていった「復活桜島男根ドリンク」をわしづかみにしまして、ギリリリと音を立ててふたを開けもした。

    ゴクゴクゴクと一気に「復活桜島男根ドリンク」を飲み干し、あらためてパソコンの画面をにらみつけ、もういっど、今度は大声で叫びもした。

    「けしからん、年寄いをなんだと思っとうのだ」

    背後で、木綿のパンツを脱ぎ、スケスケの紫色の穴あきスキャンティに履き替えていたサセヨ夫人が、おどろいて噴太さぁに声を掛けもした。

    「いけんしもしたか、おじいさぁ」

    「いけんもこうもあうもんか。サセヨ、ちっとこっちに来て、こよ読みなさい。
    年寄いをばかにしじぁ。いけんいうつもいなんだ、こん女は」

    「あれれれ、まあ『ママの秘宝館』ですか。なんだか下品なブログのよなあえ。
    おじいさぁ、そげんエッチなものをおいに読ませて、いけんしごとちゅうのござんで。
    ムフフフフ、もうパソコンなんてやめにしまして、こっちに来やったもんせな。
    ほら、おじいさぁの好きな下着に変えましたよ」

    「おお、はきかえてくれたかい。まこて、ばかな女だ。おまえのボボを、こんママん秘宝館とかを書いとう女に見せてやいたいど。
    よかかい、サセヨや。
    こんバカ女は、年をとうと女のボボがゆうくなうのは、固くないきらんオトコのチンポでんゆうゆうと入れられうごとなうためだなんて書いていやがっのだ。
    おれはこん年になっても、チンポが固くなれなかったこたあんぞ。
    サセヨだってそう思うだろう、おまえのボボの締まい具合ったら、十六の時に、俺がハメハメしたときとまこて変わらん締まいの良さだものな」

    「おじいさぁ、そげん怖い顔をせじ、ほら、ここ、こん穴のとこいですど。
    見て見て。ねえねえねえ、こんスキャンティのここんとこい、こん間みたいに脱がすんほいならなくて、今夜は穿いたままで、ここんとこいを開いてくいやんせな。
    スキャンティの穴を開くと、もうひとつ開くもんがあいもすからね。
    ねえ、お願いござんで。早くう」

    「おおおお、ボボだあ。サセヨや、今夜もたっぷいとナメナメしてやうからな。
    そして、ああ、こん『ママの秘宝館』のバカ女に、俺のチンポがカチンカチンに固くなって、サセヨのボボにぶち込まれとうとこいを見せてやいたいものだなあ」

    「んまあ、おじいさぁたら、ひとい見せたいなんて、そげんエッチなこっぉ言わなくても、ばあちゃんのボボはおじいさぁのオチンポを大満足させてあげもすよ」

    桜島噴太氏は、手にしていた「復活桜島男根ドリンク」のビンを投げ捨てまして、とびつくごとサセヨ夫人の股ぐらにといつきもした。

    両手でぐいとサセヨ夫人の脚をつかみ、大股開きにさせもした。
    スケスケスキャンティを通してうっすらと黒いもんが見ゆっそん一点をめがけまして、真っ赤な舌を伸ばせうだけ伸ばして、突進してゆく噴太さぁでした。

    「サセヨや、今日は指を使わんで、舌だけで開いてあげうからな。こんひらひらした下着は、腰巻きとはちがって開きがいがあうね。もちろん中のひらひらも、舌だけでこじ開けてあげうからね」

    「んもー、おじいさぁ、そげんにじらさんで、指でスキャンティを開いて、はやいとこボボをいじってくいやんせな」

    「むひひひひひ、じっくいと攻むうのが年をとったもののボボの楽しみ方だど。
    『ママん秘宝館』のバカ女が、うらやましがってムキーッと叫んでいうのが聞えてくうよな、ペロペロなめなめを延々としてやうからねー」

