無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第4位
 男もヨガるアナル
「ひゃあ〜、すてきやわあ。  今日は無理かもしれ......(→続き)
  第5位
 春の野山でチンポ
「ひゃあ〜、滑造さんじゃありませんか〜、あは〜ん、......(→続き)
  第6位
 毛が無いから穴の
毛のない女の子は好きですか? わたしはオマンコの毛......(→続き)
  第7位
 No.63 楓
作品名 No.63 楓 鬼畜たちが遊んでいたクラブ......(→続き)
  第8位
 盗視・クモも呆れ
母はチンポをお尻の穴に入れたまま、投げ出された叔父......(→続き)
  第9位
 黒い水晶の巻@夜
「オウメの手で無理やりにマンコに入ったカリクビだけ......(→続き)
  第10位
 義理の息子のムス
娘のダンナに手を出すお母さんのマンコは使い込まれて......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240

1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • いきなり胸ぐらにしがみついてきてフウフウと鼻息を荒めながら、とがらしたクチビルを突き出した福実さんの肩を、留三さんも思わず飲みかけのオチョコを放り捨てるようにして抱き寄せました。
    紅をさしてもいないのに、福実さんが丸めて突き出したぽってりしたクチビルはツヤツヤと桃色に輝いています。
    ひげ面を押しつけて留三さんは吸い寄せられたように桃の花びらのような口を吸いました。
    チュウチュウと二度、三度と吸い上げると、福実さんもいよいよいきり立ち、胸をギュウギュウと押しつけながら留三さんの首っ玉を締め込むほどに抱き締めて、力一杯に吸い返してきます。

    福実さんの肩口の上から回していた腕を脇の下に移して抱き直し、留三さんはちゃぶ台をトンッと蹴飛ばして押しやりました。
    下に着ていたシャツごとセーターをスポリと頭から抜いて、引きむしるようにブラジャーを外しておいて、留三さんはまたクチビルに吸い付きました。
    吸い合ったクチビルが離れないように、背中に回した手を指先まで伸ばして福実さんの頭を支えながら、留三さんはそおっとやわらかな体を横たえたたのです。
    セーターを下から盛り上げていた福実さんのオッパイは、仰向けになるとそれぞれカラダの左右に乳首の向きを変え、たっぷりとした乳の房も胸幅より外側へと重みの位置を変えましたが、それでも留三さんの大きな手ですら、ふくらみの全部を包みこむことはできません。むき出しにした肌はすっかり汗ばんでいて、乳をもむ留三さんの手のひらに吸い付いてきました。乳首をつまんで強めに揉み上げると、福実さんは頭を振って吸い付いている留三さんの口から逃れ、ノドをしぼるようなうめき声を上げました。

    「ふ、福さん、福実ってば・・・・今夜はどうしたんだよ、こんなにアッというまにその気になっちまうなんてよ」

    留三さんは乳を揉んでいた手を移動して腹を撫で回し、右の乳首を口に含みながらいぶかしむような声でつぶやきました。返事はありません。
    乳首を吸い立て、甘噛みして、もう一度福実さんの口からうめき声が漏れると、留三さんは右手をためらわずにモンペの下に潜らせるのでした。
    ウワアッと悲鳴のような声を一声上げて福実さんの腰のあたりがピクンッと波打つと、留三さんはひげ面を乳の谷間に押しつけました。乳の谷間から留三さんが短く含み笑いをするのが聞こえました。

    「うふふっ・・・・ちょっと乱暴だったかい? あんまりお前さんができあがってるもんだから・・・・えへへっ、いきなり、こうして、ここに、な? 痛くないよな? だって、もうこんなに・・・・・」

    モンペの中からピチャピチャピチャという音がし始めているのです。
    福実さんは目を閉じ、少し口を開いて甘えるような声でうめき始めました。
    留三さんは乳の間から顔を上げて福実さんの顔をつくづくと見下ろし、左手を福実さんの頭の下に差し込んで、荒い息とうめき声を漏らしている口の端を舌の先でチロチロと舐め回しました。福実さんがハッとしたように両目をあけました。モンペの中からはピチャピチャという音が続いています。

