無料
エロ
動画


ブログ記事の人気ランキング BEST10

  第1位
 この男とだけはし
よく言うよね〜っ!!・・・と、思わずつぷやきたくな......(→続き)
  第2位
 八十路でもセック
「わたしのお祖母ちゃんは、マツという名で、八十を超......(→続き)
  第3位
 おばあちゃんのお
「あのね、おじいちゃん・・・・」 おじいちゃ......(→続き)
  第4位
 五十路おめこ欲情
「まあ、滑造はん、ホンマに来てくれはったんやね。う......(→続き)
  第5位
 早漏防止スプレー
貴男はパートナーを十分に満足させていますか? 疲......(→続き)
  第6位
 おまんこの舐め方
ママのおまんこの舐め方講座、っていうか、わたしなら......(→続き)
  第7位
 アワビの恩返し(
昔々、浜辺を見下ろす峠道に、一軒の茶店がありました......(→続き)
  第8位
 ゲートボール老人
ひと月前に掘り上げて棚に並べたサフランの球根は、う......(→続き)
  第9位
 花電車のマンコ鑑
お座敷ストリッパーのヌメリさんがマンコに火のついた......(→続き)
  第10位
 奥様おまんこセミ
「ねえねえ、夕べ久しぶりにアダルトの新作探しをした......(→続き)

エロ小説 目次

声に出しては読まないでくださいね・・・・!?
とくに電車の中では音読したらダメダメですよ・・・♪・・・(*^o^*)

ふるさと方言エロ紀行 
  日本縦断おまんこ旅クイズ  北海道篇 ダンベがもちょこいリラ冷えの夜
岩手篇 ワンコソバ娘の深情け  長崎篇 スイカズラの芳香に濡れた人妻ボボジョ
富山篇 極上ワインになった越中チャンベ汁  静岡篇 聖水は真面目なミカンの味がした

山梨のエロ方言 スガレ追い,箸海箸鸛れスガレ追い
スガレ追い他人の女房のグチとりなして  スガレ追いあたしゃ後家だと口説かれて
スガレ追いぅ皀困旅睫弔が背中を押した  スガレ追いジ圓留でスガレは濡れた
スガレ追いΕ好レをナメて顔はずぶぬれ  スガレ追いД魯鵐潺腑Δ笑った
スガレ追い┰房の紅の色にはワケがある  スガレ追い男と女はももっちい

アワビの恩返し  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
有機農園日記  (1)  (2)  (3)  (4)  (5)
クリトリストラの夜  霧雨(1)  霧雨(2)
夜とぎ沈丁 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22  23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45

46 沈丁村村長さん新春のご挨拶

47 48 49 50 51 52
53 五十路おめこ欲情篇   54 五十路おめこ不埒篇   55 五十路おめこ悶絶篇
56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71
72 おまんこ相互鑑賞システム
73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210
211 五十路女の汁はネバネバ    212 切れ痔の五十路女はケーレンした
213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256
番外編「夜とぎ沈丁ソーニュー歌」 ご家族みんなで歌ってねっ!


ママの秘宝館の全ての記事一覧はこちらからどうぞ

最新エントリー


エログ
ランキング

アダルト
ブログ

エロ
小説

エロ
日記

有機農園日記

1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • みなさま、新年あけましておめでとうございます。
    旧年中は、本当にお世話になりました。
    今年も、できるだけたくさんのエッチなお知らせができますように、ママも下半身ともども引き締めてがんばりますので、どうぞよろしくお願いします。
    本年もみなさまがすてきな方から、ナメナメしていただけますように心からお祈り申し上げます。
    それでは、昨年中に終わるはずだった (^_^;)ゴメンネ・・・ 「有機農園日記」の続きをどうぞ。

            (5)

    「もういやよ、みなさんってばイジワルー」

    突然おばちゃんがしくしく泣き出したんだ。
    ボクはビックリしておばちゃんの方に振り返ったんだけど、振り返ってもっと仰天しちゃったんだよ。
    おばちゃんたら、顔を真っ赤にして、自分の葉っぱを前歯でかみしめて、ナミダをぽろぽろ流してるんだもんなーーーー