    鼻先で、くんくんとサセヨ夫人の股の付け根をかぎまわいながら、うめくごとママを罵う噴太さぁでした。



    ・・・・・・・・・・・(^_^;)・・・・ママは困りオゴジョ・・・・




    「ケッ、ケシカラン・・・・」

    またまたところがかわりまして大阪府羽曳野市のお部屋で、パソコンに向かいながら、浪速羽目助氏はうめくようにつぶやいたんや。
    眉間には、深くしわが刻まれていまんねんわ。とっても怒っとるのんや。

    机の上の、先ほど奥様のシメコ夫人が置いていった「土手焼きトロトロドリンク」をわしづかみにしまして、ギリリリと音を立ててふたを開けたんや。

    ゴクゴクゴクと一気に「土手焼きトロトロドリンク」を飲み干し、あらためてパソコンの画面をにらみつけ、もういっぺん、今度は大声で叫びたんや。

    「けしからん、年寄りをなんやと思っとるんや」

    背後で、木綿のパンツを脱ぎ、スケスケの紫色の穴あきスキャンティに履き替えとったシメコ夫人が、おどろいて羽目助はんに声を掛けたんや。

    「どうしたんや、おじいはん」

    「どうもこうもあるもんか。シメコ、ちいとばっかこっちに来て、これを読みなさいちうわけやわ。
    年寄りをばかにしとるのんや。どういうつもりなんや、この女は」

    「あれれれ、まあ『ママの秘宝館』やろか。なんやか下品なブログのようやねえ。
    おじいはん、そないなエッチなものをわいに読ませて、どうしようちうのや。
    ムフフフフ、もうパソコンなんてやめにしまして、こっちに来ておくんなはれな。
    ほら、おじいはんの好きな下着に変えたんやよ」

    「おお、はきかえてくれたかいちうわけやな。まるっきし、ばかな女や。おまえのボボを、このママの秘宝館とかを書いとる女に見せてやりたいわ。
    ええかい、シメコや。
    このバカ女は、年をとると女のボボがゆるくなるのは、固くなりきりまへんオトコのチンポでもゆるゆると入れられるようになるためだなんて書いていやがるのや。
    おれはこの年になっても、チンポが固くなれなかったことはないぞ。
    シメコだってそう思うやろう、おまえのボボの締まり具合ったら、十六の時に、わしがハメハメしたときとまるっきし変わりまへん締まりの良さだものな」

    「おじいはん、そないな怖い顔をせんで、ほら、ここ、この穴のとこや。
    見て見て。ねえねえねえ、このスキャンティのここのとこ、この間みたいに脱がすんやなくて、今夜は穿いたまんまで、ここのとこを開いておくんなはれな。
    スキャンティの穴を開くと、もうひとつ開くものがあるさかいにね。
    ねえ、お願いや。早くう」

    「おおおお、ボボだあ。シメコや、今夜もたっぷりとナメナメしてやるからな。
    ほんで、ああ、この『ママの秘宝館』のバカ女に、わしのチンポがカチンカチンに固くなって、シメコのボボにぶち込まれとるとこを見せてやりたいもんやなあ」

    「んまあ、おじいはんたら、人に見せたいなんて、そないなエッチなことを言わなくても、シメコのボボはおじいはんのオチンポを大満足させてあげまんねんよ」

    浪速羽目助氏は、手にしとった「土手焼きトロトロドリンク」のビンを投げ捨てまして、とびつくようにシメコ夫人の股ぐらにとりついたんや。

    両手でぐいとシメコ夫人の脚をつかみ、大股開きにさせたんや。
    スケスケスキャンティを通してうっすらと黒いものが見えるその一点をめがけまして、真っ赤な舌を伸ばせるだけ伸ばして、突進してゆく羽目助はんやったわ。

    「シメコや、今日は指を使いまへんで、舌だけで開いてあげるからな。このひらひらした下着は、腰巻きとはちがって開きがいがあるね。もちろん中のひらひらも、舌だけでこじ開けてあげるからね」