    「ど、どうしちゃったんだろ? わたし・・・・ああっ、気持ちいい、留さんの指が気持ちよくて、・・・・ああっ、良くて、良くて、良くてさ・・・・・あれ、いやだあっ、ど、どうしちゃったんだろ? ホントに、ホントに、どうしちゃったんだろ? な、なんだかイキかけそうになっちゃってる・・・・・うわあああっ・・・・いいっ、いいっ、すんごくいいよおっ、留さんの指が・・・・」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/12/31(金) 08:33:01|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「あの人に伝えたい気持ちよさの巻@夜とぎ沈丁240」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ウリふたつのチンポ出現の巻@夜とぎ沈丁256 (2011/01/19)
    涙目で太マラしゃぶる新妻の巻@夜とぎ沈丁152 (2010/08/13)
    八十路でもセックス大好きなお祖母ちゃんの巻@夜とぎ沈丁120 (2010/07/01)

    シシ鍋でふたり酒盛りの巻@夜とぎ沈丁239

    1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • 福実さんとモヨ子さんが暮らす柿の木坂の家から、村の道を右にそれて谷筋に降りてゆくと小さな茅葺きの屋根の小屋があります。
    とうとうと流れる沈丁川のほとりに、川水を引き込んだ池が十ほども並び、水面を秋の夕空の紅の色が染めていました。
    この谷間の池で、留三さんはイワナとヤマメの養殖をしているのです。
    夕焼け空に、茅葺き小屋の煙突から立ち上る白い煙がとけ込んでゆくのを眺めながら、福実さんは谷間に降りる細道を駆け下りました。

    小屋の杉板の戸を押すと、囲炉裏のそばにアグラをかいてキセルのタバコを吸っていたヒゲ面の留三さんが、ワアッと大きく口を開けて笑って福実さんを招き入れるのです。
    福実さんは留三さんのヒゲの中から白い歯がこぼれるのを見ると、ついつられてウフッと笑ってしまうのです。

    「留さん、うまいものを持ってきたよっ、モヨ子のやつが包んでくれたんだ。
    昨日、甚助さんがシシ肉をわけてくれたんでね、夕べはあたしとモヨ子でシシ鍋したんだ。残った肉をモヨ子が味噌に漬けてくれたんだよ。モヨ子のつけた味噌漬けはうまいゾッ。まあ、うちのモヨ子ぐらい味噌を使い回すことを知ってる女はいないよっ。
    ほれえっ、ねえ、こいつを囲炉裏で焼いて一杯やろうじゃないのよ。
    それだけじゃないんだよ、これもモヨ子が包んでくれたよ、こいつはあたしとモヨ子が気に入ってる酒なんだよ。これは絶対に留さんも気に入るはずだって、夕べあたしがポロッと言ったら、モヨ子のやつ、今日になったらしっかり水筒に詰めてくれたんだよ」

    いそいそと持ってきたふろしき包を解いて、勝手知ったる小屋の中、福実さんは手際よく水屋に立って立ち働きながらも留三さんに話しかけます。囲炉裏の上に焼き網を用意して、たちまち二人きりの酒盛りの準備は整いました。

    「わはははァっ、また福さんのヨメ自慢かよ。
    ホホウ、それにしてもこいつはごっつおだねえ、甚助じいさんのシシ肉かあっ、そいつは嬉しいねえ。ひゃあっ、こんないいとこを味噌漬けかい? こりゃ、たまらんよ。
    うん、うん、ボタン鍋もいいもんだが、味噌漬けを焼くなんてのは豪勢だ。
    だけどなあ、酒は俺のところだって切らしたことはないんだよ、まだ四斗樽にたっぷりあるはず・・・・ほほ、やややっ、こいつはいい色だねえ・・・・おおっ、ほおっ・・・・いい匂いだあっ・・・・わははははっ、なんだってんだよ、こいつは上等な匂いのする酒だねえっ・・・・・ふん、ふん、ふん・・・・・くわああああっ、・・・・・た、たまらん、こいつはいい酒だあっ、・・・おっと、福さん、お前もやりなよ」

