無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第2位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第3位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第4位
 ばあちゃんのオメ
「おばあちゃ〜ん、おじいちゃんのお弁当届けてくる、......(→続き)
  第5位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第6位
 五十路おめこ不埒
「あはあっ、アンタあっ、たのむさかい、しばらくはカ......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 手まんこ解禁@夜
 手まんこ禁止令をキビしくお達ししていたのですが、......(→続き)
  第9位
 おまんこの舐め方
ママのおまんこの舐め方講座、っていうか、わたしなら......(→続き)
  第10位
 トウモロコシをマ
女の子だったらトウモロコシを一度はマンコに入れてみ......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

オバサンのウンコの匂いにガマン汁を出すオジサン@濡れる秋ハメ前線(5)

1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • 早杉精志くんは目と耳を疑いました。
    居酒屋で生ビールをグビグビ飲んでいましたら、突然になまめかしいオバサンのささやきと鼻息も荒く快感をこらえるオヤジのヨガリ声が聞こえ、さらに左隣に座っているオバサン・・・・・・つまり、穴賀広子さんなのですけど・・・・・が、視線を天井当たりに泳がせながらうつろな顔つきでお尻をモジモジさせ、まるで騎乗位で男のカラダにまたがっているときのように小刻みに前後に動かし始めたのです。

    あっけにとられていると今度は右に座っていたオジサンとオバサンのカップルがモソモソと身じろぎを始める気配がしました。
    ソッと流し目で右隣を見ると、こちらはオバサンが脱いだベージュ色のスーツの上着を膝の上に広げており、その中にオジサンが右手を突っ込んで微妙に動かしているのです。
    何をしているのかは早杉精志くんにもすぐわかりました。チンポが小さいとは言え、早杉精志くんもオジサンと呼ばれるオヤジです。わからないはずがございません。

    「・・・・・いや〜ん、部、部長の指ったら〜ん、さっきの串カツの辛子が指に付いてたんじゃありませんかあっ・・・・ちょっとヒリヒリします・・・・・あ、でも・・・・・いや〜ん、気持ちいい・・・・ウフン、や、やめないでえ〜ん、そのまま動かしてえ〜ん、豆をコリコリコリッて・・・・・アハン、いや〜ん、部長ったらじょうずなんだから〜ん・・・・あっ、アッ、アアアアッ、オシッコの穴も気持ちいい・・・・・いや〜ん、肝心の穴を通り越してアリノトワタリにそんなことして・・・・・そのスリスリが気持ちいい、お上手で〜す、部長ったらあああああっ。

    ・・・・キャア〜ッ、そ、そ、そこはダメ、いくらなんでもそこはダメ・・・・・いや〜ん、お尻の穴に指を入れちゃあダメえ、ケ、ケ、ケツの穴に指を入れたらウンコがついちゃう・・・・・だって、最近わたしったら便秘気味なんですもの・・・・一週間もウンコしてないんですもの・・・・肛門の出口のとこまでウンコがたまってるのに出てこないんですもの・・・・・。
    そんなに奥まで指を入れたら、指先が一週間前に出るはずだったウンコの先頭に届きますってばああああっ。

    ネエ、ネエ、ケツの穴よりマンコの穴を責めてちょうだい・・・・・って言うか、いや〜ん、ケツの穴も気持ちよくなってきた〜っ、きた、きた、きたああああ〜っ、ケツの穴が気持ちいいよ〜、もっと第二関節まで入れてえっ、部長の指の根元まで入れてエッ、・・・・・いや〜ん、ウンコが出そう、たまってたウンコが出そうですうっ、もっと、もっと、もっと指を動かしてウンコを掻き出してえ〜っ・・・・・・うわああああああああっ、ウンコが出る、ウンコが出る、ウンコ出ちゃいますううううううっ・・・・・・」

    ブリブリブリブリッ、ドバババババハッ

    おぞましい爆音が居酒屋の店内にとどろき、ホスゲンガス、VXガス、サリンだったらみんながイチコロでありましょ〜・・・・・・が、しかし、それは女のケツの穴から噴出したメタンガス・・・・・・・だったので、お客さん一同は一命は取り留めました。
    しかしまぎれもないウンコの匂いそのもののオバサンの屁でございます。
    オバサンが一週間も、体内の悪玉菌で発酵させた屁です。

