無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第4位
 男もヨガるアナル
「ひゃあ〜、すてきやわあ。  今日は無理かもしれ......(→続き)
  第5位
 春の野山でチンポ
「ひゃあ〜、滑造さんじゃありませんか〜、あは〜ん、......(→続き)
  第6位
 毛が無いから穴の
毛のない女の子は好きですか? わたしはオマンコの毛......(→続き)
  第7位
 No.63 楓
作品名 No.63 楓 鬼畜たちが遊んでいたクラブ......(→続き)
  第8位
 盗視・クモも呆れ
母はチンポをお尻の穴に入れたまま、投げ出された叔父......(→続き)
  第9位
 黒い水晶の巻@夜
「オウメの手で無理やりにマンコに入ったカリクビだけ......(→続き)
  第10位
 義理の息子のムス
娘のダンナに手を出すお母さんのマンコは使い込まれて......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

アワビの恩返し(20)白い涙

  • <<アワビの恩返し(19)おいとまももうすぐ | ホーム | 霧雨(1) 赤飯>>

  • 「おまえさん、ウソではないのですか。ほんとうにわたしのおまんこをご覧になっても驚かなかったとおっしゃるのですか」

    おつゆさんは、目を見開きまして、信じられない風でマンジロウを見上げるのです。
    マンジロウも、おつゆさんのあごの下に手をあてがい、ぐいっとその顔を持ち上げましておつゆさんの顔をのぞき込みました。

    「お前が、何を言いたいのか分からないよ。そんなにも亭主のおいらの言葉が信じられないのかい。それならば、こうすればどうなのだい」

    マンジロウは、おつゆさんの足元に後じさりをしまして、いきなりグイッと両脚を開きました。

    「あれえ、お前様、いきなりなにをされるのですか」

    「お前が、なにやかやと不思議なことを言うからだよ。ほら、これならばどうだっ」

    マンジロウは飛びつくように、おつゆさんの股間に潜り込み、すばやくおまんこにしゃぶりつきました。

    「うわあああああああっ、お前さーーーーん。本当に、ほんとうに、ホントーなんですかー」

    うめき声に引き続いて、激しく泣きじゃくる声を聞きまして、マンジロウはおまんこから口を離し、おつゆさんの顔を見上げました。

    「おいらの気持ちが分かったのかい、おつゆや」

    「うれしいーー。でも、ほんとうに真実なのか、わたしにはまだ信じられませーん」

    マンジロウは背筋を伸ばして、おつゆさんの開いた両脚の間に正座をしました。

    「なにか、おいらが知らないことを、お前は隠しているね。おつゆ、水くさいよ、おいら達は夫婦なんだよ。お前の身の上に、どんなことがあったのかは分からないけれど、亭主に隠しておかねばならないことがあるのかい。どうか話しておくれ。お前が何に苦しんでいるのか、話しておくれ」

    「ああ、お前さん。お前さんは、このおまんこを見て、思い出すことはないのですか。
    お前さんが、いつか春の日に、浜辺で遊んでくれた、あのアワビを」

    「アワビ??なあんのこったか?・・・・ああ、そうだ、いつだったか、おばあちゃんのおまんこにそっくりなアワビを見つけて、遊んだことがあったっけ」

    「お前さんには、にわかには信じられないかもしけないけれど、わたしはあの日のアワビなのです。
    あの日、あのとき、お前さんがそっとわたしに差し出してくれたおちんぽが忘れられなくて、わたしは海の底に帰ってから、神様にお願いしたのでーす。
    一度でいいですから、人間の姿になって、あの方の所にお導きくださいって。
    もう一度でいい、あの優しいお方のおちんぽで、もう一度可愛がって欲しいのですと、神様に申し上げました。
    神様は、わたしに言いました。人間というものは、表裏があるものなのだよ。優しいと思っていても、お前がアワビだと思ったならば、すぐに切り刻んで食べようとするだろう。ほんとうに優しい人かどうか、それを見届けるために、お前のおまんこは、アワビのままにしておくよ。
    それから、お前も、人間の中に入って、お役に立つことができなければイケないね。
    そうだ、お前がおまんこから、好きな人間のために流すおまんこ汁を、人間のおまんこを元気にするものにしてやるからね。
    おまえさんのアワビのままのおまんこでも可愛がってくれる人と、それならばいつまでも幸せでいられるだろう。
    けれど・・・・・」

    と、ここでおつゆさんは言葉を切り、もう一度マンジロウを見つめました。

    「けれども、いつわりなくお前のおまんこを可愛がってくれる人でなければ、人はいつ、お前を切り刻もうとするかわかりはしないよ。そんなときには、すぐに海に帰ってこなければイケない。お前を人間の姿で送り出す、わたしのコケンにもかかわっちゃうからねー・・・・」