    「あはははははっ、そうかい、留さんもその酒が気に入ってくれたかい? うれしいねえ、ホッとしたよ、モヨ子が水筒に詰めてくれた甲斐があるってもんだよ。
    ・・・・あっ、そうそう、モヨ子が言ってたよ、留さんのところには、行者にんにくの醤油漬けがあるはずだから、シシ肉を焼いたらそいつと一緒に食べなって」

    「ほほおっ、なるほど、たしかに、たしかに、こいつと行者にんにくの醤油漬けは合うだろうなあっ、モヨちゃんのやつ、お見通しだねえっ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [シシ鍋でふたり酒盛りの巻@夜とぎ沈丁239]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/12/30(木) 00:39:22|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:1
    「シシ鍋でふたり酒盛りの巻@夜とぎ沈丁239」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    チンポが伸びて村長は失神の巻@夜とぎ沈丁158 (2010/09/02)
    マンコから陽炎みたいに湯気が立つの巻@夜とぎ沈丁77 (2010/04/25)
    そぞろ歩けばマンコは濡れるの巻@夜とぎ沈丁204 (2010/11/25)

    ムクドリに腰を折られての巻@夜とぎ沈丁238

    1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • 干し柿を干し上げるためには、なによりもカビが生え出す気配を見逃さないことが肝心なのです。
    カビのせいで黒ずんだり、褐色のシミが浮き出したりしないように、福実さんとモヨ子さんは大声で笑いながらも、手元には細心の注意を払って柿をもんでゆくのでした。
    干し上げるまでに二度の柿揉みをするのは、果芯まで柔らかくほぐして熟成して生まれた糖分をまんべんなく行き渡らせるためですが、果実の中で縦に走る繊維は切らないように揉むことも大切です。この繊維を残すことで口の中でプチプチとはじける食感が生まれるのです。

    「滝見の柿」はホオズキのようなふくらみがある生乾きの状態で干し場から降ろします。表面がやや半透明になって、握るとやわやわとした感触がしっかりとあるうちに干し台から取り込んでしまうのです。白い粉を吹くまで干し上げるのではありません。
    ほおばると、ちょうど半熟の温泉卵のような果肉がトロリととろけ出す具合に仕上げられてこその「滝見の柿」なのです。
    熟練の菓子職人が練り上げた黄味餡よりも柔らかい時に乾燥を止めて果汁を残しているので、口の中でとろけた果肉はまったりとした味わいの底から清涼な果実の風味が立ち上がってくるのです。

    「どうかねえ、今年の柿は小ぶりだから、いつもより仕上げを早くしなくちゃねえ。
    干し過ぎちまったら「滝見の柿」ではなくなっちまうもの」

    雨にも霧にも靄にも霜にも、ましてや雪などには決して当てずに、ただお天道さまと風だけを当てて柿を熟成させるには、毎日、夕べには8メートルの柿干し台から竿を一竿ずつおろし、これを柱だけで屋根を支えているあずまやの中に移して夜風に当てるのです。なみたいていの手のかけようではありません。
    軒先にぶら下げっぱなしの干し柿とは、できあがるものが別物になるのも、こうした福実さんとモヨ子さんの丹精によるものだったのです。

    「どうです、おばあちゃん、この竿はひときわ具合がいいみたい。
    ほらあっ、このぽってりした肌触り、それにズシリと重みがあります。今年の実は小ぶりだけど、こんなふうに中身が詰まって重みがある時は甘みが出るからねえ」

    モヨ子さんは、表面が透明になりかかっている柿のお尻の下を手のひらでポンポンと持ち上げて、浮き浮きした声で言いました。

    「うふっ、まったくだ、たまらないよ、このポテポテっとした手触りは。
    今の時期の、この手触りの良さってものだけは、わたし達しか知らないだろうねえ。・・・・だけどねえ、こいつはあれだよ、モヨ子、まだ子供のキンタマさ。も少し、シワが深くなって溝が底光りし出す頃がキンタマの食べ頃ってもんだあ」