    「んもー、おじいはん、そないなにじらさないで、指でスキャンティを開いて、はやいとこボボをいじっておくんなはれな」

    「むひひひひひ、じっくりと攻めるのが年をとったもののボボの楽しみ方やでえ。
    『ママの秘宝館』のバカ女が、うらやましがってムキーッと叫んでいるのが聞えてくるみたいな、ペロペロなめなめを延々としてやるからねー」

    鼻先で、くんくんとシメコ夫人の股の付け根をかぎまわりながら、うめくようにママを罵る羽目助はんやったわ。



    ・・・・・・・・・・・・(^_^;)・・・むはは、そないでっかあ・・・・



    「ケッ、ケシカラン・・・・」

    ・・・・しつこいようだてが、このお話はまだ続ぐんだハデす・・・(^_^;)・・エヘッ

    まだまだ場所っこ変わったおんだはんで、青森県東津軽郡郷沢のお部屋で、パソコンに向かいながら、赤井金太氏はうめぐようにつぶやきますたぁー。
    眉間には、深ぐしわが刻まれてでゃ。ものすげ怒ってるハんデす。

    机の上の、先ほど奥様のイクヨて人が置いていった「しょっつる精力ドリンク」ばわしづかみにしまして、ギリリリど音ば立ててふたば開けますたぁー。

    ゴクゴクゴクど一気に「しょっつる精力ドリンク」ば飲み干し、あらためてパソコンの画面ばにらみつけ、もう一度、今度は大声で叫びますたぁー。

    「けしがらん、年寄りばなんだど思ているのだ」

    背後で、木綿のパンツば脱ぎ、スケスケの紫色の穴あきスキャンティに履き替えていたイクヨてで人が、たまげで金太さんに声ば掛けますたぁー。

    「どべじぐりしたか、じっちゃ」

    「何んぼもこうもあるもんか。イクヨ、ちょっどこっちに来て、これば読みまれ。
    年寄りばばかにしている。何んぼいうつもりなんだ、このオナゴは」

    「あれれれ、まあ『ママの秘宝館』だてか。なんだか下品なブログのようだてねえ。
    じっちゃ、そしたらエッチなものばおらサ読ませて、どべこすんべどいうハデす。
    ムフフフフ、もうパソコンなんてやめでさ、こっちさ来てけれてばや。
    ほら、じっちゃの好ぎな下着に変えますたぁーよ」

    「おお、はきかえてけだかい。まったぐ、ばかな女だ。おまえのダンベば、このママの秘宝館どがば書いている女にメへてやりてよ。
    いがい、イクヨや。
    このバカ女は、年ばどるど女のダンベがゆるぐなるのは、固ぐなりきらないオトコのチンポでもゆるゆるど入れられるようになるためだなんて書いていやがるのだ。
    おれはこの年になても、チンポが固ぐなれながたごどはないぞ。
    イクヨだばてそう思うだべ、おまえのダンベの締まり具合ったら、十六の時に、俺がハメハメしたどきどまったぐ変わらない締まりの良さだものな」

    「じっちゃ、そったら怖い顔ばしないで、ほら、こご、この穴のどごだてよ。
    見で見で。ねえねえねえ、このスキャンティのこごのどご、この間みてに脱がすんだばなぐて、今夜は穿いたままで、こごのどごば開いてけでってば。
    スキャンティの穴ば開ぐど、もうふどっつ開ぐものがあるのすうがらね。
    ねえ、お願いだて。早ぐう」

    「おおおお、ダンベだあ。イクヨや、今夜もたっぷりどナメナメしてやるがらな。
    そして、ああ、この『ママの秘宝館』のバカ女に、俺のチンポがカチンカチンに固ぐなて、イクヨのダンベにぶち込まれているどごばメへてやりてものだなあ」

    「んまあ、じっちゃたら、人に見せてなんて、そしたらエッチなごどば言わなぐても、ばっちゃのダンベはじっちゃのチンボば大満足させてあげますよ。
    はやぐ、へっぺしてちょだい」

