無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第2位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第3位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第4位
 男もヨガるアナル
「ひゃあ〜、すてきやわあ。  今日は無理かもしれ......(→続き)
  第5位
 春の野山でチンポ
「ひゃあ〜、滑造さんじゃありませんか〜、あは〜ん、......(→続き)
  第6位
 毛が無いから穴の
毛のない女の子は好きですか? わたしはオマンコの毛......(→続き)
  第7位
 No.63 楓
作品名 No.63 楓 鬼畜たちが遊んでいたクラブ......(→続き)
  第8位
 盗視・クモも呆れ
母はチンポをお尻の穴に入れたまま、投げ出された叔父......(→続き)
  第9位
 主婦のノゾキ修行
アヤメさんの二階のその部屋は、通りに面した窓ばかり......(→続き)
  第10位
 義理の息子のムス
娘のダンナに手を出すお母さんのマンコは使い込まれて......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

ホンバンを待ちながらの巻@夜とぎ沈丁209

1ページ6ページ中
  • | ホーム |

  • 「あれ、サネトモ、どうしたんだあ?火消し壺から消し炭なんか取りだして、おおっ、な、なにするってのよ?
    うわ〜っ、それってなに?そんなにメチャクチャに消し炭を顔に塗りつけてどうするつもりだあ?
    せっかくのイケメンがメチャクチャだぞおっ、ワハハハ、それじゃあまるでコソ泥のクマゴローみたいだぞお、なにをしようっての?
    ・・・・おおっ、そ、そうかあっ、サネトモ君、それってコソ泥のクマゴローじゃなかったのね、それって出歯亀ってことなのね?
    ダハハハハッ、出歯亀スタイルになってお座敷ストリップ鑑賞会の雰囲気を盛り上げようってワケなのね?
    こりゃまたビックリ、サネトモ君、君はイケメンを犠牲にしてワシらのワクワク感を高めようってワケなのかあっ????
    ・・・・ク〜ッ、か、感動ですぞ〜っ、こんなジジイ二人のスケベゴコロを盛り立ててくれようって気配り、思いやり・・・・エライッ、エライゾ〜、サネトモォ〜、ワシは村長として、役場の職員の中に君のような年長者を立てるすべを身につけている男がいる事をホコリに思いますぞ〜っ。
    グスン、グスン、アハッ、ど、どうも歳を取ったら涙もろくなっちまってね〜、久しぶりに若いもんの心意気を見せてもらったら、ククククッ、涙と鼻汁が流れてきましたぞ〜、ウ、ウイやつじゃの〜、サネトモォ〜、よ、よおし、こうなったらワシだけがストリップ鑑賞会の後でネエサンとイイコトをしている場合じゃありませんよ。
    遠慮はいりませんぞ、サネトモォ〜、お前にもタイプの温泉コンパニオンをあてがってやるからな〜、うふっ、何を耳を真っ赤にしてるんだよ。
    ダハハハハッ、そんなに顔を真っ黒にしちまったら顔の色はわからんけど、耳がハズカチ〜って言ってるぞ〜、可愛いな〜」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ホンバンを待ちながらの巻@夜とぎ沈丁209]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/11/30(火) 21:19:42|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ホンバンを待ちながらの巻@夜とぎ沈丁209」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    熱帯夜を吹き飛ばすウンコプレイの巻@夜とぎ沈丁138 (2010/07/22)
    二本のチンポで二穴責めの巻@夜とぎ沈丁163 (2010/09/12)
    ほんのお礼にマンコをナメナメの巻@夜とぎ沈丁136 (2010/07/20)

    フトン部屋で待ってますの巻@夜とぎ沈丁208

    1ページ6ページ中
  • | ホーム |

  • ささ、こちらへと温泉コンパニオンのおネエさんに案内されてやって来たのは六畳の間。控えの間もなく、ふすま絵は煤けたようにくすんでいて、タタミも黄ばんでいます。細く開けた窓の障子の間から満月が煌々と輝いているのが、かえって部屋のみすぼらしさを引き立てます。部屋の空気にプンとカビの匂いが混ざっていました。

