無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第3位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第4位
 五十路おめこ欲情
「まあ、滑造はん、ホンマに来てくれはったんやね。う......(→続き)
  第5位
 早漏防止スプレー
貴男はパートナーを十分に満足させていますか? 疲......(→続き)
  第6位
 おまんこの舐め方
ママのおまんこの舐め方講座、っていうか、わたしなら......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 ゲートボール老人
ひと月前に掘り上げて棚に並べたサフランの球根は、う......(→続き)
  第9位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第10位
 奥様おまんこセミ
「ねえねえ、夕べ久しぶりにアダルトの新作探しをした......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

父と息子のチンポコチャンバラの卷@夜とぎ沈丁36

1ページ2ページ中
  • | ホーム |

  • 「タメコ〜、これはど〜ゆ〜ことだあッ、ム、ム、ムスコのムスコを喰っちゃうなんて人の道を踏みはずしやがって〜。
     毎晩ワシのチンポを二度も三度も食わせてやってるじゃ〜ないかあ〜、まあだ喰い足りないっつ〜のかあ〜・・・・」

    父ちゃんの怒声にタメコさんはビックリ仰天。

    「と、父ちゃんてばあ、それは誤解ですう。金太とあたしはなんにもしてませんよ〜」

    「わ〜い、この期に及んでそんな言い訳しちゃうワケ〜??
     そ、そのおまえが握っているのは金太のパンツじゃあないか。
     一戦およんで、金太のパンツでオマンコぬぐい終わりましたっつ〜状況じゃあないかあ。
     わあああっ、そ、そのパンツにこびりついてる精液の量はハンパじゃないぞお・・・・どひゃあ・・・・ま、負けそ〜だあ、
     ・・・・え〜ん、あんまりだあ、と、父ちゃんの立場をど〜してくれるんだあ」

     最初の勢いはどこへやら、父ちゃんはうっすら涙ぐんだ目でタメコさんが握っている金太君のパンツをにらみつけました。
     圧倒的な精液量に、たじたじとなったのです・・・・・(^_^;)

    「あはっ、父ちゃんてばあ、なあにを早合点してんだよ・・・」

     父ちゃんの表情の変化を素早く見抜いたタメコさんは、薄ら笑いを浮かべてゆっくりと立ち上がりました。
     本質的に気が弱くなっている定年間近のダンナの性格を知り抜いている、人妻ですからね・・・・(^_^)v
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [父と息子のチンポコチャンバラの卷@夜とぎ沈丁36]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/11/27(金) 18:54:21|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:1
    「父と息子のチンポコチャンバラの卷@夜とぎ沈丁36」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    人生のガマン汁の巻@夜とぎ沈丁206 (2010/11/27)
    日本縦断熟年夫婦おまんこ風景@夜とぎ沈丁4 (2009/03/06)
    さなぶり祭りで大乱交の巻@夜とぎ沈丁133 (2010/07/18)

    初体験の感動をもう一度の卷@夜とぎ沈丁35

    1ページ2ページ中
  • | ホーム |

  •  スキップをしながら金太君は田んぼのあぜ道を帰ります。
     小春日和の柔らかな日差しも、金太君の心を弾ませます。
     ズボンの中のオチンポには、はっきりとさっきのスミレちゃんのオマンコの絡みついてくるような感触が残っています。
     心もウキウキ、思わず口笛で奏でるのは初体験の唄のメロディーです。

       【初体験の唄】(あなたのお好きなマーチ風のメロディーで歌ってくださいねッ!!)
     ♪ ついにやったぞ、やりました  ちんこはりっぱに立ちました
       まんこにきっちり入れました  精子もスッキリ飛んで出て
       きんたま軽くなりました    オトコになった初体験
     ♪ セッセとためた貯金箱     アッサリ使って無くなった
       そんな気がするわたしです   悔いてはいませんサダメです
       ガニマタになって帰ります   オンナになった初体験

     たいていの場合、男と女の初体験の印象は大きく異なります。
     女性の場合いつまでも心に残るのは、出血のことよりもいつまでもオマンコの中に残るオチンポの挿入感ですね。
     残尿感ですらとっても気になるのです。
     ましてやオマンコの穴周辺をミシミシいわせて入ってきた堅い棒の感触が気にならないはずはありません。
     おおかたは一日もたつとその違和感は無くなると言いますが、マレには一週間もオマンコの中に野球のバットみたいな物がはまりこんでいるような感触が残り、痛みもあり、O脚の日々を過ごすことになるのです。
     言うまでもありませんが、最初からO脚の方も、もっとひどいO脚になるのです。
     O脚の思い出こそ忘却しがたい初体験の思い出なのです・・・・(^_^;)。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [初体験の感動をもう一度の卷@夜とぎ沈丁35]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/11/25(水) 17:33:38|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「初体験の感動をもう一度の卷@夜とぎ沈丁35」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    ラッパー婆さんトリオの巻@夜とぎ沈丁111 (2010/06/12)
    大阪版おまんこ読本@夜とぎ沈丁14 (2009/05/22)
    父と息子のチンポコチャンバラの卷@夜とぎ沈丁36 (2009/11/27)