    「わー、おばちゃあーん、どーしたのその顔は、いつ白カブから赤カブになっちゃったんだよー。
    どーしてそんなに泣くの?」

    ボクはおばちゃんにすがりついちゃったんだよ。だって、あれほど白かったカラダが、ピンクを通り越して真っ赤っかなんだもん。
    おばちゃんは、すがりついたボクをヒシッと抱きしめて、それでも泣きやまないんだよ。

    「だって、だって、だってえ・・・・ゆう坊とふたりでこんな事をしてるトコ、みんなしてノゾいてたのね、イヤーーーーーン、ハズカシー」

    「おいおいカブの姉さんってば、そいつはちがうよ。昨日の夜のことだ、あれだけ激しいヨガり声を上げられちゃあ、のぞきも何もすっかりお見通しじゃないかよ」

    「そーよ、激しかったねーー。夕べの二人は。もー、ユルせなさいくらい、あたしってばさー、もー二人の声にコーフンして、夜通し手まんこしちゃったのよん」

    「おおおおお、そー言えば花キャベツちゃんたら、いつもよりもビラビラがハゲしくびらびらじゃん」

    「キャッ、エッチィ。なあによー、ニンニクちゃんたらあ。あたいのビラビラはいつもどおりよお。これは生まれついてのビラビラちゃんなのよん」

    「うんにゃあ、絶対にいつもよりもコーフンしたいい色をしてるぞ、そいつは」

    「やだー、もしもそうなら、それもこれもゆう坊とカブの姉さんの夕べの声のせいよ」

    「つーことだよねー、しっかしなんだねー、ワシはカブのお姉さんにいつかは一戦をお願いしたいと思っていたのに、まさかなあ、ゆう坊に先取りされちまうとはなあ」


    ・・・・・もう、みんなてんでにおしゃべりを始めてしまって、ボクって、どーすればいーのかなー・・・
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [有機農園日記]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2009/01/01(木) 17:44:44|
    2. 有機農園日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「有機農園日記ァ廚鯑匹鵑誠佑呂海鵑糞事も読んでいます
    有機農園日記 (2008/12/30)
    有機農園日記 (2008/12/30)
    有機農園日記 (2008/12/30)

    有機農園日記

    1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • こんな事書いてないで、あなたのそばに飛んでいって、手まんこのお手伝いがしたいわ。
    でも、それができない、わたしなんです・・・(T_T)・・イケナイワ、ナイテルバアイジャナカッタミタイ・・・(^_^;)

            (4)
    おばちゃんはふーっと深いため息をついたんだ。
    その息がボクの耳元にかかったんだけど、それがとっても熱かったんだよ。蒸気みたいに。

    「ゆう坊っ、もっとこっちに来て」

    なんだかおばさんはトロンとした眼付になってたよ。
    ボクは思い出したんだ。
    夕べおばちゃんが変身したのも、お梅姉ちゃんのおしっこからだったって言ってたもん、きっと今もおばちゃんは変身したんだなって。
    ボクはうれしくなって、ギューッとおばちゃんにカラダを押しつけていったんだ。

    おばちゃんはくるりと仰向きになったんだよ。
    呼吸を激しくしておばちゃんが呼んだよ。

    「もう、おばちゃん、変になりそうなの。お梅ちゃんてば、ワルい娘ねー。
    さあ、ゆう坊、おばちゃん、またガマンができなくなっちゃった。おいで、今日はもっと別のやり方を教えてあげるからね。
    今日はゆう坊が上になるのよ」

    ボクは急に変わったおばさんの態度に、思わずうれしくなったんだ。
    おばちゃんのカラダにむしゃぶりついたんだけど、おばちゃんはまん丸だから、なかなか上に乗っかることができなかったんだ。
    アセったんだよーー・・・・どーすればいいのかなー・・

    その時、またあわてたみたいな足音が聞えてきたよ。

    こんどはシャリシャリシャリという、ゾーリで小走りにやってくる音だったんだ。

    今度はお万ばあちゃんだった。

    ボクがちょっとびっくりしてカブのおばちゃんの顔を見ると、おばちゃんも驚いた顔をして、口に指を当ててボクの動きを止めたんだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [有機農園日記]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2008/12/30(火) 22:41:06|
    2. 有機農園日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「有機農園日記ぁ廚鯑匹鵑誠佑呂海鵑糞事も読んでいます
    有機農園日記 (2008/12/30)
    有機農園日記 (2008/12/30)
    有機農園日記 (2008/12/30)

