無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第3位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第4位
 BBクリーム
Dr.pharm BB cream (ライトベージ......(→続き)
  第5位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第6位
 五十路おめこ不埒
「あはあっ、アンタあっ、たのむさかい、しばらくはカ......(→続き)
  第7位
 連休はお座敷スト
和食がユ●スコの文化遺産に指定された経緯には、ワカ......(→続き)
  第8位
 地下室の乱交の巻
テーブルの上の電話がけたたましく鳴り響いて、土助辺......(→続き)
  第9位
 手まんこ解禁@夜
 手まんこ禁止令をキビしくお達ししていたのですが、......(→続き)
  第10位
 おばあちゃんのお
お国があてにならないとしましたら、やっぱりおばあち......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

シックスナインのなめかた@夜とぎ沈丁22

1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • 「せ、先生、ちょこっと言わせていただいてい〜ですか〜・・・?」

    ピンク地のアロハシャツに金髪のロングヘアーの奥様が、勢いよく立ち上がりました。
    会場の奥様たちの中では、いちばん若い方の様子です。
    ユミコさんが、額から流れ落ちそうな汗をハンカチで抑えて、お話が途切れた瞬間を突いたのです。

    「え?ご質問ですか?・・・・はい、ど〜ぞ」

    「え〜と、質問てゆ〜かあ、先生のお話では、なんかとってもオトコの人に厳しすぎる気がするのですけどお。
    あのー、なんつーか、先生ってば、オトコ運が悪くて何か過去にヤナことでもあったのかナーって思ったりしてー。
    わたしってばあ、やっぱ、まんこはオトコのオチンポで突いてもらってなんぼのもんで、女同士でどうたらするってゆーのは、ちょっとねー、シュミにあわないっつーか・・・

    ウフッ、わたしのバヤイっていえばー、
    ・・・・ふつー、したくなったらダンナのオチンポをズボンからつかみ出してえ、
    ・・・・そしてチュバチュバしゃぶって上目遣いでおねだりしてえ、
    ・・・・カリ首にかるーく歯を当てたりしてえ・・・・

    そーすっと、ダンナもガマンできなくなってわたしのパンツをお尻から抜き取って、すぐにシックスナインですう・・・・
    わたしのお口の中では、ダンナのちんちんがますます堅くなりますう。
    ダンナのお口の中では、わたしのまんこがますますヌルヌルになりますう。

    ダンナったらあ、ときどき指をお尻の穴にチョンチョンしたりしてえ・・・ムフーッ。
    わたしってばあ、首を伸ばしてキンタマを口に含んだりしてえ・・・・。
    キンタマを口の中でコロコロすると、サオがムキーッて、カタクなるんですよーだ・・・アハッ、たまんない充実感ですう・・・・」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [シックスナインのなめかた@夜とぎ沈丁22]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/07/27(月) 08:38:42|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「シックスナインのなめかた@夜とぎ沈丁22」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    おばあちゃんの射精の寸止め術の巻@夜とぎ沈丁93 (2010/05/14)
    日本縦断熟年夫婦おまんこ風景@夜とぎ沈丁4 (2009/03/06)
    奇峰・羽目鳥山の秘密の巻@夜とぎ沈丁131 (2010/07/15)

    夏はマンコが良く匂うの巻@夜とぎ沈丁21

    1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • 会場の熱気は、もうムンムンです。
    なにしろ、三十させごろ、四十しざかり、五十ゴザ掻きと言われます、ヤリたい盛り、ヤラセたい盛りの奥様方ですから、おまんこの中はもうムレムレなのでした。

    女性のニオイは、年齢と共に変化してきます。
    少女の時は、日盛りの夏草のようなニオイがします。
    十代になりますと、甘酸っぱくなりかけたミルクのニオイがします。
    オトナの女性になりますと、ブルーチーズのようなニオイが混じり始めます。

    童謡にもある、お母さんのいいにおいとは、洗濯の洗剤のにおいや、ケーキを作ったバニラのにおいではなく、ボイルをしたレバーのようなニオイではないでしょうか。
    これは、お父さんの精液とお母さんの分泌物がミックスして発酵をしたにおいです。
    どうかしたはずみに、お母さんの膝に顔を押しつけたとき、子供はこの茹でたレバーのようなニオイを嗅ぎ、お母さんを思い出すときにはこのニオイを思い出すのです。

    おばあちゃんからは、枯れ葉が積もった山道を、雨上がりに歩いているときのようなニオイがします。
    これは、おじいちゃんが亡くなった後、ゲートボールで知り合った何人ものおじいさんたちに、コンドーム無しの完全中出しをされた精液が複雑混合をして発酵したにおいなのですね。
    複雑でワケがわからないにおいが、郷愁に訴えるのです。

    つまり、こうした女のニオイのほとんどは、オマンコと脇の下のニオイなのですね。
    髪の毛や、足の臭いは、女性の成長の変化を感じさせるニオイにはなりません。なぜかと言いますと、髪の毛や足の臭いは、子供もおばあちゃんも大して変化はないからです。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [夏はマンコが良く匂うの巻@夜とぎ沈丁21]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/07/19(日) 19:02:57|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:1|
    4. コメント:1
    「夏はマンコが良く匂うの巻@夜とぎ沈丁21」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    おばあちゃんは山で男狩りの巻@夜とぎ沈丁75 (2010/04/22)
    女が一番シタイとき@夜とぎ沈丁17 (2009/06/21)
    おばあちゃんのセックス作法の巻@夜とぎ沈丁113 (2010/06/21)

