無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第4位
 男もヨガるアナル
「ひゃあ〜、すてきやわあ。  今日は無理かもしれ......(→続き)
  第5位
 春の野山でチンポ
「ひゃあ〜、滑造さんじゃありませんか〜、あは〜ん、......(→続き)
  第6位
 毛が無いから穴の
毛のない女の子は好きですか? わたしはオマンコの毛......(→続き)
  第7位
 No.63 楓
作品名 No.63 楓 鬼畜たちが遊んでいたクラブ......(→続き)
  第8位
 盗視・クモも呆れ
母はチンポをお尻の穴に入れたまま、投げ出された叔父......(→続き)
  第9位
 黒い水晶の巻@夜
「オウメの手で無理やりにマンコに入ったカリクビだけ......(→続き)
  第10位
 義理の息子のムス
娘のダンナに手を出すお母さんのマンコは使い込まれて......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

クリトリストラの夜

  • <<お世話になってるあの方へ | ホーム | 日本縦断おまんこ旅クイズ>>

  • 「・・・もう、来なくてイイからね」

    ジチョーの声に、カタオカさんはうなだれていた首を不意にもたげ、ジチョーの顔を見つめ、それからふわりと視線を泳がせて事務所の中をゆっくりと見回しました。

    「聞えたのかい、カタオカさん、もう来なくてイイっていったんだよ」

    カタオカさんの動作が、まるで悠然としているように見えたというのでしょうか、ジチョーの声はのどの奥に力を込めて発したのでしょう、変にひび割れた甲高いものに変わっていました。

    「へえ、わかりやした。どーも、長いこと・・・・しかし、ジチョーさん」

    カタオカさんは、事務所の隅の湯沸かし器をおいてあるあたりをぼんやりと見つめながら、口ごもりながら言いかけました。

    「カタオカさん、あんただけじゃないんだ。いーかい、俺の身にもなってくれよ、俺がこうしたことを言うのは、あんたで五人目なんだぞ。ソーダ、五人目だ。わかっているじゃないか。あんたたちの言いたいことはわかってる。俺とゆー男は鬼みたいなヤローだと、そー思ってるんだろ」

    ジチョーの声かすかに震え始めていました。

    「い、いや、なにもジチョーさん、俺はそんなことは」

    「へー、そんな風には思わないって、こー言うのかい、カタオカさん。そーか、そーならもうひとつ言わしてもらうよ。俺だって、こんな事は言いたくないんだ。だけど、こいつは会社の上からの命令だ。トップダウンの会社のしくみの中では、俺がどんなにあがいたってあんたたちをどーにかしてやるなんてできないんだよ」

    「いや、ジチョーさん、ワシは何もそんなこと・・・・いや、ながいことお世話になりました。どーぞ、ジチョーさんにおかれましてはお体に気をつけられて」

    へその下に力を入れ直したのでしょうか、カタオカさんは頬のあたりを急に紅潮させ、ロボットのように肩を水平に持ち上げて、低いけれどサビをふくんだ声で言いました。

    「へっ、・・・あの、もういいの?もう、なんにも言うことないの?」

    カタオカさんのいきなりの力のこもった低音の声に、ジチョーは少したじろいだ風に、体をのけぞらせました。

    「あ、ワシのロッカーには何も残ってませんから。そいじゃ、これで」

    週払いの給料が入った茶色の風とうをわしづかみにして、カタオカさんは引き戸をガタピシと引いて出て行きました。

    スミコは、番茶の湯飲みを乗せた丸盆を両の手で抱えたまま、カラダを硬くして事務机に股間を押し当てていました。
    机の角に股間を押し当てるのは、スミコの子供の頃からのクセでしたが、こんな時にもそんなクセが出たのでしょーか。

    ガラス戸の向こうのカタオカさんの姿は、ゆっくりとリヤカーやブロックやセメントの袋が積まれている間を通って、オート三輪の向うに見えなくなるところです。

    スミコは木机の上に持っていた塗りのはげた丸盆を置き、カタオカが出て行った引き戸に走り寄りました。

    「くー、思ったより簡単にいったナー。あのオヤジのことだから、もっと粘るかと思ったんだけど、あんがい引き際がいいんだナー。もっとも、おれだって五人目だもんなー、声のかけ方が上達してきてるんだよなー。ハハ。
    あー、それにしてもどーして俺ばっかこんな役回りをさせられっかなー。
    ブチョーもカチョーも調子イーからナー。クソッ、こんどはあいつらにチャバレーでもおごってもらわにゃなー。
    ンー、どーだい、クマヒラくん。俺の人事の立ち回りもだんだん旨くなってきただろー。わはははは、あの一番手がかかるだろーとみんなが言ってたカタオカも、ものの二分で終えてやったぞー。
    たはははは、人事はブチョーのつとめのはずなのにサー、これからは人事も俺が引き受けヨーかナー」