    なぜかと申しますと、このオバサンは、新ビオフェルミンもヤクルトも森永ビヒダスも明治のおなか活力タブレットもサントリー ビフィズス菌+キシロオリゴ糖(約30日分)も高千穂牧場無添加ヨーグルトも雪印メグミルクおなかに直行便ヨーグルトもヨーグルッペ(乳酸菌飲料)1000ml霧島山麓で育った牛の生乳とドイツから輸入したビフィズス菌も飲んでいなかったからなのです。
    なんにも、な〜んにも飲んでいなかったのです。腹の中は悪玉菌だけ。
    ウンコがとてつもなく臭かったのも無理もございません。

    ただの臭いだけのウンコではございません、オバサンの臭いウンコの匂いなのです。
    オバサンのウンコのニオイはオジサンのチンポを直撃します。
    オバサンのウンコの匂いを嗅ぐとオジサンはチンポをボッキさせるのです。
    オジサンのウンコの匂いを嗅いでもオバサンのマンコは濡れません。
    オバサンはオジサンのウンコに反応しませんが、オジサンはオバサンのウンコに反応するのです。
    チンカスにコーフンする女はメッタにいませんが、マンカスにコーフンする男はいっぱいいるのも同じリクツによるものです。
    これは繁殖を生きる目的にしているケダモノとしてのニンゲンのオスとメスの宿命です。

    ケダモノのオスはメスのヨダレ、唾液、ウンコ、オシッコ、マンコ汁そしてマンカスに鋭く反応するようにできているのです。

    早杉精志くんは股間が熱くなりました。
    チンポの先っぽからトロトロトロッとガマン汁があふれ出し、夏服のズボンの社会の窓のそばにシミがみるみるうちに広がってゆきました。

    女の子が喜ぶ正しいマンコのいじり方を伝授し続ける「マンコレ特大号」第5弾。本気マン汁、失禁、放尿、潮吹き、メントールのリップクリームでのクリ攻め、クリ拘束釣り、尿道綿棒ブッ込み等、他では絶対に見ることの出来ない衝撃的映像の連続です。これを見れば、どなたもマンコいじりの名人になれます。もちろんフルHD(1920×1080)の超高画質、価格据え置き永久保存版です。
    この動画をダウンロード
    ありさ等  / 

    動画提供サイト Hey動画
    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [オバサンのウンコの匂いにガマン汁を出すオジサン@濡れる秋ハメ前線(5) ]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/09/30(日) 19:52:15|
    2. ママのお話でてこい|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:1
    「オバサンのウンコの匂いにガマン汁を出すオジサン@濡れる秋ハメ前線(5) 」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    神の手を持つ男は語った (2012/10/05)
    太平洋と呼ばれた女@濡れる秋ハメ前線(1) (2012/09/26)
    霧雨(2) 警笛 (2008/12/16)

    おばさんの手を使わないオナニー@濡れる秋ハメ前線(4)

    1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • オバサンは手を使わずにオナニーができるのです。大勢の人のなかでも、それとさとられずにオナニーができるのです。
    どんな時でも、どんな場所でも、会社のデスクに座りながらでも、お葬式の席上でも、国連総会の会議場でもできるんです。オバサンだったらできるんです。
    オバサンでなくても、女として生まれた方ならばどなたでも一度はやったことがあるはずです。
    オナニーと意識しなくても、無意識にこうすれば気持ちいいことを知っています。
    鉄棒でこすったり、机の角でこすって気持ちよかった経験があれば、どなたでも思いつくことでございます。

    ただ相当の快感を得られるまでにはそれ相応のナレと腹筋と括約筋の強化とが必要ですし、なによりもオバサンになってお腹に脂肪のブヨブヨがつきだす必要がございます。
    そんなわけで、やったことはあってもマンゾクできるところまでやり遂げるのは、若くてスリムな方には難しいのです。

    やり方はシンプルで、お腹のダブついたぜい肉を腹筋で上下させてクリトリス周辺に振動を与え、お尻の穴をキュ〜ッと締めたりゆるめたりして括約筋で連動しているマンコも締めたり閉じたりゆがませて、太ももの上に組み上げているもう一方の脚を動かして両脚の付け根をギュッと閉じたり開いたりするのです。
    つまり、3カ所への加圧とそれの緩和、そして集中。それだけなんです。

    オナニーしながら今晩のオカズの心配をしてはイケません。

    腹筋と括約筋と組んだ脚とで、三つの微妙なシゲキをマンコ本体およびその周辺に送りまして、かくして手を使わないでもかなり気持ちいいオナニーができるのです。
    これにエロい妄想、スケベ体験の記憶、「ママの秘宝館」のエロ記事の記憶が加わりますと、パンツがベットリ濡れるどころではございません。
    軽〜くイクこともできるのです。指を使ったオナニーのようにスルドイ快感はございませんが、ジワジワとマンコの中が熱くなり、その熱で溶け出すようにマンコからマンコ汁がトロトロトロッとあふれ出してくるのです。