    有機農園日記

    1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • みなさま、年の暮れの忙しいときに、おいでいただきましてありがとうございます。年忘れのカキカキオカズに是非してくださいね。

            (3)

    目覚めるとボクは、おばちゃんの胸に・・・といってもおばちゃんのカラダは胸がはっきりしないんだけど、全体が胸みたいなそのカラダに・・・ぴったり顔をくっつけて眠ってたんだよ。
    朝焼けが真っ赤に、畑の上をおおっているのを見て、ボクは昨日の夜の、頭の中に赤い色がはじけた瞬間のことを思い出したんだ。

    「ゆう坊、目が覚めたの?」

    「ああ、おばちゃん、いい気もちだねえ、おばちゃんのカラダは。
    おばちゃんのカラダにくっついてボクは眠っちゃったんだねえ」

    「おばちゃんもぐっすり眠ったよ」

    「・・・ねえ、おばちゃん、ボク、おばちゃんにおしっこ引っかけちゃったねえ」

    「ウフッ、コラッ、こんなに明るくなってからそんなお話ししちゃダメよ。恥ずかしいじゃないの」

    おばちゃんは、いつの間にかいつものおばちゃんに戻っていて、しずかな優しい声で言いました。
    ボクは、なんだか不思議な気もちになったんだよ。
    それから、夢でも見たのだろうかとも思ったりしたんだ。

    「ねえ、おばちゃん、ボク夢を見たのかなあ。ボク、おばちゃんのここをこうした夢を見たのかなあ・・・」

    ボクはヒゲを伸ばして、おばちゃんのカラダのくぼみをそっとなでてみたんだ。

    「いやあん、ゆう坊ったらあ。いけません、こんなに明るいときにそんなことしちゃ」

    「だってさあ・・・」

    ボクは、いいにおいのするおばちゃんのカラダをクンクンかいでみました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [有機農園日記]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2008/12/30(火) 22:31:09|
    2. 有機農園日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「有機農園日記」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
    有機農園日記 (2008/12/30)
    有機農園日記 (2009/01/01)
    有機農園日記 (2008/12/30)

    有機農園日記

    1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • あのー、まさかそんなことはないと思いますけど、このお話の題名を読んでお見えになった、有機農法にご関心がおありの方でございましたら・・・・タハハハハ、エート、これはそんなお話ではありませんのでってゆーか、読むだけムダですので、ごめんなさいとしか言いようのないわたしです。
    それでも、せっかくおいでくださったのですから、ムダですけど、やっぱり読んでいってくださいね・・・・(^_^;)

            (2)

    「・・・たまげたねー。ゆう坊ったらあ、すんごく上手なんだねー」

    カブのおばちゃんは、しばらくの間カラダをヒクヒクさせていたけど、それがやむとなんだかしんみりしたような声でぽつんとつぶやいたんだ。

    「ほんとにねー、子供だ子供だと思ってたのにぃ、ついこの間まで頭の上に二枚の葉っぱをくっつけたアカンボだったのにさ。
    それがこんなに上手だなんて・・・たまげた、たまげた」

    おばちゃんは感に堪えかねたみたいに言い続けるんだ。

    「ねえ、ゆう坊、こんなに上手だなんて、おまえまさか、誰かに今みたいなことを教えてもらったんじゃないだろーねー。
    あたいが目を離しているスキにさ、だれかに仕込まれたんじゃないのかねー」

    「エエーーッ???
    おばちゃん、おいら、こんな事したのは初めてだよ。おばちゃんが言うとおりにしてあげただけだもんなー」

    「ンマーッ、つーことはなにかい、それがホントにホントなら、あたいはおまえの筆おろしをしてあげたっつうことなのね・・・・うれしーよー。
    あたい、はじめてなんだよ、童貞ってゆーのはねー。
    よーし、そーゆーことなら、おばちゃん、おまえをホントに一人前の男にしてあげるからねー。
    それにしても初めてであれだけのワザを使うなんて、ゆう坊、おまえはそのスジの天才かもしんないねー。
    あたいも気合いを入れてかからないといけないねーー(^_^;)・・・」