    まるではしゃぐようなジチョーの声を背に聞きながら、スミコはそっと後じさりながらガラス戸を離れました。


    冬空の雲の裂け目には、夕陽の柔らかなピンク色がのぞいていましたが、スミコはまばたきをすると目の中から、そのピンク色がしずくになって流れ落ちるような気がして、思わず手の甲ですばやく両の目をこすりあげたのです。



    するすると暗幕を引き下ろしてしまったような冬の夕べの空でした。

    引き戸に南京錠をカチャリとはめ込み、振り仰ぐ冬の空には丸トジ括弧の線で描いたような月が、刻まれていました。

    ・・・・トジ括弧のお月様・・・・何という言葉を閉じたのかナー


    スミコは胸の前にだらりと垂らしていたマフラーを、ふわりとはじきあげて首に巻き付けましたけれど、不思議に夜の寒気はさほどでもなくて、吐く息も白くはならないようです。
    捨てられたように雑然とおかれた煉瓦、ブロックの積み重ね、猫車、リヤカー、自転車、黒カーリットとカクカクした字体の文字が押し印で記された木箱、青竹を数本ずつに束ねたもの、杉の材を積み上げたもの、そうした間を通り抜けて、スミコは通りに出ました。振り返って、たった今出て来た建物を見ると、建物はつくづく疲れたという表情をしてスミコを見下ろしているように思われました。

    「サ・ヨ・ナ・ラ・・・・カイシャくん。元気でね」

    スミコにとっても、今日が最後のつとめなのです。
    ここ数日の間に、五人が解雇になりました。
    四人目がスミコ。

    ふと、スミコは数時間前に解雇になったばかり五人目ののカタオカさんのことを思い出しました。

    「・・・・カッタオッカさーーーん・・・か・・・」

    スミコは、さほどに寒くはなかったのですけど、アゴの下から口元までマフラーを持ち上げながら、声に出さずにつぶやきました。
    ほんの数時間前、ジチョーさんに解雇を言い渡されたときのカタオカさんの様子を、スミコは最初から思い返していたのです。

    不意にマフラーをふるわせたかと思うほどに、のど元からふるえながら立ち上ってくるものを感じで、スミコは立ち止まりました。

    「うぐーっ」と、まるでお酒を飲み過ぎての嘔吐をしかけているような声が出そうなところを押し殺すように、マフラーの上から口元を押さえました。

    のど元からこみ上げてくるものは、なぜか波を打ったように次から次へと続き、スミコは電信柱に右肩を押し当てて、立ちつくしました。

    こみ上げてくるのは、のど元ばかりではありません。
    なぜかはわからないのに、全身が不意に火照り、熱い湯水が注ぎ込まれてあふれるように、スミコの両の目からほとばしってくるのです。



    ドテラの上からギュッとしめつけたタスキをほどきながら、口元に薄笑いのようなものを浮かべていた母が、タスキをほどき終わると不意にその表情を消したのを、スミコはぼんやりと見つめていました。

    「・・・バカ・・・どうしてそのクセをやめないんだよ。おまえったら右手のポケットの中で、またさわってるんだろ」

    母親のその声で、スミコはあわてて巻きスカートのポケットから右手を抜き出しました。それから、鼻先でフンッとワラって見せました。

    くつろいでいる時、スミコはポケットの中からどうしてもパンツの上に指を持ってゆき、なで回すのがクセだったのです。

    「・・・さわりッぱなしだと、かえって感度が鈍くなるんだよ。肝心の時に役に立たなくなるんだ」
    なんだか思いがけないほどに優しい声で、母親はスミコの方は見ないで、つぶやくように言いました。

    「バカだねえ、おまえは」

    その声も、思いがけないほどに柔らかい声でした。

    大掃除を終えたばかりという母の鼻の上には、乾き始めた汗のつぶが、電灯の光の加減か、まるで仁丹を乗せたかのように黒いつぶつぶに見えるのを、スミコは黙って見つめていました。

    「まあ、年の暮れまで働かしていただいたんだ、おまえにしては上出来かも知れないね。ありがたいって思わなきゃね。こんな時代になったんだもの、今日の今日までおつとめをしてこれたなんて、あたしゃあ、あんたの母親だからハッキリ言うけどね、上出来も上出来だ。・・・とてもここまでおつとめできるとは思わなかった。
     なに、年が明けたらね、おまえも一緒にお店に行こう。おまえはイヤかも知れないけど、こうなったらふたりでやろうよ。やるしかないだろ。
    ・・・フフ、実を言うとね、お店のお客さんにはさ、年が明けたら、娘が手伝いに来てくれることになってるって、言いふらしちまったんだよ。わははははは・・・・」