    穴賀広子さんは上体を軽く揺すってお尻をモジモジ動かしました。
    あたかも居酒屋の店内に流れている演歌のBGMに聞き入り、口ずさんででもいるかのように見せかけて体を動かしてお尻に振動を伝えるのは、手を使わないオナニーを人前で実行するときにオバサンが使う手なのです。

    もどかしいほどにゆっくりとですが、確実に快感が股間にふくらんでくるのを感じ、穴賀広子さんは空中に目を泳がせました。
    その時です。左隣のカップルの女がまたしても声を潜めて男の耳元でささやくのを穴賀広子さんの耳はハッキリとキャッチしたのです。

    「いやだ〜っ、もうズルむけじゃないの、頭もズルむけ、ムスコもズルむけ、親子ともどもズルむけで〜すって、ギャハハハハハハッ、あんたァッ、なんなのよぉ〜っ」

    すばやく横目でカップルを一瞥し、穴賀広子さんはゴクリとツバを飲みました。
    男は夏スーツの上着を脱いで膝にかけ、女の手がその上着の中に潜り込んでいたのです。なんという大胆なカップルでしょうか。
    上着の下で、女の手はズボンから引き出したチンポをなでさすっているらしいのです。
    男はそうとうに酔っぱらっているらしくハゲ頭も顔も赤黒い色に染まっています。
    何かをこらえている様子で、眉根を寄せ、大口を開けてハアハア息を漏らしました。

    「な、なあ、そんな風にされちゃったらワシのスーツにひっかかるから・・・・そ、そうだあ、オシボリでチンポを包んでくれよ、スーツが汚れてシミが付いたら女房に気づかれちゃうよ」

    あえぐように禿げ頭のオジサンがオバサンの耳もとでささやくと、オバサンは上目づかいでオジサンを見上げました。

    「むふふふ、オシボリなんてもったいないわよ、わたしがお口で受け止めて上げるわよ。たっぷり出してちょうだいね」

    言うやいなや、オバサンはオジサンが膝の上に広げた上着の下に顔を潜り込ませたのです。
    穴賀広子さんはここで軽く腰をひねりました。最初の小さいオーガズムがマンコの穴の奥から湧いたのです。穴の中からトロリとマンコ汁があふれたのです。

    大きなチンポでバックから激しく突かれるのが好きというあみなちゃん。オナニーの時は長いチンポと遊んでいるイメージで、うつ伏せか四つん這いになってまずはクリトリスをいじります。早くも下腹がケーレンします。ケツの穴にも指を入れて更にケーレン島倉千代子。そして仕上げにバイブを挿入。バイブを舐め回しヨダレでべとべとになったバイブをヌルヌルに濡れたマンコにぶち込みました。入れたり出したりで軽〜くケーレンした後に、さらにもう一度とバイブのスイッチを入れてマンコの穴の中をものすごい勢いで掻き回し果てしない連続ケーレンのイキまくりです。
    この動画をダウンロード
    あみな  / 

    動画提供サイト Hey動画
    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [おばさんの手を使わないオナニー@濡れる秋ハメ前線(4)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/09/29(土) 22:47:38|
    2. ママのお話でてこい|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「おばさんの手を使わないオナニー@濡れる秋ハメ前線(4)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    目の前のチンポに理性が消えました@濡れる秋ハメ前線(7)  (2012/10/02)
    スケベは発明の母 (2012/10/06)
    忍者ハエトリくん(2) (2012/10/08)

    脚を組むオバサン@濡れる秋ハメ前線(3)

    1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • まだ早い時間なのに居酒屋はお客でいっぱいでした。穴賀広子さんはカウンターに二つ並んで空いている席を見つけ、そっと人の並びの中に座り、壁に並んだ木札のメニューを読むついでに、チラリと左右の客に目を走らせました。
    右も左も穴賀広子さんと同じかややそれよりも年上のオジサン、オバサンのカップルばかりです。安心できるようでもあり、一人の自分が目立つようでちょっと不安でもあり、居酒屋にかぎらず飲食店の席に着くときには、そこの居心地の確認にぎこちなくなるのですが、しかしそれも一瞬のことなのです。