    「じょ、じょーだんじゃないよー。どーして、このおまんこを粗末に扱うことができるものかね。
    しかし、海の神様というやつは、優しいようでひどいやつだねー。それでは、いつまでもおつゆはおまんこ汁を出さなければならないのかい」

    「ウフッ、だって、それはちっとも辛いことではありませんよ。あなたのそばでは、いつでもおまんこがヌルヌルですもの。蜜を作るときには、いつもあなたのふんどしの匂いを嗅いで、手まんこをしておまんこを濡らしていたのですよ」

    マンジロウは、なぜか胸が熱くなるのを覚えまして、そっとおつゆさんを抱き寄せました。

    「おいらはお前を海に帰すなんてことはしないよ。そうだ、お前のおまんこを、今日こそはたっぷりと可愛がってあげるからね」

    マンジロウが、おつゆさんの耳元でささやいた、その時デース。

    「フワーイ、つ、疲れたねー。どーなるのかと思っちまったよーん」
    「海のミネラルでおまんこが元気になるとは気がつかなかったねー。イヤー、ありがてーなー」
    「しかし、おつゆさんのあのおまんこを見たかい。・・・海の神様も、いらぬ心配をするものだねー。あんな締め具合が良さそうなおまんこだよ、茶店の大将じゃなくったって離すものかねー」

    天井裏から、遠慮のない大声で話し出す人びとの声です。

    「ま、またですかー?」

    マンジロウとおつゆさんは、おどろきあきれながら天井を見上げました。
    なんと言うことでしょう。
    今日の人数は半端ではないようです。その証拠に、気がつきますと、天井板があちこちでたわんでいます。

    「わはははは、マンジロウさーん、ごめんねー」

    「キャッ、と、棟梁と熊さんじゃないですか。棟梁ともあろうかたが、なんでまたそんなマネをなさるんですかあ」

    「いやあ、このごろ村ではねー。茶店の天井裏でマンジロウさん達のプレイを見るのが大流行。なにしろおまんこあんみつの本家のふたりのプレイだものねー。最近は、チケットまで売り出すやつがいてねー。いやあ、やっとS券を手に入れてやってきたんだよ」

    棟梁が嬉しそうに話すのに、マンジロウとおつゆさんは抱き合ったまま、顔を見合わせました。

    「おーい、大将、浮気をしたらおつゆさんは海に帰るって言ってるよー。どーするつもりだーい?」

    「わーい、その声は・・・・」

    棟梁と熊さんの後から、ひょいと顔をのぞかせたのはまたしても八百屋のおかみさん、それに荒物屋のおかみさんです。

    「わははは、あたいたちは一部始終を聞いちまったよ。コラッ、大将、ここでおつゆさんを取り逃がしたりしちゃあ、あたい達が許さないよ」

    「そーだよ、せっかく、おまんこに力がみなぎったところを、おつゆさんに出て行かれたら、どう始末をつけてくれるんだよ」

    「こらー、マンジロウ、おちんぽにものを言わせても、おつゆさんを取り逃がしてはならないぞー。これは庄屋さんの命令でもあるが、ワシからの命令でもあるのだよん」

    「ドヒャー、そういうお人は、駐在さんじゃあないですかあ。駐在さんが、ノゾキなんかしていいのですかー」

    「わははは、今やお前さんは、村のおまんこ活性化の要人だからねー。しっかり見張っててあげるからねー。ノゾキなんて人聞きの悪いことを言うんじゃありませんよ」

    「どーなってんだー、この村は。・・・・おつゆー、おいらは気が変になっちまいそーだよー」

    「おーい、おつゆさーん、お前さんが村から出て行ったらねー。マンジロウはおちんぽを百叩きの刑になるかも知れないナー。
    だってそうだろう、お前さんという人を、みすみす村からいなくなるのを見逃したとしたらばだ、おまんこの恨みを晴らしたい人がヤマほど出ることになるからねー」

    「百叩きの前にねー、あたいが大将のおちんぽをおまんこで咥えて、百ヌキの刑にしてやるわよー」

    「ひゃ、百ヌキですかあ。・・・・いやーん、わたしの主人のおちんぽを、そんなにいじめてはイヤですう」

    とうとう、おつゆさんはマンジロウの膝に突っ伏しまして、大声で泣き出してしまいました。でも、今度の泣き声はなんだか元気な泣き声です。それに、なんという早業でしょう。その手には、しっかりとおちんぽを握りしめていたのです。

    「うわーい、やったねー。ということは、おつゆさんてばー、もう、海に帰るなんて言わないってことだよねー」

    「バンザーイ、バンザーイ、バンザーイ」

    おっそろしい大音声で、天井裏から万歳三唱の声がとどろきました。
    その声とともに、バラバラバラと天井裏からどんどんと人が飛び降りてきたのです。
    おじいさんもいます。おばあさんもいます。お父さんも、お母さんも、お兄さんも、お姉さんも、トンガラシおちんちんの坊主も、アケビまんこの女の子もいます。