    「な、なんですとお、ここですと?ホントにホントにこの部屋ですと?
    ひどい、ひどすぎますぞ、この部屋ってば、もとはと言えばフトン部屋ではありませんか?・・・・えっ?どうしてそんな事を知ってるのかって?
    うふっ、ねえさん、あのね、わたしはこちらの常連ですよ。何度も何度も宴会をしてきましたよ。いつのことだったっけ、温泉コンパニオンさんの一人といい感じになりましてな、どこか二人きりになれるところはないかと聞いたら、そのねえさんが案内してくれたのがこの部屋で、フトンが山積みになっていましたぞ。
    ひっひっひっ、わしらはその辺からフトンを引きずり出して、小一時間の恋の逢瀬を楽しんだものですよ。え〜と、あのおねえさんてばなんて名前でしたかねえ。
    ま、そんなことはどうでもよろしい、つまり、わたしはここがフトン部屋だったってコトを知ってるの。どういうことなんですかあっ」

    「これこれ公民館長さん、あなたらしくもありませんぞ。
    今日は祭りの宵宮ですからな、他の部屋はとっくに埋め尽くされているんでありましょうよ。急遽しつらえたのがフトン部屋改めストリップ鑑賞会場だなんて、フフ、なかなか趣があるじゃないですか。
    これ、公民館長さん、あんたって男は、若い娘をフトン部屋に引っ張り込んだ前歴があるのならますます興が湧くってもんでしょ。いつぞやの快感を偲びつつ鑑賞しようじゃありませんか。
    あ、公民館長さんてば、その時、まさかかたわらに積んであってフトンに男性の精をピュッピュッと飛ばしたりはしなかったよね、フムフム、あなたのような男は、人が見ていないところでは思いがけないほどに野放図な事をしてくれますからなあ。
    そうそう、ねえさん、よくぞご案内してくれました。
    ささ、これは少しだけと取っておきなさい・・・・ムフフフフフ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [フトン部屋で待ってますの巻@夜とぎ沈丁208]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/11/29(月) 19:15:38|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「フトン部屋で待ってますの巻@夜とぎ沈丁208」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    チンポが伸びて村長は失神の巻@夜とぎ沈丁158 (2010/09/02)
    裏声でヨガりまくるお祖母ちゃんの巻@夜とぎ沈丁121 (2010/07/02)
    酔っぱらい女の騎乗位の巻@夜とぎ沈丁247 (2011/01/07)

    人生のマンスジの巻@夜とぎ沈丁207

    1ページ6ページ中
  • | ホーム |

  • 宴席の人声は高まったり急にひっそりとしたり、波がある。
    ヌメリさんは襖を通して聞こえるその波で、出番の時刻を推し量る。
    最初は静まりかえったように始まる宴会が、次第に乱れてゆくのが廊下を隔てている控えの間からも手に取るようにわかった。
    ペタペタと草履を擦って廊下を走り回っていた仲居さんの足音に代わって、ドタドタとよろけたような足音が聞え出すのは、酔いが回り出してトイレに出向く客が多くなるからだ。それがそろそろ頃合いとヌメリさんは知っている。
    そのころにはヌメリさんの準備はすっかり整っている。
    準備と言っても3分もかからない。
    口紅を濃く引く。黒ずんで見えるほどに、濃紅色の口紅を塗り重ねる。
    白い綿のパンツを脱ぎ、前屈みになって横隔膜をグウッと持ち上げておいて、ポリエチレンの袋を局部に挿入する。
    スケスケのスキャンティをはく。
    金髪ロン毛のウイッグをかぶる。時には紫色のウイッグをかぶる。
    アイマスクをつける。
    バイブの電池が切れそうなら取り替える。
    それだけの準備だ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [人生のマンスジの巻@夜とぎ沈丁207]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/11/28(日) 17:19:17|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「人生のマンスジの巻@夜とぎ沈丁207」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    待ちきれないオヤジの巻@夜とぎ沈丁210 (2010/12/01)
    乙女の記憶の巻@夜とぎ沈丁205 (2010/11/26)
    この男とだけはしたくないぞっの巻@夜とぎ沈丁168 (2010/09/25)

    人生のガマン汁の巻@夜とぎ沈丁206

    1ページ6ページ中
  • | ホーム |

  • サネトモ君は必死でパソコンに向かってキーを叩いていた。
    夕闇が濃くなって部屋の中は薄暗くなってきたけれど、サネトモ君は立ち上がって部屋の照明スイッチの場所までゆく時間さえ惜しい気がして、デスクにしがみついてパソコンの画面をにらみ続けている。
    部屋が暗くなって、パソコンのディスプレイの光がサネトモ君の顔に青く反射していた。
    サネトモ君の額はパソコンの画面が映りそうなほどに脂汗で濡れていたが、ハンカチを取りだしてそれをぬぐう気にもなれなかった。