    居酒屋のカウンターに座っているオバサンはみんな脚を組んでいます。
    脚を組んでは座りにくいカウンターで、どうして脚を組むのか穴賀広子さんには不思議です。
    穴賀広子さんはカウンターで脚を組みません。脚を組まないでいる自分に、けれどもその時ハッとした穴賀広子さんでした。
    ・・・・もしかしたらカップルでないから、かたわらに男性がいないから、脚を組まないでいられるのじゃないかしら・・・・・男性フェロモンを感じると女って脚を組みたくなるのじゃないかしら・・・・・・そんな思いでなおもチラリチラリと観察しますと、オバサンに寄り添うオジサン達の顔がテラテラと脂ぎって光っているのも、心なしかなにやら下心がありそうに見えてくるのです。

    右と左に居並ぶ自分と同年代のカップルに、穴賀広子さんのあらぬ思いはふくらむばかりです。
    玉コンニャクの田楽をほおばると、なにやらあやしい記憶がよみがえり、アレレッ、これってキンタマ袋をしゃぶってる感触に似てるわねと思った刹那、股間に火照りが芽生えるのを覚えて穴賀広子さんはあわてて生ビールをグビグビと飲みました。
    その時、空いていた穴賀広子さんの右隣の席に、そっとカラダをすべり込ませてきた男がいました。
    男は右隣のカップルの保険の外交員とも見受けられるオバサンに向かってひょこりと頭を下げ、さらにこちらを向いて穴賀広子さんにも頭を下げました。
    この男こそ早杉精志くんなのですが、穴賀広子さんは知るよしもございません。

    会釈した男の頭頂部の髪が薄くなっていることをすばやくみとめながら、穴賀広子さんは右の頬にエクボをつくって微笑しつつ右斜め30度に頭をヒョイと傾けました。
    顔の肉がダブついてきた最近になって、穴賀広子さんのエクボは娘時代よりも大きく、深くなりました。
    これをひそかにオバサン・ディンプルと自虐的に鏡に向かってつぶやくときもありますが、なにしろ子供の時からエクボは自分の唯一のチャームポイントとひそかに思っていて、それを目立たせようとして少し頬の肉に力を入れて笑うクセは、オバサンになっても今さら抜けるものではありません。
    果たせるかな、男は・・・・・つまり早杉精志くんは、穴賀広子さんのホッペのあたりをジッと見つめたではありませんか。

    「・・・・・いや〜ん、フッフッフッ、ヤマイモにニンニク、ウナギにカキフライだなんて見え見えよ、鼻血が出たらどうするの・・・・」

    左側のカップルのオバサンが、くぐもったような、それでいて妙に浮き浮きした調子の声でひそひそと男の耳元でささやくのを、穴賀広子さんはハッキリと聞きました。自分の左耳がピクリッと動いたかも知れないと思ったほどに鮮明に聞こえたのです。
    思わず眉根を寄せて、あらぬ方向に視線をやるつもりが右隣の新参のお客の視線を感じてハッとしました。
    早杉精志君は頭頂部が薄くなってはいましたが、斜め横から見ると脂ぎった顔はしていなかったのです。そして、まだ穴賀広子さんのオバサン・ディンプルを横目で見ていたのです。

    穴賀広子さんは小さくコホンと咳をして、それからおもむろに右脚を左脚に乗せて組みました。カウンターではやはり窮屈で、少しだけ右側にカラダが寄りました。
    さっきの玉コンニャクで生まれた股間の火照りが、いつの間にかさらにハッキリと感じられるほどになり、さらにそこが湿り気を帯び始めているのを感じて、穴賀広子さんは頭に血が上るのを覚えるのでした。

    明るいところで男の太い指でいじられると、自分でオナニーしているときよりも激しく濡れるの。マンコ汁も男の人に見られながらいじられると濃くて糸を引くネバネバしたのが出てくるの。ヌラヌラに濡れたマンコに堅くボッキしたチンポを押しつけられてヌルヌルヌルルルル〜ッて入ってこられると、思わずうめき声が漏れちゃう気持ちよさなんです。
    この動画をダウンロード
    素人  / 

    動画提供サイト Hey動画
    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [脚を組むオバサン@濡れる秋ハメ前線(3)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/09/28(金) 15:48:05|
    2. ママのお話でてこい|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「脚を組むオバサン@濡れる秋ハメ前線(3)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    神の手を持つ男は語った (2012/10/05)
    おばさんの手を使わないオナニー@濡れる秋ハメ前線(4) (2012/09/29)
    ティッシュ君の冒険 (2009/02/20)