    ぐるりとみんながマンジロウとおつゆさんを取り囲みました。

    「さあ、マンジロウさんとおつゆさん、これぞあんみつ本家のおまんこだと言うところを見せておくれよ」

    「めでたいなー。これでこの村のおまんこは安泰だねー」

    「ついでといってはなんだけど、あたいたちもお相伴にあずかって、みんなでいっしょにここでおまんこしようよ」

    「おー、そうしよう、そうしよう」

    我先にと、相手を取っ組み合いながら捜し求めること数刻、ドタバタと入り乱れました後で、次つぎにあちらこちらでおまんこが始められたのです。

    「チューチュー、チュバチュバ、アハーン、もっとひだの奥までなめておくれー」
    「あたいは指先のいたずらはもういいよ、すぐにでも入れておくれ。もうヌルヌルなんだよ、ほうら、お尻の穴までビショビショ」
    「ウーッ、カリクビに歯を当てるのはよしなよ。イテー、イテーけど気持ちいい。ねー、口の中に精を出してもいいのかい」
    「そ、そのおまんことお尻の穴の間をなめられると、だーめー、あたいはそこが弱いのよー」

    マンジロウとおつゆさんは、あっけにとられて辺りを見回していましたけれど、ふと気を取り戻して相手の顔を見つめ合いました。
    それからゆっくりと卍の形に姿勢をとりました。

    「こんな風に、脚を思いっきり開いて、あなたにおまんこを見てもらいたかったの。ずーっと、そのことを言いたかったのですけど、でも、それをしたら、いけないと、今まで苦しいほどに我慢をしてきたのよ。」

    「なんて、体に悪いことをしてたんだ。おいらだって、どんなにおまんこをなめたかったことか。おつゆや、おまえの、この黒光りをしているおまんこの縁取りはきれいだよ。前歯を当てると、コリコリとした感触がかわいいなー。穴の中からは、なんともなつかしい磯の匂いがしてくるし、ああ、ほんとに極楽まんこだねー。
    このヒダヒダだったんだねー。おいらのちんぽに巻き付くように締めてくれたのは。オサネのやつ、舌先でクリクリと動いているよー。
    それに、このおまんこにはずいぶん働いてもらったねー。このピチャピチャ湧いてくる蜜は、ほんとうに極上の味だよ。
    しかしいつまでもお前のおまんこの蜜に頼っていてもナー。これじゃあヒモのようで、お前にすまないよ」

    マンジロウは頭をもたげ、股間でおちんぽをくわえているおつゆさんの横顔をうっとり眺め、その前髪を撫でてやりながら、つぶやきました。
    カリクビを、おつゆさんはゆっくりと唇をきつく締めまして搾るようになめています。

    「ううん、いいのよ。ヒモのままで。
    だってさすがにアワビのヒモだわねー。
    しゃぶればしゃぶるほど、味が良くなる気がするのよ」

    おつゆさんはそうつぶやき、握りしめたおちんぽを、いつくしむように、いつまでもシャブリ続けるのです。

    マンジロウは、次第に我慢ができなくなりました。
    そっとおつゆさんの口からちんぽを抜き、そろそろと、おまんこに近づけまして、ゆっくりとニュルリと差し込みました。

    コリリッというおつゆさんの、いつものおまんこの入り口の気持ちよさに、マンジロウは短く叫び声を上げました。
    おつゆさんも、のどの奥で短く声を上げました。

    子ども達が寄ってきて、マンジロウとおつゆさんの繋がっているところをのぞき込んで叫びました。
    「おじさん、ちんちんがはれてるけど、いたくないの」
    「ねー、おばちゃんも、おまんこにちんこが刺さってるけどサー、痛くないの?」
    「あ、おばちゃんのおまんこから涙が出てるよ。白い涙だねー」

    「痛くないのよ。とっても気持ちいいの。おまんこからの涙は、うれし涙なのよ」

    マンジロウは、自分のおちんぽをしっかりとくわえ込んでいるおつゆさんのおまんこを見つめ、力がみなぎってくるのを覚えました。

    手を伸ばして、おつゆさんの着物の胸をはだけますと、おっぱいがプルンと飛び出しました。
    子ども達は、歓声を上げておつゆさんのおっぱいにむしゃぶりつきました。

    「ああ、こんなに気持ちのいいおまんこは初めてですよ、お前さん。ねえ、お前さん、わたしのアワビのおまんこに、おちんぽの根元をこすりつけてくださいな」

    おつゆさんのおまんこは、ひときわ力がこもりまして、マンジロウのかたいおちんぽを根元まで受け入れて、毛際をシッカリと締め込みました。

    「わーい、マンジロウ、おつゆちゃんのおまんこの中はどんなんだい」
    「おつゆちゃーん、大将のおちんぽを、しっかり味わうんだよー」

    窓の外にも声が飛び交っているようですけど、二人は、今はもう、互いにおちんぼをおまんこのもっと深みに入れ込もうとするかのように、夢中になって腰を動かし続けるのでした。