    赤井金太氏は、手コにしていた「しょっつる精力ドリンク」のビンば投げ捨てまして、どびつぐようにイクヨて人の股ぐらにどりつきますたぁー。

    両手コでぐいどイクヨて人の脚ばつかみ、大股開きにさせますたぁー。
    スケスケスキャンティば通してうっすらど黒いものが見えるその一点ばめがんけまして、真っ赤な舌ば伸ばせるだげ伸ばして、突進してゆぐ金太さんでした。

    「イクヨや、今日は指ば使わないで、舌だげで開いてやるがらな。このひらひらした下着は、腰巻きどはちがって開きがいがあるね。もちろん中のひらひらも、舌だげでこじ開けてあげるがらね」

    「んもー、じっちゃ、そしたらにじらさないで、指でスキャンティば開いて、はやいどこダンベばいじってけれでば」

    「むひひひひひ、じっぐりど攻めるのが年ばどったもののヘッペの楽しみ方だべ。
    『ママの秘宝館』のバカ女が、うらやましがってムキーッど叫んでいるのが聞えてぐるような、ペロペロなめなめば延々どしてやるがらねー」

    鼻先で、クンクンどイクヨて人の股の付け根ばかぎまわりながら、うめぐようにママば罵る金太さんであったおんだよ。



    ・・・・・・・・・(^_^;)・・・・・・・たはは、・・・んだが・・・・???



    「ケッ、ケシカラン・・・・」

    ・・・しつこすぎるみたいだけどさ、このお話はまだまだ続くのさ・・・(^_^;)・・タハハッ

    またまたまた、ところがかわりまして北海道長万部の長万部マリア教会に近いお部屋で、パソコンに向かいながら、日熊猛者次郎氏はうめくようにつぶやいたべさ。
    眉間には、深くしわが刻まれてるっしょ。たいした怒っているんだべさ。

    机の上の、先ほど奥様のヌレコ夫人が置いていった「毛蟹もびっくり精力ドリンク」ばわしづかみにしまして、ギリリリと音ば立ててふたば開けました。

    ゴクゴクゴクと一気に「毛蟹もびっくり精力ドリンク」ば飲み干し、あらためてパソコンの画面ばにらみつけ、もう一度、今度は大声で叫びました。

    「けしからん、年寄りばなんだと思っているのだ」

    背後で、木綿のパンツば脱ぎ、スケスケの紫色の穴あきスキャンティに履き替えていたヌレコ夫人が、たまげてさ、猛者次郎さんに声ば掛けました。

    「どうしたのさ、ジジ」

    「どうもこうもあるもんか。ヌレコ、ちょびっとこっちに来て、これば読みなさい。
    年寄りばばかにしているべ。どういうつもりなんだ、この女は」

    「あれれれ、まあ『ママの秘宝館』ってかい。なんだか下品なブログみたいだねえ。
    ジジ、そんなエッチなものばわたしに読ませて、どうしようというんだべか。
    ムフフフフ、もうパソコンなんてやめにして、こっちに来てちょうだい。
    ほら、ジジの好きな下着に変えたんだよ」

    「おお、はきかえてくれたかい。まったく、ばかな女だべ。おまえのダンベば、このママの秘宝館とかば書いている女に見せてやりたいよ。
    いいかい、ヌレコや。
    このバカ女は、年ばとると女のダンベがゆるくなるのは、固くなりきらないオトコのカモでもゆるゆると入れられるようになるためだなんて書いていやがるのだべ。
    おれはこの年になっても、カモが固くなれなかったことはないぞ。
    ヌレコだってそう思うんだべ、おまえのダンベの締まり具合ったら、十六の時に、俺がハメハメしたときとまったく変わらない締まりの良さだものな」