    チンに自信なし@濡れる秋ハメ前線(2)

    1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • 早杉精志くんはハッと息をのみ、ツユを切るために振っていた腰を止めました。
    駅のトイレで横に立った小柄なオジサンがチャックから引き出したモノに目を奪われたのです。逸物でした・・・・・・まぎれもありません。
    なにしろ早杉精志くんの肩口ほどの背丈のオジサンなのに、取り出されたものはオジサンが人差し指と中指で支えたサオの中間点から先に更に10センチ以上の長さがあり、しかもその先端は小ぶりのナスビのような色であり、ふくらみ具合であったのです。

    全体の長さはズボンの中に隠れている部分を類推するとほぼ20センチ超であることはまちがいなし、巨大かつ長大、魁偉にして異形・・・・・早杉精志くんはポカンと口を開けてこれを見つめ、そそくさと自分のチンポをチャックの内側にしまいました。あわてていたのでチンポの皮をチャックに少しはさんでギャッと叫び声を上げ、手も洗わずにアワを食ってトイレを飛び出したのです。

    日が落ちるやいなや通りからはにわかに熱気が消えました。もう夏が終わるのです。
    そそくさと歩を運びながら、早杉精志くんは心の中にも夕闇が立ちこめてくるのを感じました。チャックではさんだチンポもひりひり痛み、気持ちは沈んでくるばかりです。
    こんな時、カノジョでもそばにいてくれて励ましてくれたらどんなに元気が出ることでしょう。でもそんなことはあり得ないのです。

    オンナの人を知らないわけではありません。ベッドを共にした女性だって10人弱ほどもいます。けれどもみな一度きりのベッドでした。誰も二度目のベッドに誘ってもついてきてくれなかったのです。

    「・・・・あんたのチンポったら小さすぎだし、カリが広がってないし、第一早過ぎなのよ。マンコに指を入れてきたのかな〜って思ったら、な〜んとそれがチンポの全体で、あまりに短いから締め付けることもできないし、やっとこさ腰を使いだしたかと思ったら3コスリ半で出しちゃったじゃいのよ〜っ、サイテイよ〜、全然気持ちよくないよ〜、びっくりだよ、こんなに短小チンポで、極小カリで、しかも早漏チンポはあたしが食べたチンポの中で最悪だよ〜っ、こりゃ正真正銘の三重苦のチンポだよ〜、こんなチンポより机の角でこすったほうがマンコは気持ちいいぐらいだよ〜っ」

    なんという無慈悲な叫びでしょう。
    彼女たちもあまりにも小さいチンポに驚き、とまどい、とっさに口走ってしまったのでしょうけれど、その言葉は早杉精志くんのココロにぐさりと突き刺さり深手を負わせてしまったのです。
    もちろん早杉精志くんもあっさりと負けを認めてしまったのではありません。
    たまたま出会ったあの女たちとは相性が悪かっただけだと自分を慰め、励まし、ともすればくじけそうになり、自分を卑下しそうになる気持ちを奮い立たせて生きてきたのです。部下達からはオジサンと陰で呼ばれだしているこの歳まで生きてきたのです。

    「男として強く生きたい・・・・でも・・・・」と、晩夏の薄暮の空を見上げて早杉精志くんは声にならない声でつぶやきました。

    「・・・・だけどな〜、やっぱりチンポに自信は持てないしな〜、俺の男は終わったのかも・・・・・」
    思わず目の奥が熱くなり、目尻から流れ落ちそうなものを手の甲であわててグイッとぬぐってから、早杉精志くんはフラフラとよろけるような足取りで駅裏の居酒屋のノレンをくぐったのです。
    むなしさにうちひしがれて帰るわけにはいきません。
    早杉精志くんはオジサンと呼ばれ出したとはいっても男です。短小かつ早漏チンポであれ男です。弱気の自分は嫌いなのです。
    イケない事とは思いながら、好奇心をどうすることもできませんでした。AVで見るような大きくて硬くて強いチンポを、この目で見、この手で握り、この口にしゃぶって、この自分のマンコで味わってみたくてたまらない、そんな欲求をどうすることもできませんでした。初めは緊張と恥ずかしさで気絶しそうでしたが、目隠しされて愛撫されるうちに気持ち良くなって、気が付いたらマンコはヌルヌル、ビショビショになっていて、アッというまに下腹が勝手にケーレンしてイカされてしまったのです。それからは何度イカサれたのか、はっきりわからないほどの乱れ具合、大きいチンポはやっぱり気持ちが良かった。
    この動画をダウンロード
    小百合  / 