    「まだかかって来るな、まだかかって来ないでくれよ・・・・」

    サネトモ君は、胸の中でつぶやきながらキーボードを叩き続けた。
    サネトモ君はメンブレンのキーボードは嫌いで、メカニカルなキーボードが好きだ。
    キーを押しても手応えがなくて、モシャモシャという音しか発てないメンブレンは好きになれない。
    お仕着せのメンブレンキーボードに耐えきれなくて、わざわざ自前でメカニカルキーボードを購入してパソコンにつないでいる。
    クリックするとしっかりと金属が接触する感触がして、カシャカシャと音を立てるメカニカルキーボードでなければ、サネトモ君は仕事ができないのだ。
    カシャカシャという音のリズムは、しっかりと文字を刻み込んでいるような気分になるからだ。乾いた音も気を引き立てる。
    けれどもその日はメカニカルキーボードがけたたましいほどに音を刻む割には、画面の中の仕事ははかどらなかった。
    これでもかという勢いでキーを叩きながら、ふと思い直してはデリートキーを押す。数行書いては、カットする。全然進まない。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [人生のガマン汁の巻@夜とぎ沈丁206]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/11/27(土) 19:01:16|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「人生のガマン汁の巻@夜とぎ沈丁206」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    特大キンタマくん大暴れの巻@夜とぎ沈丁50 (2010/01/31)
    純喫茶「おなぼうず」の名古屋人マスターの巻@夜とぎ沈丁108 (2010/06/05)
    共同便所で母と息子のアナルセックスの巻@夜とぎ沈丁118 (2010/06/29)

    乙女の記憶の巻@夜とぎ沈丁205

    1ページ6ページ中
  • | ホーム |

  • お祭りの屋台からこぼれる光りの中を、三人は歩き続けています。

    「そうそう、祭りの屋台で売られていた写真にはパターンがあったんだ。
    いちばんオマンコに入れられていたのは、あたしの印象ではウナギと日本刀と天狗サンのお面だねえ。
    あとは、もちろんコケシやズイキのたぐいだよ。
    不思議にキューリやナスビやニンジンなんかは入れた写真はなかったよ。
    なぜだろうねえ?入れるものなら、もっと色々あっても良さそうなのにさ?
    マンコに野菜を入れるってのは、意外と歴史が浅いのかも知れないねえ」

    「ストリップもそうだよね。いまだに温泉ストリップでは天狗のお面は入れてるよね。
    つうことは、ストリップには古い伝統が残ってるのかしら?
    わたしが思うに、キューリやナスビやニンジンは、なんの工夫もないものだから、かえって人気が出なかったんじゃないかしら?
    あまりに智恵が無さ過ぎる感じがするもんねえ、なんだか子供の思いつきみたいだ。
    あたしゃ、今でも野菜を入れる女のAVを見ると、もう少し智恵がないのかねえって思っちゃうんだけどねえ。
    ひょっとしたらキューリなんかの野菜シリーズは、ピンク映画で使われだしたのではないのかね?
    田舎に生まれて、都会に出てきた女が結婚して団地妻、あの世代の都会に出て行った奥さんピンク映画ってば、いかにもお手軽に済ませたい女ってのが、そのまんまお手軽に浮気をするってパターンが多かったからねえ。
    アタマわるいですってシンボルだよね、野菜のオマンコ挿入ってさ。
    どこからかズイキやコケシを調達をしてこようなんて甲斐性は、とても無さそうな女が、オナるには子供の時分に遊んだキューリを使ってみたってのが真相じゃないのかね?」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [乙女の記憶の巻@夜とぎ沈丁205]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2010/11/26(金) 19:20:40|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「乙女の記憶の巻@夜とぎ沈丁205」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    盗視・母ちゃんのアナル童貞フデオロシの巻@夜とぎ沈丁230 (2010/12/21)
    春の野山でチンポ狩りの巻@夜とぎ沈丁76 (2010/04/23)
    穴の中から流れ出るの巻@夜とぎ沈丁241 (2011/01/01)

    次のページ>>
     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close