    まるで屈託がなさそうに、母はスミコを見つめながら言いました。

    「・・・ほらあ、また、どうしてスカートのポケットに手を突っ込むんだヨー。やめなさい、そのクセだけは。・・・どーしてこんなになっちまったかねえ」

    めざとく注意をした母の声を、スミコは今度は無視したように、スカートのポケットから手を抜き出そうとはしませんでした。

    「かあちゃん・・・」

    「・・・なによ、・・・おまえったら、その手を・・・」

    「あのね、あたしが最後じゃなかったんだよ。会社を辞めさせられた人はね。もう一人いたの・・・わたし・・・」

    「へえ、そうかい、だけどまあ、スミコがどうしたところでどうなるものじゃないじゃないか」

    「・・・・あのね、かあちゃん」

    スミコはなぜかスカートのポケットの中で、人差し指をはげしくふるわせながら言いました。

    「ねえ、かあちゃんはどうして父ちゃんと別れたんだろ」

    「ヘッ?・・・なんだよ、やぶから棒に」

    「うん、今日になってやめさせられた人ってねえ、なんだかとうちゃんに似てたんだよ。あたし・・・なんだか、その人が前から好きだったの。
    だって頭が禿げかかっててさ、いつも前屈みであるいててさ、・・・でも、今日、やめろって言われたその時になったら、その人ったら、急に、カッと目を見開いてさ、さっと会社を出て行ったんだよ。
    ・・・・ねえ、かあちゃん、わたし、とうちゃんのことを今でも好きなの。あの夜、かあちゃんと言い合いをして、とうちゃんはいきなり首をあげてさ、目をカッと開いて出て行ったよねえ。わたしの頭をなでてから、出て行ったよねえ」

    スカートのポケットの中の指は震えていましたけれど、それはもうスミコが動かしているのではありません。勝手に動いているのです。激しく、小刻みに、やるせないほどにしんしんと頭に響く刺戟を途切らせてはならないと思い詰めたように。

    「・・・なんだよ、なんのことを言い出すのやら。やめなさい。おまえに言ったって、仕方がないことなんだから」

    「かあちゃん、わたし・・・・」

    スミコはまたしてものど元にこみ上げてくるものを感じました。
    それは、帰り道で不意に襲ってきた嘔吐のようなそれとはちがっていました。

    「やめろッ、ばかッ。おまえってば何をいきなり言い出すんだよ。そんなことを言うのはやめなさい。かあちゃんだって、おまえなんかよりもとうちゃんのことが好きだったんだ。おまえは・・・ただの、あたしたちの娘じゃないの。
    わたしはね、とうちゃんの女だったんだよ。ずうっと今だって、そうなんだよ。
    おまえなんかにわかるかよ」

    スカートのポケットの中で、自分の指がぴたりと止んだのに、スミコはふっと息をのみました。

    「それだったらどうして」

    つぶやくようなスミコの声を無視するように、母親は鼻先でフンと笑って見せました。

    「スミコ、おまえ、男を何人知ってるんだよ」

    「・・・・・・」

    「こう見えてもおまえのかあちゃんは、十人ぐらいは知ってるぞ。わたしは、だけど、とうちゃんのちんぽが一番だ。今だって、どんだけとうちゃんのちんぽにとりつきたいかわかんないよ」

    「・・・・かあちゃん・・」

    「いいかげんにポケットから手を出しておきなさいよ、スミコ。
    それから、とうちゃんに会いたいだなんて、いつまでも口にするのはやめなさい。
    会いたきゃ、黙って勝手に会えばいいじゃないか。おまえだって来年は十八だ。
    それからどこやらのお人が、とうちゃんに似ているなんて言うのもやめておくれよ。
    ・・・・そんな人がいるわけないじゃないか。おまえのとうちゃんは一人っきりなんだよ」

    スミコはそっとスカートのポケットから右手を抜き出し、両手を前に組みました。

    「そう、お客の前にいるときはその格好がいいかもしれないねえ。
    おまんこの匂いを指にくっつけてさ、お客にお酌なんかしちゃあいけないよ」

    握っていたタスキは絞り上げられて棒のように立ち上がり、母はそれに額を押し当てて、笑ったままで、泣きました。

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    人気サイト比較  無修正コレクション  サイト比較NAVI
    サイトの人気順     動画の人気順     アダルト検索
    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<お世話になってるあの方へ | ホーム | 日本縦断おまんこ旅クイズ>>
    1. 2009/01/04(日) 02:16:39|
    2. ママのお話でてこい|
    3. トラックバック:1|
    4. コメント:0
    「クリトリストラの夜」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    おばさんの手を使わないオナニー@濡れる秋ハメ前線(4) (2012/09/29)
    神の手を持つ男は語った (2012/10/05)
    忍者ハエトリくん(2) (2012/10/08)
    <<お世話になってるあの方へ | ホーム | 日本縦断おまんこ旅クイズ>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3315-f51a4e1a

    滋賀ギャルフリマ

    滋賀ギャル専門フリマサイト登場♪
    1. 2011/06/10(金) 07:05:57 |
    2. 滋賀ギャルフリマ

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close