    名器の秘密をあばく@夜とぎ沈丁20

    1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • 「ふ、副師範代、それでは不肖ワタクシ、準二級の見習いの身に余る光栄ですけど、奥様のおまんこ、拝見させていただきま〜す」

    クミコさんは奥様の背後から股間の前へといざりながら移動し、ユミコさんを見上げて言いました。
    ・・・・声が思い切り裏返ったのは、「全日本床上手婦人の会」に身を置いて、まだ日も浅いクミコさんの心の内がとってもキンチョウしている証拠です。
    無理もありません、モンペの奥様が人前でオマンコをいじられたのが初めてだったように、クミコさんも大勢の人前で他人のオマンコに触れることは生まれて初めての経験だったのです。

    そんなクミコさんのキンチョウを感じ取ったのでしょう、ユミコさんはそっと前屈みになりまして、クミコさんの耳元で囁くように言いました・・・

    「萬利木会長はおっしゃいました。若い人は、学ぶ機会を失してはならないと。
      山のごとき大きなオチンポであろうとも、
      海のごとき深い底なしのオマンコであろうとも、
      おのれの知らざるに遭遇したるその時は、
      ひるむことなかれ、
      おのが女の証し、オサネに一心に気を封じ込め、
      立ち向かうべし、
      流血をおそれるなかれ、
      汗水を惜しむなかれ、
      涙落つるを恥ずるなかれ、
      オマンコ汁のほとばしるをいやしむなかれ、
      いざゆかん、全日本床上手フ・ジ〜ン・ノ・カ〜イ〜」

     そーナンです。それは「全日本床上手婦人の会」の会員が、困難に出会ったときには必ず口にする、勇気を奮い立たせる会の歌だったのです。

    ユミコさんが口ずさんだその歌に、クミコさんも少し心が落ち着いた様子でした。
    モンペの奥様の股間に、深々とお辞儀を三拝し、そっと声をかけました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [名器の秘密をあばく@夜とぎ沈丁20]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/07/17(金) 21:48:57|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「名器の秘密をあばく@夜とぎ沈丁20」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    校長先生の還暦不倫の巻@夜とぎ沈丁87 (2010/05/07)
    五十路女が少年のチンポをもてあそぶの巻@夜とぎ沈丁92 (2010/05/13)
    全日本床上手婦人の会@夜とぎ沈丁11 (2009/04/21)

    おまんこの締めぐあい@夜とぎ沈丁19

    1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • 「みなさまが、おまんこの締まりにはとっても自信をお持ちなのはすてきです。
    なにはともあれ、ご自分のおまんこに自信がありますと、生きる力がみなぎりますからね。
    でも・・・・」と、ここでユミコさんは言葉を切り、顔の汗をぬぐっていた手を止めて、熟女の奥様たちを見渡しました。

    「あの〜、みなさまのオマンコの締め付けは、どんな風でございましょうか。
    おまんこは縦割れでございますけど、オチンポを締め付けるその締め付け方は、前と後ろ、つまりクリトリス側とお尻の穴側から、ちょうど唇を閉じるように上下に横に締め付けているのではございませんか?
    もともとオマンコにはオチンポから精子を搾り取るための機能として、精子を運ぶ輸精管をこすり出すためのしくみがあります。

    ですが、このように、前後からチンポをはさみ込むような締め付けは、実はオチンポにとりましては、あんまり気持ち良さにはつながらないのです。
    ふつうオマンコは、精子をできるだけ大量にこそぎ出すだけのしくみがあるばかりです。
    オチンポを気持ちよくさせてあげようというしくみではありません。

    たまたま精子を無駄なくオマンコの中に誘い込むためのしくみを、オチンポを持つ男の方が、勝手に気持ちいいオマンコの基準にしてしまったのです。

    ・・・・・コホン・・・・・あの〜〜〜、みなさまをがっかりさせるようなお話になるかも知れませんが、実はこの世の中に、ユルユルまんこ、ガバガバまんこというモノは、そう滅多にないのです。
    たいていは、普段はユルくても、とってもとってもオマンコがしたい時、とってもとってもコーフンした時は、オチンポが痛いと感じるほどに締め付けるモノなのでございます。

    そーゆーワケですので、何かのはずみで奥様がとってもコーフンしたり、ゆっくりと休養を取って体力が回復したときなどは、ニンゲンの種の保存の本能から、オマンコがキューッと締まりまして
    『うわ〜い、今日の母ちゃんのオマンコはよく締まって痛いぐらいだよ〜ん』と、ご主人が叫び声を上げることになるのですねえ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [おまんこの締めぐあい@夜とぎ沈丁19]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/07/12(日) 17:46:09|
    2. 夜とぎ沈丁|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「おまんこの締めぐあい@夜とぎ沈丁19」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    大きなチンポは毛切れに注意の巻@夜とぎ沈丁110 (2010/06/10)
    村議会乱交の後始末の巻@夜とぎ沈丁171 (2010/10/06)
    沈丁村男根巨大化プロジェクトの巻@夜とぎ沈丁165 (2010/09/18)

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close