    ブタの処女を奪った少年の巻@夜とぎ沈丁34

    1ページ2ページ中
  • | ホーム |

  • 「それでは、スミレちゃん、金太君のオチンポの筆オロシをよろしくね」

    「はあい、わかりましたあ、でもねえユミコちゃん、スミレはねえブタのオマンコは何回も見てますけど、人間のオマンコはたった一回しか見たことがなんですう。
    上手にリードしてあげられるか、スミレ、自信ないんですけどお・・・・」

    「へえっ?それは初耳ですよ、スミレちゃん。
    スミレちゃんは人間のどなたとどなたがオマンコしているところをご覧になったのかしら?」

    「うふっ、それはこの夏のことなんですよん。この豚小屋の持ち主のご主人のオマンコ見ちゃったんですう。
    だって二人でこの小屋に入ってきて、その乾草の上でしたんですから、人間のオチンポが人間のおまんこに入るとこもバッチリ見えたんですう。

     ご主人が女の人の手を引っ張って小屋に入ってきて、乾草の上に押し倒しましたよ。

    『ムフフフフ、ユキエや、やっとこうしておまえとヘッペができるなあっ』って、ご主人はとってもうれしそう、ユキエさんは押し倒されて泣きそうな顔でした。
    『あはん、旦那様あ、やめてけれえ、こったらどこでヘッペばするなんて、恥ずかし〜ですう』
    『なあにヘッペとゆ〜ものは、場所と人を変えれば、また別の気持ちよさがある物だぞ、さあ、ユキエ、おまえのダンベをじっくりと見せてくれよ』って、ご主人はユキエさんのモンペの紐を乱暴にほどきながら言いましたよ、ブ〜」

    「んま〜、なんてワルイヤツなんだろ。
     ところでその方言を理解するためには、【方言プレイ】カテゴリーの中の【おまんこ旅クイズ】をご参考になさって頂く必要がありますね・・・・・(*^_^*)
     そ、それからスミレちゃん、ご主人とユキエさんはどうされたのかしら?」


    「あ、あの〜、先生、ボクってチンポを、いつこのブタさんのオマンコに入れればいいんでしょ〜か?」
    ユミコさんの背後から、金太君が情けなさそうな声で聞きました。

    「アハッ、金太君も筆オロシの前に、スミレちゃんのオマンコドキュメントを聞きましょう。お話を聞けば、そのボッキが柔らかくなることはないと思われます。
    そ〜ゆ〜事ですので、スミレちゃん、その先を聞かせてちょうだいな」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [ブタの処女を奪った少年の巻@夜とぎ沈丁34]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/11/20(金) 20:43:40|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「ブタの処女を奪った少年の巻@夜とぎ沈丁34」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    マンコの中の精液を洗いますの巻@夜とぎ沈丁45 (2010/01/21)
    柿の木坂の家の巻@夜とぎ沈丁237 (2010/12/28)
    おまんこの締めぐあい@夜とぎ沈丁19 (2009/07/12)

    スケベな男の注目を集める方法の巻@夜とぎ沈丁33

    1ページ2ページ中
  • | ホーム |

  • 『んま〜、なんざますか、このママの秘宝館とゆ〜ブログは?
    【潮吹き熟女の誘惑サロン】なんてコピーを書いておきながら、これではまるで少年のためのオナニー案内じゃありませんか?
    熟女の私たちに、よおし、わたしもオナニーしちゃおうっとそそのかすところがまるでありませんッ。
    看板にいつわりアリだわ、ゆるせませんッ、不当表示ですッ!!』と、ゆ〜非難ゴーゴーの声が聞こえてきそうな前回でした。

      わ〜い、たはははははは、とっても反省しているママなのですう。
      ・・・・こ、こ、今回こそ、貴女のオマンコビショビショですう。
      ホントです、ホンキです、ホンネですう。
      え〜ん、ママも気合いを入れます、揉みます、絞りますう・・・・・(T_T)