    「ジジ、そんなおっかねぇ顔ばしないで、ほら、ここ、この穴のところさ。
    見て見て。ねえねえねえ、このスキャンティのここのところ、この間みたいに脱がすんじゃなくて、今夜は穿いたままで、ここのところば開いてちょうだいな。
    スキャンティの穴ば開くと、もうひとつ開くものがありますからね。
    ねえ、お願いだべさ。早くう」

    「おおおお、ダンベだあ。ヌレコや、今夜もたっぷりとナメナメしてやるからな。
    そして、やんや、この『ママの秘宝館』のバカ女に、俺のカモがカチンカチンに固くなって、ヌレコのダンベにぶち込まれているところば見せてやりたいものだなあ」

    「んまあ、ジジたら、人に見せたいなんて、そんなエッチなことば言わなくても、ババちゃんのダンベはジジのカモば大満足させてあげますよ」

    日熊猛者次郎氏は、手にしていた「毛蟹もびっくり精力ドリンク」のビンば投げ捨てまして、とびつくようにヌレコ夫人の股ぐらにとりついたのさ。

    両手でぐいとヌレコ夫人の脚ばつかみ、大股開きにさせたのさ。
    スケスケスキャンティば通してうっすらと黒いものが見えるその一点ばめがけまして、真っ赤な舌ば伸ばせるだけ伸ばして、突進してゆく猛者次郎さんだったべさ。

    「ヌレコや、今日は指ば使わないで、舌だけで開いてやっからな。このひらひらした下着は、腰巻きとはちがって開きがいがあるもんだね。もちろん中のひらひらも、舌だけでこじ開けてあげてやるからね」

    「んもー、ジジ、そんなにじらさないで、指でスキャンティば開いて、はやいとこダンベばいじってちょうだいな」

    「むひひひひひ、じっくりと攻めるのが年ばとったもののヘッペの楽しみ方だべ。
    『ママの秘宝館』のバカ女が、うらやましがってムキーッと叫んでいるのが聞えてくるような、ペロペロなめなめば延々としてやるからねー」

    鼻先で、くんくんとヌレコ夫人の股の付け根ばかぎまわりながら、うめくようにママば罵る猛者次郎さんだったのさ。



    ・・・・・・(^_^;)・・・あはっ・・・おら負げね・・・・・・やれやれ
    つ、疲れましたが、このお話は、まだまだ続くのだおんだもすんだはんで・・・・・・?????????

    アレーーーッ、こ、こ・・・言葉遣いがめちゃくちゃになってしまいましたあ・・・・・これってなおるのかなーーー(^_^;)

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    人気サイト比較  無修正コレクション  サイト比較NAVI
    サイトの人気順     動画の人気順     アダルト検索
    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<方言プレイ@夜とぎ沈丁3 | ホーム | おばあちゃんの尻の穴@夜とぎ沈丁5>>
    1. 2009/03/06(金) 22:12:39|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:1|
    4. コメント:1
    「日本縦断熟年夫婦おまんこ風景@夜とぎ沈丁4」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    万〆ウナギ前編の巻@夜とぎ沈丁28 (2009/10/10)
    チンポにオシッコかけてくれの巻@夜とぎ沈丁160 (2010/09/04)
    母の夜の秘密の巻@夜とぎ沈丁217 (2010/12/08)
    <<方言プレイ@夜とぎ沈丁3 | ホーム | おばあちゃんの尻の穴@夜とぎ沈丁5>>

    コメント

    暇な時って寂しいよね


    ちょっとした時間でもスイスイっと暇つぶしできればいいかなーって
    どうせなら楽しく女と遊びたいし、そういう時によく使ってる^^
    http://bit.ly/hQi3jr
    1. 2011/03/05(土) 19:03:38 |
    2. URL |
    3. HIRO #-
    4. [ 編集]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3331-04ba0b7d

    鳥取県 - オークションワン

    1発落札も夢じゃない!驚愕の1円落札者続出オークション!
    1. 2011/10/26(水) 21:42:54 |
    2. 鳥取県 - オークションワン

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close