                        (終わり)

    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    人気サイト比較  無修正コレクション  サイト比較NAVI
    サイトの人気順     動画の人気順     アダルト検索
    ◆あなた好みの作品をじっくり選んでね◆
    ライブチャット比較ナビ
    ライブチャットサイトの詳細、特徴、料金などを比較、紹介するページです。内容が頻繁に更新され、つねに最新情報を届けします。

    チャットガール紹介ムービー
    おすすめチャットガールのアピールビデオと画像をご覧になれます。お気に入りのチャットガールを見つけてアタックして下さいね。

    AV女優と生チャット スケジュール公開中
    人気女優があなたのためだけに、パックリ開いてオナニーを見せてくれます

    裏画像.com
    発情した女の匂いがしそうな高画質エロ画像。動画もいいけどジックリ見える画像もおいしいオカズ。丸見え、鮮明画像がダウンロードし放題。ほぼ毎日更新で、人気女優の画像が大量にあり出演作品が確認できます

    アダルト写真館
    素人投稿画像集。シロウトに節度はありません。暴走シロウトが局部も鮮明に見せる2000枚のコーフン画像。大量のサムネイルで見たい画像が簡単に見つかります。

    HDハイビジョン
    フルHDハイビジョンで目の前で手に取るように鮮明です。ハイビジョン画質で、陰毛の毛穴までハッキリ見える超高画質。臨場感も生々しいエロすぎる最新作。

    無料動画サンプル見放題
    人気サイトの気合いを入れた無料サンプル。自動更新で常に最新のものが表示されます。アダルトのプロが絶対にあなたを発情させる自信作を公開

    素人ハメ撮り動画集
    興奮のあまり見境を失った素人ハメ撮りコンテンツ。丸出しマンコ中出し映像、浮気妻の狂乱の腰使い、援交現場ナマ撮影などなど、鮮明な無修正で結合した局部にこだわった映像。

    AV女優ギャラリー
    女優の女性器を見比べるならここ。大人気AV女優の高画質画像やサンプル動画付きの動画紹介ページを完備。100ページを超える大盤振る舞い、見たい時にすぐ見れる、女優の丸出し性器のデータベースで〜す。

    マニアの館
    女の子も思わず濡れちゃう普通ではない映像ギッシリ。犯されたい、汚されたい、強姦されたい願望の女子は必見です。禁断のカテゴリー満載。アナルセックスの教科書、SMプレイや露出プレイの参考にもどうぞ。

    フェチパラダイス
    おっぱい、お尻、コスプレ、メガネ、パイパン、おしっこ・潮ふきの6種類のフェチを紹介し、さまざまなジャンルのサイトをご紹介。人気AV女優や素人の高画質画像が大量にあります。もちろんマンコもパックリ丸出し。

    自動更新マガジン
    無修正サイトの最新情報をサムネイル+コメントで紹介。水曜日と土曜日の週2回のペースで自動的に更新されるので、常に最新の情報が提供されます。

    体験記ページ
    無修正サイトに入会したユーザーの感想や評価を詳しく綴っています。注目のサイトを丹念にピックアップして紹介。

    人気女優マル秘画像!
    女優とグラビアアイドルの性器丸出し写真集。カリビアンコムの人気女優のギャラリー。じっくり見てね、旬の女優の顔とアソコ。

    金髪無修正
    金髪は好きだけど、外人は大味でヌケないという方こそ必見。金髪のマンコもとことんエロさを追求。なにしろチンポが大きいのです。日本人の短小チンポに飽きた、でっかいチンポが大好きな女子も必見で〜す。金髪モデルさんはすべて素人!

    エロアニメ村の宝箱
    アニメコンテンツを配信しているサイトを集め、エロアニメの最新作品、過去作品をふんだんに紹介しています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
      <<アワビの恩返し(19)おいとまももうすぐ | ホーム | 霧雨(1) 赤飯>>
    1. 2008/12/14(日) 21:11:34|
    2. アワビの恩返し|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「アワビの恩返し(20)白い涙」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    アワビの恩返し(11)下駄の音 (2008/12/14)
    アワビの恩返し(19)おいとまももうすぐ (2008/12/14)
    アワビの恩返し(15)てんてこまい (2008/12/14)
    <<アワビの恩返し(19)おいとまももうすぐ | ホーム | 霧雨(1) 赤飯>>

    コメント

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバックURLはこちら
    http://karenji.dtiblog.com/tb.php/3037-bde3e798

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close