     とゆ〜ワケで、澄みわたった秋晴れの朝のお話はまだ続くのです。

     コーヒーカップを優雅に手にして、タメコさんはレースのカーテンの内側から、庭に集まってきた小鳥たちを目を細めて眺めていました。
     数日前から、『あなたの庭やベランダに野鳥を呼んでみませんか?』という本を熟読したタメコさんなのです。

    「不思議だねえ、庭に来てくれると、こんなに小鳥が可愛いなんて。
    せっかく作った田んぼの稲をチュンチュンつつかれた日には、頭に血が上っちゃったのにさ。カキの枝に小鳥が騒いでいると、腹が立って仕方がないのにさ。
    スズメもヒヨドリもムクドリも、なんてなんて可愛いんだろ・・・・・」

     タメコさんは、庭にまいたエサを無邪気についばんでいる小鳥たちを眺めながら、そんなことをつぶやいていたのです。
     小鳥たちは、レースのカーテンの陰でタメコさんがじっと見つめていることには気づきません。安心しきってエサに没頭しているのです。


     ・・・・・まさに、まさにそのときでした。
     タメコさんの胸の中に、なにやらキラリとひらめきが走ったのです。
     思わず手にしていたコーヒーカップを、カタリとテーブルに戻しました。


    「そ、そ〜だあ、どうしてこんな事に気づかなかったんだろ。
    スズメもヒヨドリもムクドリも、アッサリと簡単に集まってくれたけど、もっと呼んでみたいものがあったんだあ。
    こんな重大なことに気づかなかったなんてウカツだねー、あたしってばさ」

     思わずまたしても独りごち、それからニンマリと口元に笑みを浮かべたタメコさんだったのです。

     あまりにステキな思いつきに、タメコさんは武者震いをしました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [スケベな男の注目を集める方法の巻@夜とぎ沈丁33]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/11/15(日) 19:34:06|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:2|
    4. コメント:0
    「スケベな男の注目を集める方法の巻@夜とぎ沈丁33」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    黒い水晶の巻@夜とぎ沈丁105 (2010/06/02)
    ナメ続ける男の巻@夜とぎ沈丁182 (2010/10/20)
    サクラからのお手紙の巻@夜とぎ沈丁66 (2010/04/06)

    女子オナニーを見た少年の巻@夜とぎ沈丁32

    1ページ2ページ中
  • | ホーム |

  • とってもよく晴れた朝でした。
    おばあちゃんが丹念に編み上げた干し柿のすだれが、夜露をふくんで朝日に銀色に輝いています。
    まだ干し上げたばかりなので皮をむいた柿のひとつひとつがまだピンと張りつめた肌をしています。
    寒さがつのって霜に当たれば、こまやかな皺が立ち始めておいしい干し柿になるのです。
    「夕べのお母さんは、うれしそうだったねえ」
    「いい味わいだったとおじいちゃんも喜んでました」

    干し柿のすだれを眺めながら、ユミコさんとクミコさんは朝の村の道を歩いています。
    今朝はおじいちゃんとおばあちゃんの家からの出勤なのです。

    稲刈りが終わった田んぼのあちこちで、モミガラの小山から薄い煙がたなびいています。どの家でもこの季節はニワトリを田んぼに解き放っていて、レグホンもコーチンも熱心に落ち穂をついばんでいます。
    どこかで牛が鳴いています。馬のいななきも聞えます。山羊があくびをするような声で鳴いているのも聞えました。
    子犬がじゃれ合うようなはしゃいだ甲高い声で鳴き交わしているのも聞えました。
    かたわらの小屋の中ではブタが朝ご飯を食べ終えたばかりなのでしょう、不思議にシンとしています。

    「せんせ〜い、先生〜・・・・」

    どこかで男の子が呼ぶ声が聞こえました。
    ユミコさんが振り返りますと、畑中の道を少年が走ってくるのが見えました。

    「・・・あのお、え〜と、と、床上手・・・え〜と、婦人の会のユミコ先生とクミコ先生じゃありませんか」
    二人に追いついた少年は、おずおずと上目遣いになって話しかけてきました。

    ユミコさんとクミコさんはいぶかしむように顔を見合わせました。
    顔を見知らぬ少年なのです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [女子オナニーを見た少年の巻@夜とぎ沈丁32]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/11/13(金) 19:34:47|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「女子オナニーを見た少年の巻@夜とぎ沈丁32」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    フトン部屋で村長さん大喝の巻@夜とぎ沈丁234 (2010/12/25)
    二人の純愛おばさんの巻@夜とぎ沈丁248 (2011/01/08)
    ゴールデンウィークの再会の巻@夜とぎ沈丁83 (2010/05/03)

    次のページ>>
     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close