    動画提供サイト Hey動画
    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [チンに自信なし@濡れる秋ハメ前線(2)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/09/27(木) 04:15:43|
    2. ママのお話でてこい|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:1
    「チンに自信なし@濡れる秋ハメ前線(2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    スケベは発明の母 (2012/10/06)
    神の手を持つ男は語った (2012/10/05)
    忍者ハエトリくん(1)  (2012/10/07)

    太平洋と呼ばれた女@濡れる秋ハメ前線(1)

    1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • 穴賀広子さんは晩夏の夕空を見上げてため息をつきました。
    朱の色に染め上げられていた西空がしだいにさび色に変わってゆき、中天から薄墨色の夜の気配が広がり始めました。今日も一日が終わったのです。期待していた夏も終わろうとしているのです。
    七夕の夜に胸の奥深くで誓って固めた決心が、トロトロ溶けて流れて消えていきます。
    鼻の奥にツンと痛みが走りました。股間で粘膜がもだえました。

    十五の歳からオバサンと陰で呼ばれていることに気づきはじめた今に至るまで、穴賀広子さんはおりおり股間を寒いものが吹き抜けるのを感じるのです。それを感じると股間の奥深くの粘膜が、塩をかけられたナメクジのようにもがき、身もだえし、やがて溶けて流れて消え果てて、あとにはナメクジの痕跡に似た小さな銀色の痛みが残るのです。

    オトコを知らないのではありません。ベッドをともにした男性も10人ほどいます。けれどもみな一度きりのベッドでした。誰も二度目のベッドに誘ってくれなかったのです。

    「・・・・ガバガバのユルユルだよ、オバサンのマンコ。チンポを締め付けるって感じがゼロじゃんかよ、全然気持ちよくないよ〜、びっくりだよ、こんなユルユルマンコは初めてだよ〜っ。俺のチンポが細いんじゃないよ〜っ、オバサンのマンコがでっか過ぎて広過ぎなんだよ〜っ、太平洋マンコなんだよお〜っ」

    男たちが口走った衝撃の言葉にうろたえながらも、穴賀広子さんはその都度耐えてきました。
    たまたま出会ったその男との相性が悪かっただけだと自分を慰め、励まし、ともすればくじけそうになり、自分を卑下しそうになる気持ちを奮い立たせて生きてきたのです。オバサンと呼ばれはじめた、この歳まで生きてきたのです。

    「・・・・でも・・・・」と、晩夏の暮れて行く空を見上げて穴賀広子さんは声にならない声でつぶやきました。

    「やっぱりほんとうなのかも、わたしの女は終わったのかも・・・・・」

    けれども穴賀広子さんは目尻から流れ落ちそうなものを手の甲でグイッとぬぐり、しのびやかな足取りではありましたけれど、夏の終わりの夕まぐれ、駅裏の居酒屋のノレンをくぐったのです。

    むなしさにうちひしがれて帰るわけにはいきません。
    穴賀広子さんは弱気の自分は嫌いなのです。
    気持ちがいいチンポを、本気で探している女性が増えています。デリヘル嬢として出会った仁美さんとイイ感じに仲良くなったら自宅に招待されました。お店を無視してご自宅でやらせてもらうのにはコーフンしました。デリヘルの時より、仁美さんも激しくコーフンしてチンポを握って離しません。シャブリ付いて離しません。仁美さんはデリヘル嬢になって自分にピッタリのチンポを探していたのです。
    この動画をダウンロード
    仁美  / 

    動画提供サイト Hey動画
    クリッと一押しお願いしま〜す
    素人・熟女ブログランキング

    あなたのクリックでヌルヌルにしてね・・・・(^^;)

    ■ママの秘宝館の目次はこちら■
    ■スマートフォンで無修正  ■人気サイト比較  ■ジャンル別アダルト
    ■無料サンプル動画     ■人気ランキング     ■アダルト検索
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [太平洋と呼ばれた女@濡れる秋ハメ前線(1)]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2012/09/26(水) 17:27:46|
    2. ママのお話でてこい|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「太平洋と呼ばれた女@濡れる秋ハメ前線(1)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    初アナルには極小チンポが最適です@濡れる秋ハメ前線(8)  (2012/10/03)
    霧雨(1) 赤飯 (2008/12/14)
    忍者ハエトリくん(1)  (2012/10/07)

    次のページ>>
     
    FX アクセスランキング