    「へへえっ、あれまあ、そうですか。おばあちゃんたら、サオ専門かと思ったら、しっかりキンタマも品定めをしてなさる。たまげたわ。それなら留三さんのは、サオが立派なだけじゃなくて、タマも具合もよろしいの?」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ムクドリに腰を折られての巻@夜とぎ沈丁238]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/12/29(水) 00:32:26|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ムクドリに腰を折られての巻@夜とぎ沈丁238」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    おばあちゃんのマンコの思い出の巻@夜とぎ沈丁78 (2010/04/26)
    女子オナニーを見た少年の巻@夜とぎ沈丁32 (2009/11/13)
    庵主さまのアナルセックスの巻@夜とぎ沈丁142 (2010/07/28)

    柿の木坂の家の巻@夜とぎ沈丁237

    1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • 「モヨ子、さあっ、引っ張るぞおっ、せ〜の〜っ、うんしょッ、うんしょッ、うんしょッ・・・・」

    澄みわたった青い空に、ずらりと柿を吊した干し竿がグングンと上がっていきます。降り注ぐ日差しに、色合いが深まった柿がつややかに光っています。

    「よおしっ、いいあんばいだよっ、そっちもしっかりロープを結んでおくれっ」

    福実さんの張り切った声が青空に吸い込まれていきました。
    北風が吹き降ろしてきて、姉さんかぶりの手ぬぐいがひらめいてホッペを叩いても、二人の鼻の頭には汗が小粒の玉を結んでいます。
    福実さんとモヨ子さんは引き上げたばかりの竿を振り仰いで、ホウッと大きく息をつきました。

    「ほんとにいいあんばいだっ、いい風だねえ、おばあちゃん」
    モヨ子さんが満足げな声で言いました。

    「なんたってうちの庭は風の通り道だからねえ。ま、あのお山の雲の具合では、明日もお天道様は顔を見せてくれるだろ」

    福実さんは額に手をかざして、南西のひょっとこ山を見やりながらつぶやくように言いました。

    「よおしっ、あともう一竿、おばあちゃん一息つきますか? それとも一気に片付けますか?」
    「なあに、へっちゃらだよ。お茶にするのは全部終わってからにしようよ」

    福実さんはそう言いながら、すでに手袋を脱いでボールの中の焼酎で念入りに手を清めています。ボールの中には温めた焼酎を入れておいたのですが、もうすっかり冷えています。指先が痛くなるほどに冷えていますが、福実さんもモヨ子さんも念入りに手首のあたりまで焼酎にしっかりと浸します。
    ここのところをおろそかにすると、すぐに柿にカビが生えてしまうのです。
    野ざらし、風さらしの柿ですから、カビが絶対につかない保証はありませんが、二人は丹念に一竿ごとに手を焼酎で清めます。

    片手に焼酎の入った霧吹きをもち、利き手でサオに吊った柿を柔らかく揉んでいきます。揉んだ柿にカビの気配があれば念入りに霧吹きの焼酎を吹きかけ、そうでなくともオマジナイのように軽く一吹き、そのようにして一つ一つの柿を揉み込んでゆくのです。
    なにしろ福実さんとモヨ子さんの干し柿づくりは手が込んでいました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [柿の木坂の家の巻@夜とぎ沈丁237]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/12/28(火) 02:26:36|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「柿の木坂の家の巻@夜とぎ沈丁237」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    スケベ村長の絶賛の巻@夜とぎ沈丁172 (2010/10/06)
    ばあちゃんのへべれけ乱交の巻@夜とぎ沈丁112 (2010/06/19)
    おばあちゃんのおまんこ@夜とぎ沈丁2 (2009/02/28)

    心の記憶とマンコの記憶の巻@夜とぎ沈丁236

    1ページ7ページ中
  • | ホーム |

  • サネトモ君の指がわたしのオマンコを左右に開いて中をのぞき込んだ時、わたしは思い出していました。
    あの、生まれて初めて男と女の、それも母と叔父さんが繰り広げたオマンコの営みをつぶさに見たあとの寝床でのできごとを。あの寝床で、男のチンポが欲しくて、欲しくて、身もだえしながらオナニーをしたことを。