    「エヘッ、なんだかよくわかんないけど、ほめられちゃった。おばちゃん、元気になったみたいだね」

    「あたいは最初から元気だよ。元気だからホテッちゃったんじゃないか。
    さあ、あたいばかりがイッちゃったなんてきまりが悪い。
    今度は、ゆう坊を気持ちよくしてあげるからね。
    オーーッ、うれしーなー。まだ、こんなに硬いままなんだねー。
    よーし、おばちゃんが今から教えて上げる。どんなにイイもんかということを教えて上げるよ。
    ウーーーーム、かわいいね、ゆう坊ったらあ」
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [有機農園日記]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2008/12/30(火) 20:47:48|
    2. 有機農園日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「有機農園日記◆廚鯑匹鵑誠佑呂海鵑糞事も読んでいます
    有機農園日記 (2009/01/01)
    有機農園日記 (2008/12/30)
    有機農園日記 (2008/12/30)

    有機農園日記

    1ページ1ページ中
  • | ホーム |

  • ボクが眠ってるとねえ、そばで寝ていたおばちゃんがぐるんとカラダをこっちに向けて、ボクの方に近づいてきたんだよ。
    なんだかおばちゃんのカラダはいつもより、ほかほかしてるみたい・・・。
    それに、なぜか息をハーハーいわせてんの・・・

    「ねえ、ゆう坊、眠ってるのかい・・・」
    「ふぁーい、おばちゃんたら、どーしたの??・・・まだ宵の口だよ」
    「それは、わかってるよ。ねえ、目覚めているのならさあ、こっちにくっついてちょうだいな」
    「どーしたの、おばちゃん熱があるのかい。そうかあ、風邪を引いちゃったんだねー」
    「・・・うふん、ちがうんだよ、ゆう坊。なんだかおばちゃんねえ、モヤモヤしちゃってさあ。
    ・・・ほうら、さっきお梅ちゃんたらさあ、ぱっくり開いて見せてくれたものだからね。ムンムンするようなにおいだったろ」

    おばちゃんが言ったのは、夕方にこの畑の持ち主の娘、お梅姉ちゃんが僕たちが並んでいるところで着物のスソをまくって、おしっこをしていったことを言っているのだと気がついたよ。

    そーなんだ。
    ぼくは有機野菜農園に生まれた大根のゆうきっていうんだよ。オーガニックゆうきって呼んでねっ。
    隣にいるのは、カブのおばちゃんなんだ。とっても美人で優しいおばちゃんだよ。

    お梅姉ちゃんは、時々ここでおしっこしてくれるの。
    水鉄砲の水みたいに、ピューッと飛んでくるあったかいおしっこが気持ちいいんだよ。

    「ふうー、これがほんとうの有機農法よ・・・」と、おしっこが終わったお梅姉ちゃんは言って、ときどきプゥーッとおならもするんだ。
    それからぶるんとお尻を振って、おしっこのしずくを切って、ピンクのパンツをあげるのね。
    時々ボクの葉っぱの一部をちぎって、おしっこの出口を拭くこともあるよ。
    ちょっと痛いけど、あったかいおしっこのお礼にガマンしてあげるんだ。

    ここでおしっこをするのはお梅姉ちゃんばかりじゃないよ。
    お万ばあちゃんもおしっこするのさ。
    お万ばあちゃんのおしっこはピューッとは飛んでこないんだよ。
    ピチャピチャシャーシャーって、しぶきになるのね。
    おしっこの出口が、お梅姉ちゃんのよりちょっと変わってるからなんだ。
    ぴらぴらがお万ばあちゃんの出口の方がたくさん出てるからねー。
    おならもお万ばあちゃんのは、ブゥオーッって、でっかい音がするんだよ。
    でも、お万ばあちゃんのおしっこもあったかくて気持ちがいいのは同じなんだ。
    「あーっ、すっきりしたぁ、ゴクラクゴクラク」って言いながら、お万ばあちゃんはコシマキのスソでおしっこが出たトコを拭くんだ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    [有機農園日記]の続きを読む
      | ホーム |
    1. 2008/12/30(火) 14:31:34|
    2. 有機農園日記|
    3. トラックバック:0|
    4. コメント:0
    「有機農園日記 廚鯑匹鵑誠佑呂海鵑糞事も読んでいます
    有機農園日記 (2008/12/30)
    有機農園日記 (2009/01/01)
    有機農園日記 (2008/12/30)

     
    出会い
    FX アクセスランキング
    close