    わたしはそれまでにサネトモ君にオマンコをいじらせて上げていました。でも、オマンコを見られるのは初めてだったのです。
    お座敷ストリップで、大勢の男の人には見せてきましたが、たった一人に見つめられたことはありませんでした。
    色々なモノをマンコに入れていましたが、チンポを入れたことはなかったのです。
    とうとうその時が来た瞬間、わたしはあの夜の床の中でのことを思い出していたのです。
    わたしはあの夜、すべてが終わったあとで母と叔父さんが四肢を投げ出し、フトンの上に並んで仰向けになったのを見届けて、そっと掃き出し窓から離れ、玄関の前で心を静めてから、わざと乱暴な音を発ててガラス戸を引きました。
    姉と弟と共同で使っていた子供部屋に入り、すぐに股間のあたりがべとべとになったパンツを脱ぎました。

    わたしはそれまでに、すでにオナニーは何度もしていましたし、マンコをいじってヌルヌルにしたこともありました。
    けれどもその時のパンツの濡れ具合は、オナニーやオマンコのことを考えているうちにできる濡れ方とは全然違いました。
    それまでにパンツを濡らした時には、マンコのスジにそって細い線のようなシミができたばかりでしたが、あの夜のパンツはマンコが当たっているところはもちろん、お尻の穴があたる方にまで、まだヌルヌルしている液がべっとりと付き、そこから湯気が立っていたのです。
    その湯気の匂いを嗅ぐと、わたしはいても立ってもいられない気持ちになって、はやばやとフトンに潜り込んだのです。

    掛け布団の中に潜り込んで、わたしは夢中でオマンコをいじりました。
    クリトリスをいじると、たちまち全身が熱くなり、クリトリスから全身に電気が走って、たった今見た母のように下腹をふるわせたのです。
    信じられないほどに簡単に、わたしは何度もイキました。
    繰り返し、繰り返し、クリトリスの頭をこすっては下腹をふるわせました。
    マンコからはとめどなくヌルヌルした液が流れ出したので、バスタオルをフトンの中に引っ張り込んでお尻の下に敷きました。
    五度も六度も、もしかしたらそれ以上の回数、小さく上り詰めた後、わたしはオマンコの穴に指を入れました。母のオマンコに入った叔父のチンポを思い出して、指をそっと入れました。ヌルヌルのマンコの穴はわたしの指を簡単に呑み込みましたが、息が詰まるかと思われたほどの快感が不安なほどに穴のまわりから湧き起こりました。
    カラダがどうにかなってしまいそうな快感でした。

    わたしは歯を食いしばってそれをガマンして、これも叔父の指がそうしたように、もう一方の手の指をお尻の穴の中に押し込んだのです。
    お尻の穴までも、すでにマンコからあふれたヌルヌルが流れ落ちていて、指をニュルッと呑み込んだのです。
    死ぬかと思ったほどの爆発が、マンコとお尻の穴の間で起きました。
    わたしはマンコとお尻の穴に指を突っ込んだまま、うめき声を上げてものすごいほどにカラダを痙攣させたのです。
    痙攣しながら、これ以上続けたら息が止まるのではないかという不安が頭の隅をよぎりながらも、わたしは指を抜くことができませんでした。それどころか、さらにマンコにもお尻の穴にももっと深く、もっと奥へと指を押し込んでいたのです。
    わたしはフトンを噛み、うめき声を殺して、ケーレンを続け、そして、そのまま深々とした眠りに落ちてしまったのです。

    目覚めると、隣のフトンで姉と弟がくぐもった声で話しているのが聞こえました。
    わたしはフトンの中にスッポリと潜り込んだまま聞いたのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [心の記憶とマンコの記憶の巻@夜とぎ沈丁236]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/12/27(月) 04:03:51|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「心の記憶とマンコの記憶の巻@夜とぎ沈丁236」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    娘のオナニー@夜とぎ沈丁6 (2009/03/11)
    この男とだけはしたくないぞっの巻@夜とぎ沈丁168 (2010/09/25)
    引っ張りゃチンポは伸びるんですの巻@夜とぎ沈丁157 (2010/09/01)

    次のページ>>
     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close